HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 54 ばってん長崎


  九州西国33観音霊場記      清水寺、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文      遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.8 巡礼     2016.12.13 UP


ばってん長崎

「長崎くんち」の庭先回り

長崎くんち・庭先回り・先触れ、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 会場を出て町をフラつき、長崎名物の「皿うどん」を食べ、25番札所「清水寺」へ行く途中、家の前に旗を持った少女が居ます。

 「きょうつけ」の姿勢で立っており、何してまんの?・・と思ったら、それが近所の数件先にも居ます。

 これを書いてるときに調べると「長崎くんち」の「庭先回り」という風習で、これから来る踊りの門付けの「先触れ」らしく、ここで踊るのだという目印のような役割らしい。

 見ていると、全部の家かと思ったら門付けをする家の前だけに立ってるようで、そのうち「阿蘭陀万才」の踊り手が3人と囃子方がドヤドヤと来て、踊りの一節程度を踊ってオシマイで次の家へ行きます。長崎くんち・庭先回り、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 もっと長く踊るのかと思ったが、15秒位で終わり、ホンマに踊りの一節だけという感じです。

 札所へ行く途中にも他の門付けと会いましたが、やっばり短い。

 自分が尺八吹いて門付けするならば、もおチット長く吹くのだがなぁ・・・

     長崎くんち・庭先回り、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文        長崎くんち・庭先回り、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

25番「清水寺」

長崎・祟服寺、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  八坂神社、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  清水寺・自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文
清水寺、安産子生み石、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文
 25番札所「清水寺」は、八坂神社の駐車場に看板が出ていたので、そこから上がりましたが、正式な階段が別にありました。

 本堂は開かれており、女性が二・三人に来ており、盛んに線香を供えれる所には全部供えて回っています。

 よっぽど信心が厚いのか・・

 尺八を吹いて参拝してると、後ろの方で座って聞いてたよおです。

 清水寺・自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  清水寺・境内、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  清水寺・本堂、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

ばってん長崎、よかとこね長崎くんち・庭先回り、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 清水寺を出て長崎市内へ戻る途中でも「庭先回り」をやっており、近くで写真を撮っていると三味線を弾いてるオバハンが「ばってん長崎、よかとこね」と節を付けながら唄い終わりました。

 そお言えば長崎では「ばってん」と言うのが方言だったなぁ、久々に聞きました。

 眼鏡橋付近に有る虚無僧寺跡地「松寿軒」に寄り、今は民家になっており碑があるだけです。眼鏡橋・自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 太宰府で落とした小銭入れがないと不便なので、駅へ行く途中で100均の小銭入れを買いました。

 アイスクリンを食べて帰る途中、市役所で「龍踊」をやってました。

 今回は予定してなかった「長崎くんち」が見れ、旅行先での祭りには縁があります。

 今日は、ほとんど一日中歩いたり、立ったりしていたので疲れた。

    長崎くんち・龍踊、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文          長崎くんち・龍踊・ラッパ隊少女、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ         遍照の響きホームヘ 
 自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無