HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 16 緒 方


   自転車で巡った九州西国33観音霊場記    九州西国 緒方     遍照の響き

       九州西国三十三観音霊場 地図
  巡礼日  2012.11.16     掲載日  2014.1.31


三重町から岡城へ自転車で巡った九州西国33観音霊場記

道の駅「きよかわ」

 三重町からの道は、地図の等高線を見て覚悟していたが、予想通り自転車の押し歩きがかなりありました。

 しかも途中で、歩道が無い所もあるしぃ。

 豊後清川駅に併設されている郵便局で、「牧」方面へ入る旧道を確認し、道の駅「きよかわ」で一休み・・・天狗さんが踊ってるモニュメントが有ります。

       豊後清川駅     道の駅「きよかわ」

牧橋

 牧橋、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  牧橋、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  牧橋、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 少し戻って旧道へ突入・・入口付近は両側がコンクリで切り立った坂道でしたが、それを過ぎると、さすが旧道・・車の通りが、ほとんど無くノドカな風景でした。

 「牧橋」の側に古びた鉄道の鉄橋が有り、水面には対岸の風景が逆さに写ってます。

 自転車で巡った九州西国33観音霊場記  緒方川、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 先に行ってた越後屋が、地元のジサマと話をしており、聞いてみると
「写真を撮りに来たのか?」と聞かれたらしい。

 へえぇぇ・・ここは写真を撮りに来る人が居るほど、有名な所だったのだろおか?国道502号線、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 まぁ・・確かに、このノドカナ風景は良い題材になると思う。

自転車の座布団

 緒方駅の手前より国道へ出て自転車を漕ぎ、国道沿いにある商店の所で一休み。自転車、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 そこで撮った自転車の記念写真ですが、σ(*_*)と越後屋の自転車で、座る所に100均で買った座布団を縛り付けてます。

 ミットもないけれど座って自転車を漕いでると、ケツが痛くなりますからなぁ。

 座布団をつけると、チョットは違うが、それでも長時間漕いでると痛い。

緒方三郎惟栄

 国道を走ってると、黄色に紅葉した大木の所に看板が有り読んで見ると「緒方三郎惟栄館跡」と書いてあります。緒方三郎惟栄屋敷跡

 ううむうぅぅ・・失礼ながら、この人は知らんなぁ・・・源氏方の武将だったらしいが・・

 これを書いてる時にネットで調べて見ると、最初は平家方に居たけれど、寝返って源氏方に付いたらしい。

 地図を見るとこの付近には「緒方町何とか・・」の地名が広く点在しており、この付近を根城にしていたのでしょう。

    水車、自転車で巡った九州西国33観音霊場記       自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 近くに「道の駅」が有りましたが、寄りませんでした。

メロディ

 竹田町までの山越え道も想像以上にきつく、「竹田」近くの川沿いに来たら「メロディ終わり」の看板があります。岡城跡

 えっ・・?・・何かメロディが鳴ってたの?

 そこへ車が走って来て、道路を走る車の通過速度と共に「荒城の月」メロディが流れ始めました。

 おぉぉ!!・・こおいう仕掛けだったのかぁ・・自転車ではメロディが流れないわなぁ。(^O^)

 そお言えば先程から、このメロディが聞こえていました。

岡城

 道端に「臥牛城 眺望絶景 難攻不落」「滑瀬湖畔 武家足軽屋敷跡(私有地)」「岡城本丸」とゴチャッとまとめた看板が立ってます。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 川の対岸を見ると「岡城」の看板と石垣が見え、へえぇぇ〜・・岡城は、河原に囲まれた城だったのかぁ。

 それにしても、いくら石垣で囲っても、あんな低い場所に住んでいた武家足軽達は、雨が降ったら川の増水が心配じゃったろおなぁ。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 竹田町内へ入る旧道の橋を渡ると、橋桁にゴミ等が引っ掛かっており、そおいえば7月に大洪水が有ったのを思い出しました。

 渡ってきた欄干の所にもゴミが掛かっていたので、この橋の上まで川水が溢れたのでしょぅ。

  自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、目次へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、次へ    遍照の響きホームヘ 
    九州西国33観音霊場記    

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無