HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 53 長崎くんち


  九州西国33観音霊場記     長崎くんち、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文       遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.8 巡礼     2016.12.9 UP


「長崎くんち」舞台裏長崎・アマンディ、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

アマンディ

 車で長崎まで行き、予定の健康ランド「アマンディ」へはカーナビの目的地の誤りミスで、細い路地へ入り込んじゃい、設定し直してやっと行けました。

 「アマンディ」で宿泊し、ここから長崎市内へ出るシャトルバスが7時頃だと思ってたら8時からでした。長崎・アマンディより夜景、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 同じように待ってた一人のオトッツアンは、待ってえれん・・と歩いて長崎市内へ降りて行きました。

 ここ長崎は坂の町と言われるほどなので、当初の計画段階で自転車で巡るか・どうしょうかと迷ったところです。

 結局、長崎市内では自転車移動はキツイという情報があったので、市内は徒歩で巡り、長崎半島は車で巡る事にしました。

長崎くんち長崎くんち・傘鉾、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

出演者

 長崎駅で「長崎くんち」の地図をゲットし、公会堂で見物できそうなので歩いて行きました。

 会場の道端で縄を持って整理してる人に、会場に入れるかを尋ねるとチケットが必要で、しかも全席完売済みらしい。

 あちゃあぁぁ・・・とガッカリした様子を見て、「そこの石垣に上がって、会場は見えないが出演者が出入りするのを見るのは、かまわないよ。」と教えてくれました。長崎くんち、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 石垣に上がると松がジャマして、よぉ~見えなかったが、出演者達の出入りの様子は写真が撮れました。

 会場もチラッ・・とだけ見え、袴姿の人達が観客に向かって何か投げており、どうやら町内の手拭のよおです・・とうぜん、こちらには投げてくれません。

 テレビで見た「阿蘭陀万才」の人もおり、チビッコの中国服がカワユイでんなぁ。

黙想長崎くんち、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 丸い「傘鉾」がクルクル回るのは、あんまり面白くなかったが、「山車」を引き回すのは良かった。

 山車グループの一つだけでしたが、会場に入る前に棟梁が若い衆達に注意事項を話した後、棟梁の「黙想!」と言う鋭い声で、全員が少しの間、目をつむって心を落ち着けてました。

 見ていると、この「黙想」をやった団体は、この山車グループだけであり、そのためか威勢も一番良かったように思う。長崎くんち・阿蘭陀万才」、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 その山車が出演が終わって戻って来ると、会場からは「もってこ~い」の再出演を要求する熱気を帯びた歓声が上がってます。

 山車の押手である若い衆達も囃子のリズムに乗って「ワッショイ」を連呼しながら指1本を立て、棟梁に向かってもう一度再出場しようと盛んに催促しています。

 棟梁は黙って若い衆達を見てましたが、いや・・もう帰るぞ・・という風に後ろを向きました。長崎くんち、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 あららっ・・・帰っちゃうの・・と思った瞬間、再びクルッと向き直り、持っていた棒の旗を会場へ指し示し、「野郎ども、オレに続けえぇぇ・・」とばかりに、タタタッッッ・・先頭を走り出しました。

 続けて若い衆達の「うおおぉぉぉっっ・・!!」と言う鬨の大歓声が上がると共に、再び山車は会場へ勢いよく走り込みます。長崎くんち、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 棟梁も役者やのぅ・・帰るフリしやがってぇ・・若い衆達もハラハラしただろうにぃ。(^^;

 見ていても、この団体が会場と一番一体化していたように思い、やっぱり出演前に心を沈めて「黙想」をする団体はどこか違うなぁ。

 山車が再び戻って来て、今度こそ帰り始めると、会場から和服を着た女性2・3人がハンカチを手に目を押さえながら出て来ました。長崎くんち・山車、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 きっと、山車・出演者の身内の人達で、会場と一体となって出演している自分の夫・兄弟の姿を見て感激したのでしょう。

 実際、この山車の再出演は、自分はほとんど会場内を見る事が出来ませんでしたが、会場との一体感が有る熱気はこちらにも伝わり、鳥肌が立つような思いをしました。

 「長崎くんち」での一番の想い出は、この舞台裏で「黙想」をした山車・棟梁の見事なる指揮ぶりで、華やかなる「表」舞台では無く、人知れずに行われた「裏」舞台にその神髄を見たように思い、見事でした・・・パチパチパチ・・・。

龍踊

 「長崎くんち」と言えば龍が派手に動き回るのをテレビで見ましたが、実物を見るのは初めてです。長崎くんち・幼少「龍踊」、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 大きい龍だけかと思ってましたが、園児の持つ龍もあり、少年たちの龍もありました。

 しかしぃ・・少年「龍」を監督する大人もタイヘンですなぁ・・待ってる間もアチコチ動き回って・・。

 長崎くんち・少年「龍踊」、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文     長崎くんち・竜踊・シンバル隊、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文     長崎くんち・竜踊・ラッパ隊、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 ここで初めて気づいたのですが、龍の鱗は描いてあるのかと思ってましたが、一枚一枚胴体に貼り付けてあるのですねぇ・・知らなかった。長崎くんち・竜踊、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 そいでもって龍も一匹だけかと思ったら、白龍・緑龍の二匹が居ます。

 少年・少女のシンバル隊、少女ラッパ隊もいます。

 龍の動きは、いつも勢いよくクルクル回るのかと思ってましたが、最初は静かに緑・白龍が交互に回っており、そのうちクルクル回り始め・・最後には勢い良く回ってました。

 ラッパ隊は飾りかと思ってましたが、ちゃんと吹いており龍の鳴き声を表してるそうな。

 長崎くんち・竜踊、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文      長崎くんち・竜踊・勢ぞろい、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文      長崎くんち・竜踊、自転車で巡った「「九州西国33観音霊場」紀行文

 九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ            遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無