HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 38 清水観音


  九州西国33観音霊場記    宝地院・清水観音、自転車で巡った九州西国33観音霊場記     遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.2 巡礼     2016.10.18 UP


宝地院(清水観音)と「清水の滝」

道すがら

 地蔵院からの下り坂なので、自転車でスーッと下りられました。道端の大国さん、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 自転車を漕いでると道端に大黒さんが奉ってあり、この付近では地蔵さんの代わりに大黒さんを奉るのでしょうか?

 地元産物の販売所が有り、ミカン150円を買って一休みしながら食べてみると少し酸っぱかった。

 今までの道と違って、ほとんど山麓を水平移動しており、押し歩きは無いので、かなり距離が進みます。

 「吉田」から川沿いに行き、須賀神社付近では小学生が写生をしていました。

     自転車で巡った九州西国33観音霊場記       「吉田」付近、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

北浦遺跡

 「北浦」付近で小高い所に大木が生えて「北浦遺跡」の看板があり、一休み。

 失礼ながら、そこらの石を寄せ集めて積んだだけのような気がする・・気のせいなら良いが・・。

 何の遺跡か調べたがよぉ~わからん、大木の下に有る地蔵さんが「いぼ取り地蔵」とよばれてるのだけわかりました。

 高速道路「小城パーキング」に入り込んでトイレを借り、その付近からは緩やかな坂道で押し歩きでした。

 北浦遺跡、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   「小城」パーキング、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   自転車で巡った九州西国33観音霊場記

宝地院(清水観音)

鯉こく料理宝地院(清水観音)・入口、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 「清水」集落に近づくと「鯉料理」の看板が有り、手頃な値段だったら食べてみたいもんだが、ビンボー人には無理かなぁ。

 「宝地院」参道脇の清水が出る水道箇所に自転車を置き、清水を飲んでみたが生ぬるかった。

 参道はけっこう距離が有り、道路沿いに鯉料理屋が立ち並んでいたが、ほかとんど閉店しています。宝地院(清水観音)・山門、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 山門を潜った所に鯉料理ができた云われが書いてあり、それによると「清水観音」参詣者が泊まる旅館亭主が、夕食料理を何にしようかと思って「宝地院」の住職に相談したそうな。

 あっ・・「宝地院」の事を別名「清水観音」と言うらしいです。

 住職答えて曰く「長野で鯉こく料理があるというのを聞いた」と言うことで料理方法を伝授したらしい。

 赤い橋を渡ってからの階段は、長かった。

 宝地院(清水観音)、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  宝地院(清水観音)、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  宝地院(清水観音)・階段、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

「清水観音」境内

 境内の見晴台からは、下界が一望できます。

宝地院(清水観音)からの展望、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 宝地院(清水観音)、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 宝地院(清水観音)・彫刻、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

名水百選

 山門に貼り紙があり

 「手洗いの水は名水百選の源流です。宝地院(清水観音)・名水百選、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 「オイシイ水カ」「ニガイ水カ」

 ユックリ試飲して自然の「ワキ水」を味じ合ってください。
  (安心して飲めます)」


 安心して飲めると、わざわざ書いてあるので、そりゃあぁ試しに飲んでみましたがなぁ。

 麓の水と違って冷たかったです、あっ・・はい、苦くはなかったです。

千里下駄

 「千里下駄」というのが置いてあり、これを履いて千里走ったのかと思ったら、昭和16年に1日約10里の難路を100日かけて千里歩いた人の記念奉納の下駄らしかった。

 まぁ・・1日10里(約40km)を歩くのはキツイですわなぁ、それも100日間も・・

 宝地院(清水観音)・千里下駄、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   宝地院(清水観音)・奉納額、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   宝地院(清水観音)・奉納額、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

奉納額

 奉納額には、白蛇に手紙を読んで聞かせているのがあり、ラブレターなのでしょうか?。

 明治時代の軍人さんらしいのが掛かっており、それにあやかってエラクなるように「武運長久」を祈ったのでしょう。

 札所「宝地院」の堂内には、白い着物を着たジサマが一人居ました。

    宝地院(清水観音)・境内、自転車で巡った九州西国33観音霊場記          宝地院(清水観音)・境内、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

清水の滝

 山門のまで戻り、今度は参道でなく車道から自転車の所へ戻ろうとしたら、「清水の滝」が見えました。

 側に地図があり見ると、札所「清水観音」境内から「清水の滝」の方へ下りれたらしい。

 境内にも、地図をわかりやすく書いておいてくれれば良いのにぃ。

 「清水の滝」へ行ってみると、思った以上になかなか見応えのある大きな滝で、せめて案内図が参道入り口にも有れば良かったのだが。

       宝地院(清水観音)・清水の滝、自転車で巡った九州西国33観音霊場記          宝地院(清水観音)・清水の滝、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ           遍照の響きホームヘ 
      九州西国33観音霊場

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無