HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 15 般若姫伝説


   自転車で巡った九州西国33観音霊場記    九州西国 蓮城寺 般若姫伝説  遍照の響き
             九州西国三十三観音霊場 地図 
      巡礼日  2012.11.16     掲載日  2014.1.28 


蓮城寺の般若姫伝説

サイクルメーター

 7時半頃、三重駅を出発して、九州西国33観音霊場11番札所「蓮城寺」へ向かいました。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 出発時から、自転車に付けた「サイクルメーター」の調子がおかしく、今朝は寒くて車に霜が降りて凍っていたのかなぁ。

 あきらめて、そのまま走っていたら直ったようだが、やっぱり壊れて結局使い物にならんかった。

旧道

 ガソリンスタンド付近に蓮城寺への看板が有り、国道から分岐してる旧道を行くようだが越後屋が見逃しちまって、そのまま国道の坂道をかなり進んでます。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 呼んでも聞こえない距離なので、しばらくすれば振り返っるだろうと思い、その付近でボオッ〜と待ちました。

 やっと振り返って立ち止まり、こちらを見たので手を大きく振って合図したら戻って来た。「蓮城寺」への分かれ道、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 まぁ・・確かにこの看板は気を付けてないと、わかりにくいですわなぁ。

金亀ケ淵

 川沿いの道を行くと「金亀ケ淵」の看板があり、それによると自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 
昔、エライ人の姫さんが、炭焼きしてた小汚い青年に会いに来ました。
 姫さんの黒アザが有る顔を、この淵で洗ったら、ああぁ〜らぁ不思議!!・・黒アザが消えて絶世の美女になったそうな。

 その後、炭焼きの青年と姫さんが夫婦の契りを結ぶと・・金の亀が浮かび出て「エサくれ」と言ったかどうか知らんが、ついでにオシドリも並んで付近を遊んでたそうな。九州西国 蓮城寺 金亀ケ淵


 うむうぅ・・あんまり大きい声で言えんが「夫婦の契り」と来たか・・・

 こおいう場合は、その「夫婦の契り」内容について想像をしたらアカンのだろなぁ。

 金の亀さんも、オシドリも「夫婦の契り」を見ていたのでしょうか・・・と疑問が深まるが、世間ではあんまり、そおいう事は詳しく詮索しないよおですが、ともかく記念に「金亀ケ淵」と名付けたらしい。蓮城寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 側に居た越後屋に
「喜べ、オマエもここで顔洗ったら、美女になれるかもしれんぞ。淵に飛び込め!!」と笑いながら教えてやった。

蓮城寺

 蓮城寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 蓮城寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 蓮城寺、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 11番札所「蓮城寺」は、かなり大きい寺ですが、本堂は少しだけ開いてなく中を拝見できまへん。

 それなのに撮影禁止の看板が有り、よっぽど内部には撮影されたくないアヤシイ物が有るのでしょう。九州西国 蓮城寺

般若姫

 参拝を終えて来た道を戻り、山の中腹付近に観音さんが見えます。

 普通こおいう観音さんは、白色の無地で色を付けてないのが多いが、この観音さんには色が付いてます。

 山を上がるようなので行きませんでしたが、これを書いてる時に調べたら、観音さんではなくて「般若姫」像らしい。

伝説

 で・・その内容については、なんせ伝説なもんだから多少の誤差は有りますが、アラスジはこんなんです。九州西国 蓮城寺 般若姫像

 
前述の「金亀ケ淵」の炭焼きの青年と姫さんの間に子供が生まれて、「般若姫」と名付けられて美人に成長したそうな。

 その噂が悪代官の耳に・・・あっ、いや・・時の皇子(後の用明天皇)の耳に入り、その後にいろいろとスッタモンダの物語が有りますが、そこは思いっきりハシ折って省略しますが般若姫と結婚しちゃったそうです。

 やがて天皇の相続問題が起きたので、オットの皇子は都へ帰っちゃってサヨナラしちまい・・

 残された般若姫は「玉江姫」を産み、扶養手当と年金を貰いながら、パートの仕事を見つけて細々と親子二人で仲良く平和に暮らし・・めでたし、めでたし・・とならず、まだ続きが有るんですなぁ、これが・・・

 般若姫は実家に子供を預けて、オットが浮気してねぇか・・・と心配して船で都へ向かいました。

 ところがその船が嵐で遭難しちまい、それが元で般若姫は亡くなりますが
「瀬戸の守り神とならん。あの山(山口県平成町神峰山)に葬れ」と遺言したそうです。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 あっ・・はい・・親族だけの地味な葬式にして派手な葬式は無用、花輪・弔電・香典は辞退して、足がシビレるようなワケのわからん長い経を唱えるだけの坊主達は呼ばんでも良い・・と言ったか、どうかはわかりまへん。

 遠く離れた山口県にも内容が一致する同様の伝説が有るので、炭焼きの青年や般若姫などは実存したのではないか・・という説も有るらしく、興味の有る方は「参照ホームページ」を見てください。

  参照ホームページ 内山観音(蓮城寺)  山口県平成町HP 「般若姫伝説」

薬師堂

 「薬師堂」へ入ってみると、ズラッ〜・・と仏さんが立ち並んでましたが、3体ほど脳卒中になったのか倒れてました。薬師堂、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 管理するために毎日見回ってるのでしょうが、気付かないはずは無いんだけれどなぁ、仏さんにホコリも溜まっており、掃除してないような気がする。

 しかし、ここの仁王さんは、なかなかの力作モンだと思います。

 薬師堂、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  薬師堂、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  薬師堂、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、目次へ  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、次へ     遍照の響きホームヘ
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無