HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 6 長谷寺


   九州西国33観音霊場記   九州西国33観音 長谷寺   遍照の響き
         九州西国三十三観音霊場 地図
   巡礼日  2012.11.6      掲載日  2014.1.10
九州西国33観音霊場記ライン

長谷寺と「奥の院」

東中津駅より

 宇佐駅で車中泊していたので汽車で東中津駅へ行き、前もって駅に置いてた自転車で出発。

 東中津駅 大貞公園、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 このとき、自転車に付ける距離計を忘れて来たらしく、せっかく買ったのに残念。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 大貞公園で、自転車の初点検をした。

 平坦そうな道だが、少し緩やかな上りになっており、「三光成恒」付近では、畑一面に群生している見事なコスモス畑があった。

自転車で巡った九州西国33観音霊場記「呑紫庵」付近からは道が坂になり始め、半分ほどは自転車を降りての押し歩きとなり、「長谷」付近では完全に押し歩きだった。


 地図の等高線を見て少しは予想していたが、これほど押し歩きするとは思わなく、今後の予定もキツイかもしれん。

2番「長谷寺」

 九州西国33観音霊場2番札所「長谷寺」には道端に駐車場があり、案内地図看板には「奥の院」が有り、大好きな洞窟も有って一巡り出来るようだ・・知らんかったなぁ。

   九州西国 長谷寺 奥の院 地図
   長谷寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記       長谷寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 長谷寺は無人のようですが、堂前には「お休み処」も設置されています。

奥の院

 参拝してから、せっかく来たのだから「奥の院」へ行く事にし、境内には親切にも杖まで用意してあるので拝借。

 しかし、早く「奥の院」へ行こうと思っていたため、長谷寺で納札を入れるのを完全に忘れちまった。長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 ちなみにσ(*_*)は、尺八参拝した後に納札を入れてます。

 と言うのは、通常は「手向」を吹くのですが、気分が乗ったりした時には、他の曲もオマケに吹いたりする事が有るので、そおいう場合のために参拝後に納札を書いてるのです。

 所要時間、一時間半ほどと書いてあり、最初はコンクリ坂だったが階段がズウッ〜と上まで有り、ゲッ・・・!!

 しかし、階段を上りつめた所に清水風の堂が見え、おぉぉぉ・・・!!

 九州西国33観音 長谷寺 奥の院 長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 

 階段横の方には白山神社の建物も有ります。

 まずは堂に上がってみると、正面箇所にはゴザが敷いてありました。

 普通、こおいう堂では板張りのままが多いのだが、ここまで丁寧なのは初めてで、地元の人達の信仰心が厚いのでょう。長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 ゴザの上には風で吹き飛ばされたのか、木魚等が散らばってるので、拾い集めて正面付近に戻しておきました・・あっ・・別にホメなくても良いです。(^O^)

 案内図の「88カ所巡りの道」出発点が、どこに有るのかわからず、堂横の石仏の前を通っていくのか、階段横に有った白山神社の方から行くのか・・・

白山神社

 どうせ、白山神社の方も見物するので、社殿へ行ってみました。

 九州西国33観音 長谷寺 奥の院 白山神社 長谷寺「奥の院」白山神社、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 長谷寺「奥の院」白山神社、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 入口には二本の柱が立っており・・と思ったが、よぉ〜見ると鳥居が壊れて上の部分が落ちちゃったらしく、片方の柱もロープで倒れないようにしてあります。

 拝殿前を通って裏側へ行くと、山道らしいのが裏山へ向かっています。長谷寺「奥の院」白山神社・裏山道、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 よっしゃあぁ〜・・と、上ってみると石仏が有って、もお少し道らしいのも有ります。

 そこに有った案内矢印方向から察するに、どおやら堂の石仏前を通るのがホントの道らしいが、山道が遠くへ行きそうなのでヤンピして堂へ引き返しました。

針の穴

 長谷寺「奥の院」・針の穴、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  九州西国 長谷寺 奥の院 針の穴  長谷寺「奥の院」針の穴、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 今度は堂の下を横切った所に、道らしいのが有るのを確認していたので行くと、すぐに「針の穴」が有ります。

 注連縄を張った小さい穴が有り、何かオモロイ物が有るかと、喜んで中を覗いたが何も無かった。長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 そこからの道を進んで、岩場のような所を上がると、岩だらけの尾根に出ました。

 見晴らしが良く、岩場の尾根筋は、案内図の「阿弥陀岩」からの道筋になってるらしく、向こうの木陰に白い案内標識が見えたが行きませんでした。

こもり穴

 ここまで来たのだから「こもり穴」へ行ってみました。
長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 実は「こうもり穴」と読み違えており、洞窟の中にはコウモリが沢山住んでいて、アヤシイヤツが来た・・と飛びかかって来るのでは・・と心配してたんです。

 尾根道を行くと行き止まりの所に、半分ほど潰れかかった穴が有り、ここに有る案内標識を見て初めて「こうもり」ではなく「こもり」だとわかった。
   (^O^)ワッハッハッハッ・・このタワケメが・・

 長谷寺「奥の院」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   長谷寺「奥の院」こもり穴、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  九州西国 長谷寺 奥の院 こもり穴

掘田平

 そこで引き返し、「掘田平」の石仏群の方向が寺へ戻る近道だと思って行くと、ここにもUターンの標識があり、越後屋が「ほれ、みたことか・・」と言ってモンクを言います。
長谷寺「奥の院」掘田平石仏群、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 はい・・モンク言われて泣きながら、来た道を引き返しました。

 しかし、予想もしてない所が見れて、来て良かったと思う。

 時間的に余裕があれば、標識もしっかりしており一巡りしたい所でした。

 あまり個人のホームページでは紹介されてないよおですが、中津市のホームページ「長谷寺八十八ケ所遍路道」に写真掲載されています。

  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、目次へ  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、次へ      遍照の響きホームヘ
     九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無