HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 12 円通寺


    九州西国33観音霊場記   九州西国 円通寺   遍照の響き 
          九州西国三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2012.11.17     掲載日  2014.1.24 


円通寺の観音扉

案内地図

 「臼杵」市内より山へ入り、九州西国33観音霊場10番札所「円通寺」へ向かいましたが、頂上付近では道が枝分かれしてます。

 どの道へ行けば良いんじゃ?・・と、その付近をウロつくと、道端に小汚い案内地図が有ります。
        九六位山案内図、円通寺、九州西国33観音霊場記
 案内地図には、ちゃんと円通寺の場所も書いて有り、小汚い地図でも有るだけマシで、これが無かったら、どの道を行けば良いか不安だろなぁ。

 案内地図では近そうに思えましたが、けっこうな距離が有ります。

 円通寺の前に広い駐車場が有り、たぶん「キャンプ場」のための駐車場なのでしょう。

 円通寺へ、九州西国33観音霊場記  円通寺前のキャンプ場、九州西国33観音霊場記  円通寺・階段、九州西国33観音霊場記

円通寺

 円通寺の階段を上がると銀杏の大木が有り、参道や寺は秋の風情を見せており、なかなか良い。

   円通寺・イチョウ、九州西国33観音霊場記   九州西国 円通寺   円通寺・境内、九州西国33観音霊場記
 円通寺・石仏、九州西国33観音霊場記 円通寺・鐘楼、九州西国33観音霊場記 九州西国 円通寺

 本堂階段の欄干は、木が自然に捻れたのを使用しており趣が有ります。九州西国 円通寺

 しかも両側共で、こおいう欄干は初めて見たが、材料を探すのはタイヘンじゃったろうなぁ。

観音開きの扉

 本堂の扉が閉まっており、開かないのかな?・・と思いながら、試しに扉を動かしてみると扉が少しだけ開きましたが、今度は元どおりにしようとしたが動かない。

 あわわわわわ・・・壊しちまったかなぁ・・・円通寺・天井絵、九州西国33観音霊場記

 越後屋が
「観音開きの扉じゃないの?」と言うので扉を見ると、そのような気もする。

 そおかもしれん・・今までの寺は横戸ばっかりだったから、ついその気持ちで戸を引いちまったが・・と思い、観音開きの開き方をしたら開きました。(一番上の写真)

 なあぁんだ・・そうだったのかぁ・・(^O^)ワハハハハハ・・・
 おっちゃん・・知らないもんだから、そのままにして逃げ帰ろうかと一瞬思ったでぇ。

堂内

 堂内には木の柵が有り、その奥には蝋燭が二本灯っています。

 苦労して開けた扉なもんだから、だれも来てないと思ってましたが、きっちりと管理されてるようで、これには、ちとビックリした。

円通寺・堂内、九州西国33観音霊場記 失礼ながら、ほとんどだれも来ないような山奥の寺でも、このように蝋燭を灯しているのに、他の最近の寺ときたら、明かりも点けないどころか、戸も開かない寺もある。

 納札が置いてあったので手に取って見ると、今年の4月に熊本の人が来たらしく、σ(*_*)の納札も隣に並べて置きました。

 隣の敷地で家を改築してると思ってましたが住職が住んでるらしく、「用が有れば来るように・・」と書いてありました。

 帰る時に観音扉を閉めようとしたが、今度は半分ほどしか閉まらず、やっぱりこのまま逃げようか・・と思ったら越後屋が
「持ち上げるようにしたら、閉まるよ」と言い、やってみるとスムーズに閉まりました。
円通寺・境内、九州西国33観音霊場記
 どうしてわかったのか聞いてみると
「家の仏壇も同じ観音扉だから。」

 そお言えば中越沖地震以来、仏壇の扉が開閉しにくくなっているので、開けっぱなしにしています。

 良かったなぁ、無事に戸が閉まって・・気弱な人間だから、すぐに逃げる事ばっかし考えちまった。(^O^)ヘヘヘ・・・

  九州西国33観音霊場記、前へ 九州西国33観音霊場記、目次へ 九州西国33観音霊場記、次へ    遍照の響きホームヘ
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無