HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 43 南風崎駅


  九州西国33観音霊場記    南風崎駅、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.4 巡礼     2016.11.4 UP


南風崎駅と佐世保引揚地自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

海岸沿い旧道

 国道を自転車で走り、「和田平」付近で旧道と思われる所があり地図を確認すると何となく通れそうです。

 走ってみると、けっこう距離が長く、車が通らず脅かされる事もなく、海沿いの道で良い道でした。

 川棚駅で一休み

 自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  川棚駅、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

峠越え

 「小串」付近で、海沿いで遠回りするか、すなおに国道の峠越えをするか迷ったが国道を選びました。

 「山口谷」の山越えもきつかったが、次の「松岳」の峠越えは、もっときつく途中の木陰で一休み。

 自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  「新谷郷」、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文
       「松岳」付近、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文        松岳」付近、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

南風崎駅

 南風崎駅は国道から少し離れており、この駅だけは計画段階から、どおしても寄ってみたかったのです。

 ちなみに「南風崎」は、「みなみかぜさき」ではなく、「はえのさき」と読みます

 何で読みにくい「南風崎駅」に寄りたかったのかと言うと、σ(*_*)が美青年の頃・・今から30年ほど前に一度来た事があり、どれ位変わったかなぁ・・と見たかったのです。南風崎駅、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 駅舎は新しくなっており、木造駅舎の面影は無く、当時と違って駅付近は閑散とした無人駅になってました。

佐世保引揚地

 で・・当時「南風崎駅」へ何しに行ったのかと言うと、σ(*_*)の父が終戦後に「佐世保へ上陸した」という話を聞いてたので、たぶん懐かしいだろおと思って、写真の一つでも撮って見せれば親孝行の足しにでもなるかと思ったのです。

 当時、南風崎駅には駅員さんも居たので、許可を得て駅舎と線路の写真を撮り、聞いてみると引揚上陸地には、まだ建物が残っているとの事で行ってみました。

 けっこう離れた所に有り、草が茂ってる校舎のような木造建物が数棟建っており、事務室らしい所に人が居る気配が有ったので声をかけるとジサマが出てきました。

 来訪の意を述べて敷地撮影の許可をもらい、ウロついて撮影しました。

 終わってジサマに礼を言うと、事務室に招き入れてくれたので話をしました。

 引揚事業は既に終わっているが、戦後30年近く過ぎても厚生省の命により、何かのためにジサマ一人が残って事務関係等をしているそうです。

 父の引揚時期等を聞かれ、何年かはわからないが軍人だったと言うと

 「早い方の引揚げだったので帰れた。
 遅かったらシベリア送りになっていた。

 引き揚げた人達は、早く故郷に帰りたいので南風崎駅まで歩いて行った。」

というような話しをしてくれ、帰りにジュース缶1個くれました。

消息不明

 父は満州に居て陸軍下士官をしており、当番兵というのが付いていたそうです。

 その当番兵というのが良く出来た人だったらしいのですが病気になり、父が日本へ帰る時に病床へ見舞いに行くと「○○さん(父の名前)、ワシを置いて帰られるのか・・」と言ったそうです。

 「病気が治ったら帰れるから・・」と言って別れたそうですが、当番兵の家族は母一人、子一人だったらしく、帰国後にその消息を尋ね探しましたがわかりません。

 せめて母親にでも会いたく、地元役場とか親戚の人達にもツテを頼って探したよおですが、やっぱりわからなかったよおです。

 佐世保引揚地の写真を父に見せた時、「わかった・・。」の一言だけで、そのような場所だったなぁ・・という意味だろおと思います。

 もっと懐かしみ喜んでくれるかと思ったのですが、それ以上は言いませんでした。

 現在の引揚上陸地へも行ってみようかと思ったのですが、ネットの写真を見ると昔の面影は残ってないよおなので行かず、今は資料館が有るらしいです。

 九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ        遍照の響きホームヘ
       九州西国33観音霊場

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無