HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 29 三池街道


  九州西国33観音霊場記   三池街道・普光寺、九州西国33観音霊場記    遍照の響き
          九州西国三十三観音霊場 地図-2
        2015.9.28 巡礼     2016.9.16 UP

九州西国33観音霊場記ライン

三池街道

大野下駅にて

 大野下駅まで車で行き、そこで自転車を降ろして組み立て、暑いので汗がダラダラと出てくる。

 このクソ暑い日中で汗を流しながら自転車を組み立ててる時に、近所のオババが珍しがって話しかけて来るので、余計にイライラして来た。大野下駅、九州西国33観音霊場記

 はい、敬老精神なんて、その時にはコレッポッチも無く、ただ急いで自転車組立を専念するだけ。

 面倒なので越後屋に相手させ、後で聞くと越後屋も、自転車の籠カバーを取り付けている時に話しかけられてイライラしたらしいが、受け答えはしてました。

 そんな事も知らずσ(*_*)ら夫婦を見ながら「夫婦ケンカするのも、まだ良い。今はケンカする相手もいない。」と言ってたらしい。

 そおかもしれんなぁ・・・オババは、サミシクて話し相手が欲しかったのかもしれん。

 大野下駅駅に車の駐車代380円を払って出発。
 

三池街道を行く菅原神社、九州西国33観音霊場記

菅原神社

 途中で「菅原神社」の境内に入ってみると「三猿」が飾ってあり、神社にこんなのがあるのは珍しいでんなぁ。

 どおいう主旨で奉納したのだろうか?

三池街道コースの選択

 15番札所「普光寺」へ行くのに、どの道を通ろうか・・と計画段階でだいぶ迷いました。三池街道、九州西国33観音霊場記

 一番坂道が少ないのは、国道沿いに大牟田市へ出て札所へ行くコース。
 しかし、距離が長いし車に脅かされ、景色も面白くなさそうなのでヤンピ。
 
 次いで車が少なさそうな山際沿いに走り、「増水」付近の自転車専用道路を走って大牟田市経由で札所へ行くコース。
 これも、やっぱり距離が長そうなので、やっぱりヤンピ。三池街道、九州西国33観音霊場記

 最終案が、調べてみると三池街道が途中より道筋になっており、どうせならばこれにしちゃおう。
 ただし小さい山越えがいくつか有り、自転車を押す可能性がある・・けど、これに決定。

 実際に三池街道を行ってみると、思ったより坂道が多く押し歩きが多かった。

 ほとんど日陰の無い道を、1時間ほど自転車で走ったり押し歩いたりして道端の木陰で一休み。

 動きたくない・・・グダアァァァ~・・・

御成門三池街道、御成門、九州西国33観音霊場記

 集落の中に入ると、立派な門と立て札が立っており、旧家の説明かな?・・と思って読んでみると「御成門」と言って、ここで細川藩主が休憩した場所の門だそうな。

 へえぇぇ・・さすが三池街道・・・チッコイ集落の所でも殿様が通って休んでいたんですなぁ。

岩本橋

袋入り「かき氷」

 自転車で走ってると、川上に二重橋が見え、おぉぉ・・そお言えば下調べの時に、三池街道の道筋に「岩本橋」という石の二重橋が有って、どうたらとネットに書いてあったなぁ。三池街道・岩本橋、九州西国33観音霊場記

 駐車場に「荒尾ときめき市組合」の生産品の売り場が有り、岩本橋を見るのは後にして、何か冷たいモンを・・と探したら、ナイロン袋に入った「かき氷」が60円で売っており、おぉぉ・・安い!!

 今時100円以下で買えるモンなんて、そんなに有りまへんでぇ。三池街道・岩本橋、九州西国33観音霊場記

 ナイロン袋の端を歯で食いちぎって食べたり、頭や首筋に押し当てて冷やしたり・・おかげで少しは体が冷えました。

 これを書いてる時に製品名は何だっかな?と調べると、どおやらこの「かき氷」は九州独特の物らしく、その名もズバリ「かき氷」でした。(^O^)

