HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 40 竹崎島


  九州西国33観音霊場記    竹崎観音、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.3 巡礼     2016.10.25 UP


火山の島「竹崎島」

七浦海岸

 有明海の岬に沿って自転車を漕ぎましたが、途中には坂もあり歩道は無く、けっこう疲れました。

         有明海、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文       有明海、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文     有明海、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  波瀬ノ浦、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文   有明海、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文 

肥前大浦駅

 最初の予定では、大浦港付近から遠回りでも海岸沿いに竹崎島の22番札所へ行く予定にしており、それ以外の道は坂道になってキツイと思ったのです。

 ところが国道から予定している道を見ると坂になっており、同じ坂道なら「肥前大浦駅」経由で行った方が距離が短いだろおと思い直しました。肥前大浦駅、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 「肥前大浦駅」まで行ってみると、そこからも坂が続いており、ゲッ・・やっぱり失敗だったかな・・

 山越えのような感じで広い車道を「竹崎」へ向かうと坂道で、あっ・・やっぱり失敗だった、海岸周りのほうが良かった。

 それも一つだけでなく、二つも坂を越え・・、
 越後屋がキツイと言ってモンク言うわ・・。

 よおやく竹崎島との唯一の接点である「赤い橋」まで来ました。

 竹崎島へ、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  竹崎島、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  竹崎島、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

竹崎火山盾石岩脈

 「赤い橋」付近に看板が有り、石仏が置いてあったので、何かカワイソーな云われが書いてあるのかと思ったら「竹崎火山盾石岩脈」の説明は書いてありますが、石仏の説明は無し。

 看板によると「竹崎島」は火山島だったそうで、現在の竹崎港が噴火口だったそうな。

 へえぇぇ・・知らなかった、どれどれ・・と地図を見ると・・おぉぉ!!・・そお言えば噴火口のようにも見える。

     竹崎火山盾石岩脈、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文      竹崎島、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

22番「観世音寺(竹崎観音)」

 「道越」を望む、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  観世音寺・竹崎観音、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  観世音寺・竹崎観音、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 「赤い橋」から22番札所へ行くにもドエレエ急坂で、再びとどめを刺された。

 おまけにY字路では、どの方向へ行けばわからず、札所に着いたときは、もんのすごく疲れちまい死にかかった。

観世音寺・竹崎観音・境内、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文 「観世音寺」境内には、やたらに小さい宝塔が多く有り、大きい塔は「石造三重塔」と言って鎌倉時代の作だと看板に書いてありました。

 その宝塔に混じって、なぜか大きい砲弾が一発立っていたが、これの解説も有った方が良いなぁ。

 境内からは噴火口だったという「竹崎港」と、その遙か向こうに雲がかかっている島原半島が見えます。
 観世音寺・竹崎観音・石造三重塔、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文    観世音寺・竹崎観音・砲弾、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文    観世音寺・竹崎観音より竹崎港と島原半島、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

  九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ             遍照の響きホームヘ
         九州西国33観音霊場

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無