HOMEへ > 「国東六郷満山」目次 > 26 小城観音

 国東「六郷満山霊場」紀行文   小城観音堂、国東「六郷満山霊場」紀行文     遍照の響き
             「国東六郷満山」地図
      巡礼日 2012.11.12     掲載日 2013.12.30

「小城観音」崩れし参道を歩く

18番「宝命寺」

 「宝命寺」の場所が、よぉ〜わからんかったが、その方向へ向かって車を走らせていると、やたら行く先々に「小城観音」の看板が出ています。

 宝命寺・駐車場、国東「六郷満山霊場」紀行文  宝命寺、国東「六郷満山霊場」紀行文  宝命寺・山門、国東「六郷満山霊場」紀行文

 結果的には「小城観音」を目指して行く途中に、札所の「宝命寺」駐車場がありました。

 山門には、明治時代の「宝命寺境内図」が掲げてあります。宝命寺、国東「六郷満山霊場」紀行文

 たぶんこの絵図に描いてある「観音堂」がホンマやろなぁ・・と思ったが、山に上がると遠そうなので省略して、ここで参拝する事にしました。

 新しく出来た無人寺らしく戸が開かないので、無理矢理に桟の間に納札と賽銭を入れました。

小城山観音堂

案内図

 小城観音・案内図、国東「六郷満山霊場」紀行文

 あまりにも新しくアッサリした札所なので、感動が少なく物足りない感じがしたので、案内図に描いてあった小城山上の観音堂へ行く事にしました。小城観音・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

参道

 寺を出て山上へ続く一直線の階段は最初は良かったが、すぐに荒れ始め、道端に石囲いが有り「佛足跡」の看板があります。

 おぉぉ・・これが絵図に出ていた「佛足跡」かぁ・・それにしても枯葉が詰まっており、アリガタイ石が埋まって見えまへんがなぁ。

 近くに鳥居が有り、仁王さんもガンバッています。
 小城観音・参道・佛足跡、国東「六郷満山霊場」紀行文    小城観音・参道・鳥居と仁王、国東「六郷満山霊場」紀行文    小城観音・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 その付近から参道は畦道のようになっており、昔は石畳の参道だったのだろうが、今じゃあぁ崩れてたり草が茂ったり・・・

 だいぶ参道は荒れており、もうこの参道を歩く人も少ないのでしょう。

 かなり上がって車道に出ましたが、まだ階段が続いており小城山の観音堂は先のよおです。

  小城観音・崩れかかった参道、国東「六郷満山霊場」紀行文    小城観音・草が生えてる参道、国東「六郷満山霊場」紀行文  小城観音・石だらけの参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

駐車場

 こんなに遠いのならば車で来れば良かったかなぁ・・と思い、越後屋に一人で先へ行くように言って車を取りに引き返しました。

 ホンマの事を正直に言うと、越後屋に取りに行かせたかったのですが、絶対にモンク垂れるじゃろなぁ・・と思ったもんでして・・

             小城観音・駐車場よりの展望、国東「六郷満山霊場」紀行文

 車に乗ってクネクネした道を上がった所の駐車場に越後屋が居て、
「あれから、すぐだった。」と言います・・あらまぁ・・。

 駐車場から小道を行くと、石階段の上に紫の幕が掛かった、チッコイ祠が見え、あれが小城観音堂?・・ガッカリと思ったら、立派な階段が側に有りました。

 小城観音・参道の祠、国東「六郷満山霊場」紀行文  小城観音・参道の祠内、国東「六郷満山霊場」紀行文  小城観音・参道、国東「六郷満山霊場」紀行文

 祠の中は、チッコイ池の中に石仏が置いてあり、見るからに云われが有りそうだが説明看板が無い。

観音堂

 立派な階段を上がった所に「小城観音堂」が有り、やっぱりこっちで参拝するのがホントのようで、後で調べると「宝命寺」の「奥の院」らしい。

 小城観音・遊歩道、国東「六郷満山霊場」紀行文  小城観音・縁結びの神、国東「六郷満山霊場」紀行文  小城観音、国東「六郷満山霊場」紀行文
 国東「六郷満山霊場」紀行文、前へ 国東「六郷満山霊場」紀行文、目次へ  国東「六郷満山霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
   国東「六郷満山霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無