HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 8 別 府


   九州西国33観音霊場記    九州西国 宝満寺   遍照の響き
               九州西国三十三観音霊場 地図 
      巡礼日  2012.11.14      掲載日  2014.1.16  九州西国33観音霊場記ライン

別府・宝満寺への道

空模様

 願成就寺の近くに有るコンビニで、暗くなった雲模様を見ていましたが、雨が降るかどうかわからん。「願成就寺」付近、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 雨が降りそうだったら、近くの「杵築駅」へ逃げ込んで帰った方が良いのだが・・

 これから向かう「別府」方向から来る車を見ると、車体に雨滴が付いてないようなので、雨が降ってないと判断して出発した。

豊後豊岡駅へ

 そこからの赤松峠は、ほとんどが押し歩きでした。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 途中の山腹に中世ヨーロッパの城を思わせる「ハーモニランド」が見えたが、営業しているのかどうか、ほとんど人が居ない。

 雨に降られる事もなく無事に「日出」市内に着き、時間も有るので豊後豊岡駅まで行きました。ハーモニランド

 駅で時刻表を見ると、15分ほど待てば汽車が有ると喜んでいたら、それは手前の駅止まりで「山中香駅」までは行きません・・あちゃあぁ・・・。

 結局、1時間ほど待たねばならんかった。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 汽車に乗り始めた頃、前線が通過したようで雨が降り出し風も強くなりました。

 良かったなぁ・・欲張って進んでいたら雨に濡れていたと思う、ここまで来れただけでも「良し」とする。

     豊後豊岡駅      豊後豊岡駅、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

7番「宝満寺」へ

別府市内

 翌日、天気予報では「午前雨、午後曇り」となっていたが、青空も見えるので大丈夫だろお・・と思い、汽車で「豊後豊岡駅」まで行き、出発は10時頃になりました。

 別府湾沿いの海側を自転車で走ると、寒くて風が有りましたが、広い歩道が有るので自転車は快適に漕げます。別府湾、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 途中の100円ショップで、昨日、風で飛ばされて無くした帽子の代わりと、それに取り付けるストラップを買った。

宝満寺を目指して

 別府市内の7番札所「宝満寺」は、わかりにくい場所だとネットに記載してあったので、その付近の詳細地図まで印刷して用意して来たのだが、ホンマにわかりにくかった。

 まずは第一目標地の朝見川より山際の町に入った所で、郵便局を見つけたので「宝満寺」を聞くと「わからん」と言う。

 相手が窓口の人だったから、わからんのかもしれんが、配達の人間だったら一発でわかっただろうに・・・。

 それにしても、近くに有る寺のはずなのに知らないとは、有名な寺ではないようです。

 礼を言って郵便局を出たら、隣の駐車場の看板に付近町内の略図が有り、しっかり宝満寺の場所も書いてあるじゃねぇかぁ・・ゴラア゛ァ〜・・(T_T)。

 「個人情報を漏らさない」という、郵政内部の厳重な「お達し」の元に教えなかったのじゃろおか?

 寺は、ある意味では公共施設であり個人情報では無いのだから教えてくれても良さそうなもんだが・・それとも、ホンマに知らなかったのか・・

 個人情報なので教えなかったのならば、あまりにもお役所的だと思う。

マザーテレサの家

 その略図を見ると、早い話が「マザーテレサの家」近くに寺が有るので、それを目当てにして行けば良く、朝見川に注ぐ支流の川をよじ上り、その付近で聞けば良さそうです。別府 マサーテレサ

 住宅が建ち並ぶ狭い道を、当てずっぽうに山方向へ行き、日豊本線の線路沿いに出ると山の中腹に教会のようなのが見えました。

 それが「マザーテレサの家」だと思い、その付近の建物を見渡すと、寺の堂らしい建物が見えたので、それを目指す事にした。

 ここまでは初めて自動車で来る人には、ホンマに難しいと思い、自転車だからこそ出来た芸当だと思う。宝満寺へ向かって、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 踏切を渡ると、山腹の高台へ行く道が二つ有ったので、ちょうど来たオババに聞いてみると
 
「宝満寺・・知らんなぁ・・・」
 あらあぁ・・・よっぽど世に知られてない隠れた寺なのだろうか。

 
「二つの道が有るが、どちらが高台へ行ける道か」と尋ねると「片方は行き止まり、もう一つの道が高台へ行ける」と教えてくれました。宝満寺付近より、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 何となく「行き止まり」の道も、歩いてならば行けそうな気もしたが・・・

 教えられた高台へ行く道は、もんのすごいS字カーブで、自転車を押し歩きながらヒーコラと言いながら上るキツイ道でした。

宝満寺

 線路沿いから見えた寺の堂らしい建物は、やっぱり九州西国33観音霊場札所「宝満寺」でした。宝満寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 門があり、その近くに有る建物が堂かと思ったが、住職かだれかが住んでる家のようで、チッコイ池の横に小道が上に続いてます。

 たぶん堂は、この上だろおと行くと、いきなり「地獄」と書いた看板が・・・宝満寺境内、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 な・・なんじゃ?・・地獄巡りにでもなってるのか?と思って歩いていくと「畜生」の看板が有ります。

 輪廻転生の六道を表しており、最後に人間・天上でしたが、知らん人が見るとビックリしまっせぇ。宝満寺境内の小径、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 堂は新しく戸は開いたので中に入ると、前日だれか来たらしく納札が置いてあります。

 参拝が終わって出ようとしたら、小雨が降って来たので空模様を見ると、これから雨が本降りになりそうです。
宝満寺札所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 堂内で雨宿りする事にして、自転車座席に縛ってある座布団と地図等を雨に濡れないように、下まで取りに戻り、再び堂へ上がって来た時に本降りになって、ぎりぎりセーフ。

 良かったなぁ・・自転車を漕いでる時でなくて。

 少し待つと雨が止み、雨上がりには虹が出ていました。

 九州西国 宝満寺  宝満寺札所内、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  宝満寺札所内、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、目次へ  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、次へ    遍照の響きホームヘ 
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無