HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 51 博 多


  九州西国33観音霊場記        博多・龍宮寺、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.7 巡礼     2016.12.2 UP


博多の人魚伝説博多駅、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

博多駅前

 朝8自頃、ホテルを出て通勤人がごった返ししている博多駅のガード下を潜りました。

 気が弱いので人混みが多い所では、自転車を降りて押し歩き、少ない所て゜は乗りました。博多駅前通り、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 駅前の広い歩道では、向こうから来る自転車とぶつからないように、左右どちら側を通るか進路の意思表示を早目にして、越後屋には一列縦隊になるように注意しておきました。

 こちらの自転車数が多いと相手側が避けてくれるし、前を自転車が走っていれば、それに付いて行けば数で勝てます。

 それにしても約40年ぶりの博多駅や市内も変わったなぁ。

32番「龍宮寺」

 下調べでは32番「龍宮寺」の位置がよぉ~わからず、この辺だと思って細い飲み屋街の路地へ入ると、塀の向こう側に堂の屋根が見えました。

 入口はどこじゃ・・と思って探すと、駅前の大通りに面した所に門が有り、その前にはしっかり札所の紹介看板もありました。

 龍宮寺・入口、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文  龍宮寺・入口、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文 龍宮寺、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 門を入ったすぐの堂が札所かと思いましたが、墓がある奥にも堂が有り幟が立ってます。龍宮寺観音堂・人魚塚、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 試しにそこまで見に行くと、そこが札所で、良かったなぁ見に来て・・・。

人魚伝説

 門前に有った説明看板には「人魚の図」が有り、昔、この付近で捕まったらしく、観音堂近くに「人魚塚」が有りました。

 どうせウソっぱちだろおと思って、あんまり深く説明看板を読みもしなく、人魚さんも絶世の美女というわけでもなく、髪を振り乱したオバハンという感じの絵でした。龍宮寺・人魚の図、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 これを書いてるときに調べてみると「Y氏は暇人」というHPに詳しい事が載っており、この人魚さんは長さが150mもあったらしいですねぇ。

 150mといえば、あぁたぁ・・駆逐艦よりも大きく、自分が乗ってた船(450t型)の3倍ほど大きいでっせぇ。

 そんなに大きい人魚を、どうやって捕まえたんじゃろ・・鯨を捕まえるのでさえも大変なのに・・という詮索はしたらアカンのじゃろなぁ。

 「龍宮寺」を出た後、近くにある「聖福寺」という虚無僧関係の寺へ行きましたので、よろしければリンク先を見てください。春日駅、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

春日駅

 再び人が一杯歩いてる博多駅より大宰府へ向かって自転車を漕ぎ、駅から離れるほど人や自転車も少なくなって「春日駅」で一休み。

 春日駅の写真を撮ってると、幼稚園児が改札口から出てきました・・カワユイでんなぁ。春日駅、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 越後屋が待っている所へ戻ると、そこには疲れたホームレスのオババが座っており・・あっ、良く見ると越後屋だった。

 身なり・人相・持ち物の定番であるスーパー袋まで置いてる姿は、どこからどう見ても立派なホームレス姿です。

 でも、きっと一緒に居る自分も、その仲間だと見られてるだろなぁ。

歴史の道

水城跡

 「太宰府」に近づいた所にトイレが有り、付近には工事現場のように柵がしてあります。

 何かの工事かな・・と思いましたが、側に「水城跡」の大きい看板が有り、何かわかりまへんでしたが、その工事現場を見ると穴を掘ってあるだけでしたが、どうやにそれが土塁の遺跡らしかった。

     大宰府・水城跡、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文           大宰府・水城跡、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文 

姿見井・衣掛天満宮

 自転車を漕いでると、新しい垣根のところに石碑があり「姿見井」と書いてあります。大宰府「水城」付近、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 説明看板を読むと、菅原道真がこの付近で衣を着替えて、カッコイイかな・・と思って自分の姿を映した井戸らしい。

 少し行くと「衣掛八幡宮」が有り、そこで菅原道真が松か岩に衣を掛けたらしい。

 しかし大宰府へ行く順路としては、先に衣をどこかに引っ掛けてから、カッコイイかどうかを確かめる井戸へ行くと思い、順番が逆のような気がするが・・これも詮索したらアカンのじゃろなぁ。

        大宰府・姿見井、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文          大宰府。衣掛八幡宮、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ            遍照の響きホームヘ
    「九州西国33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無