HOME > 「九州西国33観音霊場」目次 > 55 伊王島


  九州西国33観音霊場記     伊王島灯台、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文       遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図-2
            2015.10.9 巡礼     2016.12.16 UP


伊王島

キリシタン墓地

 車で伊王島灯台へ行こうとしたら、灯台近くの四辻で、駐車場が無いと看板が出ています。

 ここへ来るまで麓付近からは、盛んに駐車場が無いと看板が出ていましたが、おおかた大丈夫だろお・・と思って無視して来たのです。

 それでも試しに右方向の道へ行ってみると、ホンマに行き止まりだったので引き返しました。

 これじゃ、伊王島灯台へ観光客は来ないなぁ・・麓から歩くとなると、かなりキツイ坂もあるし遠いしぃ。

 戻る途中に墓場が有り、十字架が有ります。伊王島・キリシタン墓地、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 おぉぉ・・そお言えば馬込天主堂も有る事だし、隠れキリシタンの墓かもしれんと思い、車を止めて拝見しました。

 なんせ十字架の付いた墓なんて、横浜の外人墓地しか見たことが無いもんでして・・・

 拝見すると墓名の所は、「何とか家」と金色で書いてあり、おぉぉ・・さすがキリシタン、そおいう風習なのか・・

 たいてい墓には十字架が描いてあったりしますが、それでも家紋が付いた墓もあり、墓石裏にはクリスチャンネームが赤字で書いてありました。

 写真で地面に白四角の枠が描いてありますが、そこにも細長い石がおいてあり墓らしい。

伊王島インフォメーション

 麓の「伊王島インフォメーション」で伊王島灯台へ車で行けないのかと尋ねると、やはりバスまたは自転車か徒歩で行かないとアカンらしく、その理由としてはバスが来た時には道が狭くて離合ができないのが理由らしい。

 伊王島灯台へ行くのはあきらめて、外のベンチで朝飯のパンを食べてると、犬を連れたオバハンが来ました。

 自分は犬がキライなのですが、犬は吠えもせずに近寄って来たので、顎あたりをなでてやったら、ますます近寄ってきた。

 犬連れのオバハンに「先ほど十字架の有る墓地を見たのですが、失礼ながら、あなたもクリスチャンですか?」聞いてみると「地元の人間ではないが、島の80%近くがクリスチャンではないか」と言います。

 ついでに「車で伊王島灯台まで行けずに引き返した。」と言うと、

 「そのまままっすぐ行けば行ける。
 駐車場は確かに無いが、車の回転場があるので、そこに車を置ける。
 伊王島灯台は「高倉健」の「あなたへ」の映画ロケ地にもなった。」
と言い、ロケ地の事までは知らなかった。

伊王島灯台

 さっそく引き返して行ってみると、オバハンが言うように回転場がありました。伊王島灯台・自動車回転場、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 確かに道は車が1台しか通りないような道でしたが、それにしても惜しいなぁ・・せっかくの観光名所なのに・・・

 自分のように灯台まで行けないと思って引き返した観光客も多いと思う。

 それにしても伊王島灯台まで車で行ける事を、ここに掲載しても良かったのか・・悪かったのか・・

 伊王島灯台・夕陽ケ丘展望所、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  伊王島灯台・夕陽ケ丘展望所よりの眺め、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  伊王島灯台、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 夕陽ケ丘展望台が有り、そこからは軍艦島が見え、せいぜい島影程度がやっと見えると思ってたのですが、けっこう間近に見えます。

 だれもいないと思ってましたが、歩道の草を刈ってるジサマが居たので挨拶して伊王島灯台へ行き、一通り見物して帰ろうかと思ったら、ジサマが来て「退息所を開けるから・・」と言って案内してくれました。

 伊王島灯台・退息所、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  伊王島灯台・退息所・暖炉、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文  伊王島灯台・退息所・ガス灯器、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 退息所を開けて中を説明してくれ、便所にも所長専用のがあると言い、わざわざ別棟の便所まで行って鍵を開けて見せてくれました。伊王島灯台・一番の撮影ポイント、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 さすが所長用のは色付きの金隠しで、この存在は知らなかった。

 「伊王島灯台の記念写真を撮る一番良い撮影ポイントが有る」と言われて連れられたのが、先ほどの便所建物付近の場所で、「ここが灯台と退息所とが入る一番良い所だ」と言います。

 歩道から海を見ると、昔居た対馬の神崎灯台を想い出し、草こそ生えてませんでしたが、とにかく見えるものは海しかなく、その感じが良く似てました。

馬込天主堂/沖之島天主堂

 馬込教会(沖之島天主堂)に寄り、上がってみると扉は開いてましたが内部撮影は禁止でした。

     伊王島・馬込天主堂、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文            伊王島・馬込天主堂、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

 内部を拝見すると天井が高く、ここで尺八を吹くと響くだろなぁ・・どんな響きがするのだろうかと一度試してみたい。

 朝早く来れば、ステンドグラスの光が玄関に入ってキレイだったかもしれない。

 伊王島・馬込天主堂・ステンドグラス、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文      伊王島・馬込天主堂からの眺め、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文       伊王島・馬込天主堂・回廊、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文

軍艦島

 野母崎にある26番札所「観音寺」へ向かう途中で「軍艦島」が見えました

 軍艦島、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文   軍艦島と目音岩、自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文
 九州西国33観音霊場記、前へ  九州西国33観音霊場記、目次へ            遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「九州西国33観音霊場」紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無