HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 52 太宰府


  九州西国33観音霊場記      太宰府、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文       遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.7 巡礼     2016.12.7 UP


太宰府の着物姿

太宰府展示館


 「太宰府政庁跡」は広大な草地で特に建物が無く、家族連れが休んでいます。

 少し行くと「太宰府展示館」が有り、タダだったので入りましたが、失礼ながらあんまりオモロイ物が無い。

 入ると参観客に説明する人が居るよおですが、長くなると思い、なるべく目を合わさないようにして勝手に見てました・・すみません。

太宰府政庁跡、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  太宰府展示館、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  太宰府、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

戒壇院

 札所「観世音寺」の看板が有り、その正面に土塀の寺に向かって真っすぐな道があります。

 それだと思って行ってみると入口にゴッツイ字の石標があり、おぉぉ・・さすが「九州西国33観音霊場」33番寺。

 しかし寺の看板をみると「戒壇院」の説明がしてあり、はて?・・観世音寺・専用で「戒壇」を持っているのかな?・・と思ったが、どうも札所ではないようです。

 太宰府・戒壇院へ、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文     太宰府・戒壇院、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文    太宰府・戒壇院、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

33番「観世音寺」

 「戒壇院」横の細い道を行きましたがわからず、戻ってくる時に側の寺境内へ入ってみると、そこが札所の「観世音寺」でした。

 それなりに参拝客が居て、尺八を吹いて参拝してたら後ろに人が居ました。

 越後屋に聞くと、尺八が終わるまで待ってたらしく、やっと終わって堂へ近寄ろうとしたら、尺八を置いて写真を撮ったもんだから、行くのを止めて待ってたそうな。

 知らない事とはいえ、すんまへんでした。

太宰府・観世音寺、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文   太宰府・観世音寺、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  太宰府・観世音寺、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

大宰府天満宮

着物姿

 大宰府天満宮へ、ついでに寄ってみました。

 観光客がたくさん歩いており、華やかな着物姿の若いネーチャンもチラホラと歩いており、へえぇぇ・・今時着物姿なんて珍しいなぁ。太宰府天満宮、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 しかし、よく見ると仕草・顔付等からどうもアジア系の外国人らしく、やはり日本人の着物姿とは、ちと雰囲気が違う。

 境内に入ると、しぶい着物を着たオバハン二人居て、これはさすがに日本人だとわかり着慣れている感じがします。

 オバハンがお互いに写真を撮りっこしていたので、「二人で一緒のを撮ってあげましょうか」と言ってみると、ちゃんと日本語で断られました。

  太宰府天満宮・着物姿、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文       太宰府天満宮・着物姿、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文          太宰府天満宮・着物姿、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

邦楽と着物太宰府天満宮・境内、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 話は変わりますが、実は越後屋も、チビッと琴をやってました。

 琴といえば着物というイメージが大きく、実際、発表会・演奏会等には着物姿が当然のよおです。

 もっとも、最近は統一した着物・洋服での出演団体もあるよおですが・・。

 で・・越後屋は着物を一着しか持ってまへん・・なんせ、ワシの稼ぎが悪いもんでして・・。

 越後屋はホントは琴を習いたいのですが、発表会の時に着る着物が無いので、いつも出演辞退をするのに気が引け、転勤を機会に琴を習いに行かなくなりました。太宰府天満宮・山門、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 着物なんて一着あればエエんでねぇか・・と思ったのですが、毎回同じ着物で出るのは恥ずかしい事らしく、そお言えば皆さん毎回違う着物を着てました。

 すまんなぁ・・稼ぎが少ない亭主を持って・・・
 苦労かけるなぁ・・もっと傘張内職に精を出して、着物の一つくらい買ってやれば良かった・・・・
 そお言えば一回だけ出た発表会には、髪飾りを自分で作ってたもんなぁ・・カワイソーに・・。

 琴をやってる人に聞くと、やっぱり着物を着るのが楽しみで嬉しいと言います。太宰府天満宮・拝殿、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 そおでっしゃろなぁ・・女性の方は着たいだろなぁ。

 ただ・・越後屋のように着物が無いので、何らかの理由を付けて出演辞退をする人や、琴を止める人もいると思い「両刃の剣」のような気がする。

 反対に琴の方から「発表会等で尺八を吹く時には、着物を着ないのですか?」と聞かれました。

 なんせ、いつも同じような安い背広で出演してたもんでして・・・太宰府天満宮、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 「ええ・・はい・・あのその・・着物を持ってないもんでして・・

 それと尺八を吹く人は、着物・袴姿でないとアカンという先入観を無くしたいと思い、背広を着てます。

 それに別に着物・袴を、そんなに着たいとも思わないので・・」
と言い訳を盛りだくさん。

 聞くところによると琴古流の人は着物・袴着用が決まってるらしく、都山流は特に着物にこだわってないと聞きましたが、どおなんでしょうか?注意して拝見すると、そんなような気もします。

 「九州西国33観音霊場」と関係なく、着物姿を見たので、ついついクダラン事を想い浮かべました・・・すみません。

ラクガキ

 太宰府天満宮でお賽銭をあげて、参道の茶店でカキ氷を食べました。太宰府天満宮・茶店のノート、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 そこに置いてあるノートを、パラパラと見ると絵のような物が描いてあります。

 花のような・・植物のような・・幾何学的というか・・何というか・・

 右下に「おー新作、毎年見るのワクワクしてます」
 左下に「ありがとうございます。ただのラクガキです」
と書いてあり、毎年書いてるのでしょうか。

 よぉ~わからん絵だけれど、線に迷いが無く、シロウトでは描けないような気がする。

 二日市駅の駐輪場で自転車を預ける時に、小銭入れが無いのに気づき、太宰府天満宮で落としたらしい。

九州西国33観音霊場記、前へ 九州西国33観音霊場記、目次へ        遍照の響きホームヘ
  「九州西国33観音霊場」紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無