 へえぇぇ・・知らなかったなぁ・・そお言えば本州では見かけ無かったかもしれない。三池街道・岩本橋、九州西国33観音霊場記

 以後の九州西国33観音霊場巡りをした時には、この「かき氷」が有れば買って体を冷やし、お世話になりました。

 「岩本橋」は、なかなか重圧な石造りの橋で、キレイに保存されており見応えがあります。

県道124号線

 「岩本橋」を出発して、まもなく道端に掲示板が有り三池街道の略図が書いてあります。

 略図は見にくかったですが、どおやら旧三池街道は県道ではなく、そこから他の道を行くらしいが、そのまま県道124号線を行きました。

 「茶屋原」付近から県道が狭くなり、以後も狭い道が続き、こんな狭い道で良く県道だなぁ・・町道程度かなぁと思う狭さです。

 この付近に「三池炭坑」が有ったらしいが、場所がわからんので、そのまま行きました。

弁慶の足跡無人販売、九州西国33観音霊場記

 県道から脇道に逸れて、15番札所へ行く四つ角に無人販売が有り100円の袋入り蜜柑を買いました。

 途中の道端に「弁慶の足跡がどうたら・・」と書いた看板が有ったので、野次馬コンジョ出して土手を上がりました。

 石がゴロゴロ転がって石仏らしい物も有り、看板に「弁慶の足跡」と看板が立っていますが、弁慶の足跡を見たが何をどう見れば足跡になるのか、よぉ~わからん。弁慶の足跡、九州西国33観音霊場記

 そこらに転がっている石に足跡が付いてるのかと思ったが、どれも足跡なんか付いておらず、大きい石の中が窪んでおり、まさかそれが「弁慶の足跡」?

 これを書いてる時に調べたら、そのまさかでした。

 せめて窪みを彫るならば、5本指の形も彫ってあったら、おぉぉ・・・!!と感心したのにぃ。

 近くに「歴代三池藩主墓地」というのが有り、行ってみると、地震でも有ったのか灯籠が倒れています。

     弁慶の足跡、九州西国33観音霊場記      三池藩主墓地、九州西国33観音霊場記

15番「普光寺」

 かなりの坂道なので、よっぽど途中で自転車を置いて歩こうかと思ってると「普光寺」の長い石段がありました。

 普光寺へ、九州西国33観音霊場記  普光寺、九州西国33観音霊場記  普光寺、九州西国33観音霊場記

 階段を上がった所の入口にあるトイレで、水を頭から被ってる人が居たのでマネしたら、だいぶスッキリして、この辺まで来ると暑さと疲れで、たいぶフラフラしています。

 15番「普光寺」境内には観音堂があり、石仏がズラッ~と並んでおり尺八参拝。普光寺・観音堂、九州西国33観音霊場記

 賽銭箱の横に大きい黒い箱(納札箱かな?)が有り、紙に「あなたに全ての良き事が雪崩の如く起きます」と貼ってあり、「雪崩の如く」という表現が、これまた太っ腹ですなぁ。(^O^)

なまず堂

 境内に「なまず堂」と言うのが有り、真ん中に枯木の太いのがデェンと置いてあり、その前から水がチョロチョロ流れており霊水らしい。

 効能は皮膚病とかに利くらしいが、枯木とか「なまず」の云われがわからんかったので、できたら気が遠くなるようなアリガタイ伝説でも書いた説明書きが欲しかった。

 普光寺・石仏、九州西国33観音霊場記 普光寺・なまず堂、九州西国33観音霊場記 普光寺・臥龍梅、九州西国33観音霊場記

臥龍梅

 この寺は梅が有名らしいですが最初はどこに有るのかわからず、下界を眺める所まで行った所に「臥龍梅」の石碑があり、今は葉が青々としており、あんまり素晴らしさが、よぉわからんかった。

瀬高へ普光寺からの眺め、九州西国33観音霊場記

 「普光寺」から、今日の終点予定地「瀬高」駅までは、三池街道を行っても狭い道だと思い、車が走っていても走りやすい国道に出ました。

 途中、虚無僧寺跡「劫月院」へ寄りました。

 国道を走るのも長かった・・・ケツは痛いし、疲れるしぃ、温泉探したら、もう終わってたしぃ。

 やはり船で寝不足になったのと、旅行初日で体が慣れていないためでしょう。

     九州西国33観音霊場記、前へ   九州西国33観音霊場記、目次へ        
              九州西国33観音霊場記

               遍照の響きホームヘ 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無