HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 17 朝日夕日


  国東「六郷満山霊場」紀行文    朝日・夕日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文   遍照の響き
         「国東六郷満山」地図
     巡礼日 2012.11.10   掲載日 2013.12.14


穴井戸観音と朝日・夕日陽観音

元宮磨崖仏

 「朝日・夕日観音」へ行く途中の道筋に「元宮磨崖仏」が有ったので、車を停めて見物しました。

 崖前の建物が新しく、失礼ながら、これが無かったら単なる道端の岩だと思って通り過ぎると思う。
  元宮磨崖仏、国東「六郷満山霊場」紀行文             元宮磨崖仏、国東「六郷満山霊場」紀行文

穴井戸観音

 「朝日・夕日観音」という名前の、何ともはや心がスガスガしくなるような、アリガタイような・・何とも言えん気が遠くなるような名前の観音さんが在ると事前調査していたので行ってみました。

 人家が有る駐車場に車を置いて、標識に従って歩くと分かれ道があり、「穴井戸観音」と「朝日夕日観音」の分かれ道です。

 「穴井戸観音」が有るなんて、知らんかったでぇ・・

 遠かったらヤンピするつもりで、越後屋に偵察・斥候させたら、すぐ近くのよおだったので寄ってみました。

穴井戸観音・階段、国東「六郷満山霊場」紀行文    穴井戸観音、国東「六郷満山霊場」紀行文     穴井戸観音・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文

うそつきの岩

 苔生した階段が古さを思わせ、「うそつきの岩」と言うのが有り、狭い崖の上に岩が挟まってます。穴井戸観音・うそつきの岩、国東「六郷満山霊場」紀行文

 σ(*_*)なんか、しょっちゅうウソついたり・・悪い事したり・・イカガワシイ事を思ったりしてるので、確実に岩が落ちるだろおなぁ・・

と思いながら通ってみたが・・落ちてこねぇじゃねぇかぁ〜・・ゴラアァ〜・・この「うそつき」めが・・(^O^)ワハハハハ・・・

仁聞の隠れ水

 洞窟が有り電気も点いており、戒壇巡りのような真っ暗闇状態ではありません。穴井戸観音・洞窟内、国東「六郷満山霊場」紀行文

 広場の所にバケツがおいてあり、水がチョロチョロ・・と流れ込んでおり「仁聞の隠れ水」という霊水だそうな。

 この霊水を頭に付ければ東大に一発で入れるほどカシコクなり、目に付ければ老眼が治り、顔を洗えばオババのコジワが無くなって美少女になる・・とまでは書いてなかったが・・・。

濡れ観音

 その近くの岩上に石仏が有り、これが「穴井戸観音/濡れ観音」らしい。穴井戸観音・霊水と濡れ観音、国東「六郷満山霊場」紀行文

 洞窟内は雰囲気的に音が響きそおなので、尺八を持って来て吹いてみれば良かった。

穴井戸

 「穴井戸」の看板があり、矢印方向の奥に下向きの横穴が有るらしいが、よお〜わからん。穴井戸観音・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 たぶん矢印の先に棒が立っていたので、その付近ではないかなぁ。

 鶏がその穴に逃げ込み、15km離れた高田市の海辺で見つかったという言い伝えが有るそうな。

朝日・夕日観音

分かれ道

 先程の分かれ道まで戻り、「朝日・夕日観音」方向の山を見ると、いかにも仏さんが置いてあるような切り立った岩が見え、あそこまで上がるのはキツイなあ・・朝日・夕日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文

 山道を行き、やがて「朝日観音」と「夕日観音」の二手に分かれる道が有ります。

 越後屋は「朝日観音」へ、σ(*_*)は「夕日観音」方向に別れて上がりました。朝日・夕日観音の分かれ道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あっ・・いえ・・別にケンカしたわけでは、ないんですけどね・・・

 たまには独身時代を思い出して一人で歩き、途中の道で越後屋と偶然バッタリ出会った時に、新鮮な新しいロマンスが芽生え始め・・

 やがてヤケドするほど熱い愛が温泉のように噴出すれば・・という淡い期待をしましてなぁ・・・

展望台

 思ったほどキツイ道ではなく、見晴らしの良い所に出て、ここが「夕日観音」の在る所?と思って観音さんを探すと見つかりません。夕日観音・展望台、国東「六郷満山霊場」紀行文

 少し離れた所に石仏が有ったので、それだと納得する事にしました。

 「朝日観音」に向かって歩いてると、スーパーで売れ残った野菜のようなオババが下りて来るのと出会い、良く見ると越後屋でねぇか。(^O^)

 そりゃあぁ〜こんなので、ロマンスなんて芽生えるはずが有りまへんわなぁ。夕日観音・石仏、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あら、居たの?・・という感じで・・・新鮮さなんて、どこに有るんじゃ。(^O^)ヘッヘッヘッ・・・

 その付近に「夕日観音」の標識が有り、あれ?するってぇとおぉ〜・・・先程の展望場所は何だったの?・・単なる展望地だったみたい。

朝日観音

 狭い道だったので越後屋をどかして、まずは「朝日観音」へ行きました。

 「朝日観音」の祠には、壊れかかった木造の仏さんが奉ってあります。

 朝日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文    朝日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文    朝日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文

夕日観音

 次いで先程の「夕日観音」の標識まで戻って行ってみると、こちらの「夕日観音」は祠が有りまへんでしたが展望は有ります。

 夕日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文  夕日観音、国東「六郷満山霊場」紀行文  夕日観音からの展望、国東「六郷満山霊場」紀行文
   国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
    国東「六郷満山霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無