HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 19 滝室坂


    自転車で巡った九州西国33観音霊場記    九州西国 阿蘇 滝室坂    遍照の響き 
               九州西国三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2012.11.18      掲載日  2014.2.6


恐怖の滝室坂

滝室坂について

 自転車を漕いで九州西国33観音霊場巡りの計画当初から、最大の通行困難場所と思っていたのが、この「竹田」〜「阿蘇」区間。

 なんせ、この区間は全て緩やかな上がり坂と、最後には恐怖のカーブ連続下り急坂「滝室坂」のクライマックスが有ります。

 前日、「阿蘇」へ車を置きに行った際に「滝室坂」を通ってみましたが、そのオトロシイこと・・・

 車はバンバンとスピード出して通るわ・・
 歩道は無いわ・・
 急坂だわ・・
 S字どころか、Uカーブの連続だわ・・

 長い緩やかな上がり坂もキツイかもしれんが、それ以上にこの「滝室坂」を無事に下れるかと心配し、遺書が必要じゃないかと思うほどでした。

 別ルートで阿蘇へ行けないかとルートを検討したが、他のルートは上がり坂が厳しそうなので、どうしてもこの国道ルートが一番安全策のように思えます。竹田駅

バス代行

 今年の豪雨で鉄道も被害を受け不通となり、「宮地」〜「竹田」間はバス代行運転になってます。

 道の駅「阿蘇」に車中泊して、「宮地」駅からバスに乗るのはσ(*_*)らだけかと思ったら、2人ばかり乗り込んで来て、1時間ほどかかって竹田駅に8時に着きました。竹田市より、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 8時半に駅を出発・・竹田市街を出た所から、もう押し歩き。

 それからは自転車の1速で自転車に乗ったり、押し歩いたり・・

戸上自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 「戸上」のバス停に石碑が有り、停留所横には「火伏せ地蔵さん」が有りました。

 由緒書きを読むと、昔はこの付近は水の便が良くなかったよおで、火事になったら全村丸焼けの被害だったらしい。

 近くに「七ツ森古墳群」の看板が有ったが、寄りませんでした。自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 どちらかというと「戸上」までは押し歩きが多く、その後は少し坂が緩くなり、途中でタヌキが車に轢かれて死んでいました。

 ここら付近は、ノドカで広大な畑が広がっており、そりゃあぁ・・タヌキも住んでるでっしゃろなぁ。

  「戸上」バス停、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 七ツ森古墳群、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 自転車で巡った九州西国33観音霊場記

道の駅「すごう」

 道の駅「すごう」に到着。道の駅「すごう」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 「道の駅」には、ピチピチした女子大生達が大勢ウロチョロしており、バスへ
「キャピ・キャピ・・」言いながら乗って行きます。

 あらあぁ〜・・もおちょっと、早く着けば良かったなぁ・・と越後屋に言うと、ソッポ向かれた。

 ところで、バスから降りてトイレに入ってたオバハンが、駐車場へ戻ってみると荷物を乗せたままバスが出発しちまって置いていかれたらしい。自転車で巡った九州西国33観音霊場記
 「道の駅」の人が携帯でどこかへ電話していたが、その後オバハンがどうなったか、わからん。

 バスも人数確認をしてから、出発しなかったんじゃろか?
 そんな光景を見ながら、30分ほど休んで出発。

 朝の気温は2度だったが、今は8度に上がってます。

 再び自転車に乗ったり、押し歩いたり・・さすがに足が疲れた。

豊後街道

 途中の横道に「豊後街道(殿様街道)」の標識がありました。

 これを書いてる時に豊後街道の事を調べてみると、熊本〜大分まで街道が有って歩けるよおですねぇ。豊後街道 殿様街道

 住んでる所の近くだったら、石畳も残って歴史も有るようなので歩いてみたい街道のだと思うが、なんせ九州まで来るのは遠いからなぁ。

 道の駅「なみの」には12時頃着き、まずまずのペースである。

 昼飯を食べて出発し、先ほどよりも押し歩きが少なくなった。

     道の駅「なみの」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記     自転車で巡った九州西国33観音霊場記

滝室坂

 大きなカープから阿蘇山が、いきなり見え・・阿蘇 滝室坂
 あらっ?!・・頂上に着いちゃったの?・・という感じです。

 ここからが恐怖の「滝室坂」の始まりで、高低差200m、距離約3kmの連続カーブです。

 自転車の両ブレーキをかけながら、ゆっくり下りました。

 うっかりスピード出して加速しちまったら、急カーブを曲がりきれず転倒するかもしれんので、ここは慎重に・・・

 車が後ろから来てσ(*_*)達の自転車を追い越したいのだが、カーブと道幅の関係で追い越せなく、途中に広い場所等が有れば、追い越させるのですが、そんなのは有りません。阿蘇 滝室坂

 そのため道端に自転車を寄せて止まり、車を先に行かせました。

 自転車に乗ってる側にしても、いつ後ろから車に轢き倒されるかと心配ですからなぁ。

 それでも思ったほど交通量が無く、途中、風景写真を取る余裕がありました。(一番上の写真)

 こんな所で写真を撮れるのは、自転車か歩きでないとダメだろなあ。

 無事に麓まで着き、宮地駅まで来ました。
 あぁ〜・・オトロシかった・・・

 しっかしぃ・・逆方向から自転車で、この滝室坂を上るのは、キツイでっしゃろなぁ。

 阿蘇 滝室坂  阿蘇 滝室坂  阿蘇 滝室坂

 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記目次へ  自転車で巡った九州西国33観音霊場記次へ    遍照の響きホームヘ 
    九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無