HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 22 逸 話


 国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺、国東「六郷満山霊場」紀行文    遍照の響き
                「国東六郷満山」地図
        巡礼日 2012.11.12     掲載日 2013.12.24


逸話「幽霊の掛け軸」

28番「大聖寺」

 たまには宿に泊まろうと「国東市サイクリングターミナル」で、素泊まり3200円で安かった。
 前日も来たのですが、その日はマラソン大会が有るため満室で泊まれなかった。

 大聖寺・入口、国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺・仁王、国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺・参道の石階段、国東「六郷満山霊場」紀行文

 翌朝、「大聖寺」駐車場に車を置いたが入り口が、よぉ〜わからんかったのですが、道端の石柱の所から入れば良かった。

 入口の階段が狭そうだったので、すぐに寺へ着くだろおと思ったが、以外にも長い階段があります。

 大聖寺・長い石階段、国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あんまり、この寺では印象に残るものが無かったので書く事が無く・・・すんまへん。

 大聖寺、国東「六郷満山霊場」紀行文   大聖寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文    大聖寺、国東「六郷満山霊場」紀行文

27番「長慶寺」

 長慶寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文  長慶寺、国東「六郷満山霊場」紀行文  長慶寺・仁王、国東「六郷満山霊場」紀行文

 「長慶寺」はヒッソリとした寺だったので、だれも居ないと思って本堂に入ると、入口の横にジサマが一人ポツンと座ってました。長慶寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文

 尺八参拝が終わってジサマに礼を言うと、パンフレットをくれたので、サラッ・・と読むと、この寺には幽霊の掛け軸が有り
「幽霊にはいろいろな話が付きまといます しかしここでは伏せておきます。」と書いてあります。

 ふうむうぅぅ・・
「伏せておきます。」と、わざわざ内容を書かない所が、かえって興味がそそりまんなぁ。

 教えてくれるかな?・・と思いながら尋ねると、アッサリ教えてくれました。(^O^)ナハハ・・長慶寺・境内、国東「六郷満山霊場」紀行文

 掛け軸は、女の幽霊が生首を持っている絵で、嫉妬に狂った奥さんの幽霊が、愛人の生首を切り取って手に持ってる姿らしい。

 二百年ほど前の作で、この掛け軸を持っていた人が次々と不幸に有ったので、最後に持ってた人が寺に奉納したのだという。

 毎年3月10日に開帳するが、その日はこの掛け軸を寺へ持ってきた日であり、開帳日には東京からそれを見に、わざわざ来る人も居るそうな。

 ジサマは
「何でも鑑定団に出したら、いくらするかな・・」と笑いながら言います。長慶寺・本堂内、国東「六郷満山霊場」紀行文

 80才過ぎのジサマで、ポツ・ポツ・・と語る口調は、誠意を感じる人柄の話し方でした。

 幽霊画は「魔除け」として描かれる事があるらしいですね。

 ところで
「伏せておく・・」の逸話内容を、ネットで調べたが、どこにもバラされていなかった。

 それをここでバラしちゃって、良かったのだろおか?・・・と思う、今日この頃・・・・・
  国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
     国東「六郷満山霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無