HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 18 応利山


 国東「六郷満山霊場」紀行文     報恩寺、国東「六郷満山霊場」紀行文   遍照の響き
              「国東六郷満山」地図
      巡礼日 2012.11.10     掲載日 2013.12.16


奇跡と御利益

法螺ケ石

 2番「富貴寺」へ行く途中の川沿いに、岩が有ります。

 最初は気が付かなかったのですが、近くの廃校を撮ってる時に、岩付近に白杭があったので何じゃろ・・と思って行ってみました。法螺ケ石、国東「六郷満山霊場」紀行文

 「法螺ケ石」と言って、「六郷満山・峯入り」の行する山伏が、高さ2mほどのこの岩の上に乗って、下へ飛び降りるらしい。

 しかも、あぁたぁ〜・・前を向いて飛ぶならば良いんだけれど、後ろ向きで飛び下りるのがツウの人のやり方だそうな。

2番「富貴寺」

 富貴寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文  富貴寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文  富貴寺・本堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 富貴寺はタダかと思ったら、ここも200円取られた。富貴寺・木造仮面、国東「六郷満山霊場」紀行文

 料金所で「六郷満山の札所は、すぐ近くの堂か、階段を上がった大堂か?」と聞くと、近くの堂が札所で本堂でした。

 堂内には「木造仮面」という壊れかかったような木面がガラスケースに納まってます。

奇跡・御利益

 その側には「これは本当におきた有り難いお話です」と題した紙が置いてあり、ほほおぉぉ・・どんなアリガタイ話か?と思って読んでみると、富貴寺・奇跡と御利益のチラシ、国東「六郷満山霊場」紀行文

 
ある人が富貴寺の切り絵葉書を飾っていたら、絵葉書の屋根付近に仏さんが表れ、それから良い事づくめが起きた。

 ふむうぅ・・どっかの怪しい新興宗教が良く使う手と似ているなぁ。

 その仏さんというのが写真の白い部分らしいが、信心が足りん人間だから、それが何かよぉ〜わかりまへん。(額がフラッシュで光って、わかりにくいですが)富貴寺・阿弥陀如来と烏天狗、国東「六郷満山霊場」紀行文

 これを書いてる時に改めて、よぉ〜見ると、
説明書きでは右に烏天狗、左に阿弥陀如来だと霊能者が言ったよおで、烏天狗だと思えば、無理すれば思えん事もないような気がする。

 しかし左側に写ってるという阿弥陀如来は、よぉ〜わからず、薄く何かが写ってるんだと言われれば、気弱な性格なので、そおかもしれん・・という感じです。

 信心深い方々は、わかるでしょうか?

 何かを信じて、御利益を授かろうとするのは、人それぞれで、それはそれでケッコウな事だと思います。

 ただねぇ・・σ(*_*)はこおいう奇跡とか御利益がどうのという考え方は、仏教の本来の教えから、もんのすごく遠く外れていると思ってます。

 たとえ本当に、そんな奇跡が表れ、その後に良い事が一杯有ったとしても、それを頼り信じる気は全く有りまへん。

 そして仏教の坊さんであるならば、そおいう事は必ず知っており、わかってるはずなんだが・・言わないのか、言えないのか・・。(^O^)ヘッヘッヘッヘッ・・・

 フッフッフッ・・・寺社屋、お主達もワルよのおぅ・・・
 何も知らない一般庶民に、御利益満載の触れ込みで、お守りやら何やらを売りつけ、飯の足しにしようと思いやがって・・・(^O^)

大堂

 本堂を出て参道の階段を上がった「大堂」の中を見ると、仏さんの座ってる後の板に絵らしいのが描いてあります。富貴寺・大堂、国東「六郷満山霊場」紀行文

 しかし・・永年経過のためか、色があせて今では白くなっちまい、よぉ〜わからん絵になってるのが、この堂の「ウリ」のようです。

 しかし、この絵を200円出して、わざわざ見る気にはならんなぁ・・すんまへん。

1番「報恩寺」

参道

 道路入り口に「応利山 登山口」の看板があり、それに従って行くと山の中腹に有る駐車場まで行けました。

 報恩寺・階段、国東「六郷満山霊場」紀行文    報恩寺・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文    報恩寺・参道を振り返って、国東「六郷満山霊場」紀行文

 駐車場からは、ずうっ〜・・・〜・・〜・・・と、階段が続いており、ネットで調べると405段有るらしい。報恩寺・鬼石、国東「六郷満山霊場」紀行文

 それらしい事は、ネットの事前調査で調べていたが、ちと予想以上に長過ぎた。

 それにしても、これだけの階段を、よぉ〜作ったと思う。報恩寺・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 今までのように、またお人好しの鬼さんにウマイ事を言って、一生懸命にタダで階段を造らせたのでしょうか?

 そお言えば途中に「鬼石」というのが有ったが、やっぱし鬼さんをダマしちゃったのだろなぁ・・カワイソーに・・。

報恩寺

 寺は無人ですが境内はキレイで、落ち着いた雰囲気です。

 報恩寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文  報恩寺、国東「六郷満山霊場」紀行文  報恩寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文

 参拝帳のノートが置いてあり、パラパラ・・と拝見すると毎朝7時頃に上って来る人がいるようで、たぶん健康のために、ここまで上ってくるのを日課にしているのでしょう。報恩寺・参拝ノート、国東「六郷満山霊場」紀行文

 σ(*_*)も近くに住んでたら、糖尿病予防のため毎日歩いて来て、ここで尺八を吹く日課にするのだが・・。

 あっ・・題名の「応利山」は、この寺の山号です。
  国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
       国東「六郷満山霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無