HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 49 雷山「千如寺」


  九州西国33観音霊場記       雷山・千如寺、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行      遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.6 巡礼     2016.11.25 UP


雷山「千如寺」での尺八雷山・千如寺・参道階段、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

山門

 駐車場に自転車を置き、先を歩いてた越後屋が民家の角をプイと曲がって入っていきます。

 おいおい・・他人の家へ行ってもしょうがねぇだろが・・と思いながら、そこまで行くと幅広の階段が有り雷山「千如寺」の参道でした。

 実は前原に2年半ほど住んでましたが、この雷山へは来た事が無く今回が初めてで、「雷山」と言う名前は聞いた事はあったのですが・・。雷山・千如寺・山門、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

 階段を上がると、車道を横切って正面に山門があります。

 しかしこの山門は柵がしてあり入れず、白壁に沿った車道を上がった所から入るようになってました。

 昔は山門から入ったのでしょぅが、今では観光客が多くなって入口を変えたのでしょう。

 千如寺の拝観料は、庭園だけなら100円、堂内を含めると400円で、せっかくなので堂内も拝見する事にしました。

雷山・千如寺、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・白壁、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・境内、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

本堂雷山・千如寺、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

 境内は庭の一本の木だけは良かったが、他はそれほどでもない。

 本堂へ行くと、先客のため祈祷をしており、太鼓をドンドコ鳴らしながら般若心経を唱えてます。

 特別に祈願料を払ったからだと思ってましたが、拝観料400円の中に入ってるらしかった。

 先客が終わり自分達の番が来て祈祷が始まると、ジジ・ババ共の団体が来てうるさい。雷山・千如寺、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

 祈祷が終わった後、十一面観音の「十一」の意味を聞くと、四方八方を全て見渡すためだと言い、自分では「喜怒哀楽」を表す的な意味かと思ってた。

 尺八を吹いても良いか聞くと、他の参拝客が来るので・・と、あんまりして欲しそうでない顔するので、「それじゃ客が居たら外で吹きます。」と言って他の施設を見に行きました。

渡り廊下

 本堂裏へ回ると渡り廊下の階段があり、なかなか情景に合った造りになってます。

 先ほどの中庭の木とこの渡り廊下が見所もしれない。

 雷山・千如寺・渡り廊下、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・渡り廊下、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・渡り廊下、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

尺八雷山・千如寺・五百羅漢、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

 一回りしても、参拝客が次々と来るので他で吹く事にしました。

 庭木が見える大広間から中庭に向かって尺八を吹いたが、今一つ思うように吹けず、越後屋からもそのように言われた。

 あいつも、わかるようになったなぁ。

 雷山・千如寺、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・尺八、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行  雷山・千如寺・庭の眺め、自転車で巡った「九州西国三十三観音霊場」紀行

九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ             遍照の響きホームヘ
 「九州西国33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無