HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 18 竹 楽


  自転車で巡った九州西国33観音霊場記  九州西国 竹田町 竹楽  遍照の響き
            九州西国三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2012.11.16     掲載日  2014.2.4 


竹田の「竹楽祭り」

竹田駅

 実は前日に「竹田駅」前の駐車場で車泊したのですが、その時に「明日から3日間「竹楽祭り」が有るので、駅駐車場には明日からは止められない」と言われました。竹田・竹楽祭り、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 
「自転車で旅行しながら阿蘇へ向かっており、その中継地として、どおしても竹田に車を置く必要が有る。」と事情を話して、他に車を置く場所がないかを尋ねると、親身になって相談にのってくれます。

 
「明日は、4時からイベントが始まるので、それまでならば何とか置けるのだが・・」

 
「翌日は汽車に乗る予定だ」と言うと「列車利用者・・」と言うことで、月極の駅駐車場に融通を利かせて置かせてもらうことができ・・・ありがとうございました。

竹楽祭り

 その時は「竹楽祭り」なんて有る事は知らなく、偶然にも祭り前日に「竹田」に車中泊したのです。竹田・竹楽祭り・滝廉太郎記念館、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 その後、食事をしに町に出て、店でパンを買った時に、店のアンチャンに明日の「竹楽祭り」のことを尋ねると

 
「夕暮れから3時間しか蝋燭が持たないので、消えたら、それでおしまい。
 観光バスも1時間ほど見たら、すぐに出発する位に盛況だ。

 今は閑散としているが、明日からは屋台が一杯出る。竹田・竹楽祭り・蓮太郎トンネル、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 毎年、土曜日は雨が土砂降りになるジンクスがあり、これは市長が悪いからだというウワサがある。(^O^)」

 
「そか・・市長が悪いヤツなのか・・(^O^)ダハハハ・・・」
 
「ウワサだけどね。(^_-)ヘヘッヘッヘッ・・・」

 冗談だと思いますが、なかなか面白いアンチャンでした。

隠れキリシタン洞窟礼拝所

 竹田・竹楽祭り・キリシタン洞窟礼拝所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記   キリシタン洞窟礼拝堂   竹田・竹楽祭り・キリシタン洞窟礼拝所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 「岡城」を見物した後、「竹田」市街地へ入り「隠れキリシタン洞窟礼拝堂」へ行ってみると、「竹楽祭り」の準備をしており通路に竹を設置してます。竹田・竹楽祭り・キリシタン洞窟礼拝所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 作業していた人に聞くと、

 
「キリシタン礼拝堂は、最近までは中に入れたが、今は入れなく、下の二つの穴が出入りする穴のようだ。

竹田・竹楽祭り・キリシタン洞窟礼拝所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記竹田・竹楽祭り・キリシタン洞窟礼拝所、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 横の崩れかかった大きい穴は、神父が住んでいた居住跡だ。

 今でこそ礼拝堂や洞窟がハッキリとわかるが、当時は竹が鬱蒼と茂っていてわかりにくかったらしい。

 近くに武家屋敷もあり、当主もキリシタンだったので、お目こぼしをしてたのだろう。

 この場所の灯りを見る時間は、5時半頃のうっすらと暗くなる頃が良い。

 竹を設置するよりも、中のロウソクに火を点ける方がタイヘンだ。」
と説明してくれました。

  竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記    竹田町 竹楽    竹田町 竹楽

竹楽

 一度、駅前に置いてある車まで戻り、「竹楽」を見物するため早めに夕飯を食べました。

 夕暮れでまだ明るいですが、蝋燭に火が灯ってます。

 キリシタン礼拝堂へ行ってみると、竹に十字の飾りが入ってる竹にも火が灯って、当たり前だけれど十字架模様が見えます。

 竹田町 竹楽   竹田町 竹楽   竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 ウロついてると暗くなり、デジカメで撮りましたが、フラッシュでは面白味が無く、フラッシュ無しにすると手ブレが起きます。
竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 何かに固定して写せば良いのだが、こおいう場合は三脚が必要ですねぇ。

 武家屋敷通りを歩いてると、家の中から三味線が聞こえて来ました。竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 ええですなぁ・・何の曲か知りまへんが、シンミリとして情緒が有ります。

 これで琴や尺八も、どこかの家から漏れ聞こえて来ると、もっと良いのだが・・・

広瀬神社

 広瀬神社前には、ギッシリと人が座っており、撮影に良い場所には三脚を置いて長時間ネバッてるのが居たので、わざと「あの三脚がなければ良いのに、邪魔だなあ」とボソッと言ったら、聞こえたらしく側に立っていた持ち主が座ったので思わず笑った。

 あっ・・いや・・座るのも良いが、使わない時くらいは三脚をしまえよ。(^O^)

       竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記      竹田町 竹楽

 一回りして、だいたい要所は見れましたが時間が有り、たぶんもう二度と見る機会は無いだろおと思ったので、もう一度グルグルと町中を回りました。

 昨日聞いた、バスで1時間ほど見て、サッサッと帰って行くという意味がわかりました。

 それ位の時間で、ゆっくり竹田市内を一回りできます。

 竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記 竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記 竹田・竹楽祭り・自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、目次へ  自転車で巡った九州西国33観音霊場記次へ      遍照の響きホームヘ
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無