HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 14 天井絵


 国東「六郷満山霊場」紀行文  無動寺・天井絵、国東「六郷満山霊場」紀行文  遍照の響き
                「国東六郷満山」地図
      巡礼日 2012.11.9  掲載日 2013.12.7


無動寺の天井絵

椿の三堂

 10番「無動寺」へ行く途中に「椿堂」というのが有り、霊水が出てるというので寄ってみました。椿大堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

椿大師堂

 狭い道を行くと、派手な看板付近に寺が有ったので、そこの駐車場に車を置くと、寺から住職がこちらを見ています。

 駐車禁止なのかな?と思い、手真似でOKか?と聞くと良かった。


 ホンマは寺は、どうでも良く、霊水だけを見に行くつもりだったのですが、住職に見られてたので、参拝しないわけにはいかんと思い、尺八を持って本堂に入りました・・なんせ気弱なモンでして・・。

 住職が座布団を二枚出して、茶を勧めて話し始めます。

 話し方が早過ぎるので、よぉ〜わからん所も有りましたが、「無明橋」がもう一つあり、天念寺に有るのは、中山仙境のよりもキビシイ所らしく、住職は峯入り修行もやったそうな。椿大師堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 この寺の云われ等を聞くと、古くないそうで・・そおだろなぁ。

 失礼ながら、霊水が有るとは聞いてるが、付近の状況を見るとケバケバしく感じて、あんまり霊的雰囲気が有るような場所のように思えない。

 話が長くなりそうだな・・と思った時に、ちょうど中年夫婦の参拝客が来たので、これ幸いに
「ちょっと参拝させてもらいます」と言って尺八を取り出して参拝しました。

 今までの場合、たいてい尺八を吹いて参拝していると、話を止めて黙って聞いてくれるのだが、そんなことにオカマイ無しに、住職は参拝客に、やっぱり早口で話しています。

 参拝が終わって住職に礼を言って寺を出る時、参拝客のオバハンが
「きれいな音ですね。ありがとうました。」と言ってくれました。

 あららっ・・住職の話を聞いてなく、σ(*_*)の尺八を聞いていたのか。(^O^)

椿堂

 道を隔てた寺へも行ってみましたが、霊的雰囲気が全く無く、代わりに捨てられたのか飼っているのかわからんが、ネコがギョウサン居ます。椿堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 椿堂の軒下には、ギブスや黒い髪の毛が干してあり、祈願のためとは思うが見ていても、あんまり気分の良いもんではなく、心が落ち着かないので早々に椿堂を出ました。

 あっ・・そうそう、霊水ですが最初の寺境内と、髪の毛が有る寺の二箇所に有りましたが・・

 ううむうぅ・・・失礼ながら正直言って、飲む気はしなかったので飲みませんでした。

 で・・これを書いてる時にネットで調べたのですが、全部が一つの寺組織だと思ってたのですが、3つの寺は別々らしいですねぇ。

10番「無動寺」

 「無動寺」に着くと、椿堂に居た参拝夫婦も来ており、本堂に入れたので尺八参拝してると、寺の人が茶とお菓子を出してくれました。

 無動寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文     無動寺・本堂、国東「六郷満山霊場」紀行文    無動寺・お茶、国東「六郷満山霊場」紀行文

 ここの天井絵は、メルヘン的な天女さんが描いてあります。無動寺・天井絵、国東「六郷満山霊場」紀行文

 現代的タッチですが、心が安らぎ優しさを感じる良い作品だと思う。

 σ(*_*)が堂内の天井絵の写真を撮ってる時に、参拝夫婦のオバハンが越後屋に
「尺八を教えている先生てすか?」と、ウレシイ事を聞かれちゃったらしい。

 越後屋に
「今度から、そのような事を聞かれた時は、
 いえ・・CDを聞いて、それらしく吹いてるだけの、どこの「馬の骨」ともわからんニセモンです・・と答えてあげなさい。」無動寺・天井絵、国東「六郷満山霊場」紀行文


 
「キャハハハ・・(^O^)、あんた「馬の骨」なんだ。
 今度から「馬の骨」と呼んであげる。」
 
「うん、そお呼んでね。」

 「おい、「馬の骨」」

 
「ヒヒイイ〜〜ィン・・・(馬の鳴き声のマネ)」

 今までの経験上、夫婦連れの場合、尺八に興味を持って話し掛けて来るのは、なぜかオジサンよりもオバハンの方が圧倒的に多かったが、何でじゃろおか?。
無動寺・獅子頭、国東「六郷満山霊場」紀行文
 寺の側にブレハブ小屋のような物が有り、中には古い神輿と獅子頭が飾ってある・・というのか、置いて有る・・と言った方が良いのか・・

 小屋の中に蔓草が伸びていて神輿にかかっております。

 獅子頭を拝見すれば、かなり年代物の古い物と思われるが直射日光に曝されて保存状態が良くなく、モッタイナイと思う。

9番「天念寺」(九州西国・5番)

無明橋

 歴史資料館の駐車場に観光案内板があり、山々の絵に「無明橋」も描いてあります。

 そして山々を見ると、おぉぉぉ!!・・・山の頂に小さく「無明橋」が見えるでねぇか。

   歴史資料館と無明橋、国東「六郷満山霊場」紀行文           無念寺・無名橋、国東「六郷満山霊場」紀行文

川中不動と天念寺講堂

 天念寺の参拝は後にして、川の岩に不動明王が彫ってある「川中不動」を見物。

 無念寺・川中不動、国東「六郷満山霊場」紀行文  無念寺・川中不動、国東「六郷満山霊場」紀行文  天念寺・国宝堂跡、国東「六郷満山霊場」紀行文
天念寺、国東「六郷満山霊場」紀行文
 川沿いの道に「国宝堂跡」の看板が有り、階段を上ってみると柵の中に石仏が収まってるだけでした。

 茅葺きの「講堂」へ入ってみると、ただっ広く、床に大きい松明が置いてあり「修正鬼会」の時の松明らしい。

 天念寺・講堂、国東「六郷満山霊場」紀行文    天念寺・講堂内部、国東「六郷満山霊場」紀行文    天念寺・講堂・松明、国東「六郷満山霊場」紀行文
      天念寺・講堂渡り廊下、国東「六郷満山霊場」紀行文           天念寺・額、国東「六郷満山霊場」紀行文
  国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
     国東「六郷満山霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無