HOMEへ > 「九州西国33観音霊場」目次 > 23 夜神楽


   自転車で巡った九州西国33観音霊場記    高千穂 夜神楽    遍照の響き
          九州西国三十三観音霊場 地図 
    巡礼日  2012.11.19     掲載日  2014.2.11 


高千穂神社の夜神楽

道の駅「高千穂」道の駅 高千穂

 高千穂の「道の駅」へ行き、情報センターで高千穂のガイドマップをゲット。

 ついでに日帰り温泉の場所を聞き、「道の駅」の売店では3時半から弁当が半額になるという、耳寄りな情報もゲット。!(^^)!

 さらに近くの「高千穂神社」では、毎晩8時から夜神楽があり、7時半より受付開始という情報もゲット。道の駅「高千穂」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 そんな夜神楽をやってたのは知らなく、せっかくだから、どんな神楽が、ぜひ見てもなくっちゃあぁ。

 と・・情報センターでは、情報を一杯ゲットする事ができ、ありがとさんでした。

 売店には細かい模様の「切り紙」が貼ってあり、ここら辺の風習なのでしょうか。

 まずは教えてもらった半額の弁当を買い求め、「日帰り温泉」へ行って一風呂浴びた時、越後屋が言うには
「夜神楽は毎晩、満席になるので早く行った方が良い」と地元の人が教えてくれたらしい。道の駅「高千穂」、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 へぇぇぇ・・失礼ながら、せいぜい「高千穂峡」程度しか観光資源が無いような山の中だから、観光客は少ないと思ってたんだが・・・・

高千穂神社

座席取り

 半信半疑で「高千穂神社」へ行くと、マイクロバスからゾロゾロと客が下りて来ます。
 あらららららっ・・・情報は本当だったんだ。

 急いで入場券を買い求め、7時半受付なのに、もう部屋の1/3ほど埋まってました。

 高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記 先程のマイクロバスから下りた客と、先陣争いをしながら前に座りました。

 しかし、二列ほど前に座っているハゲ頭のジジイがジャマになり、果たして見れるかなぁ。

 いっその事、窓際へ移動して立って見た方が全体が見れるかもしれんと思ったが、そう思っているうちに部屋が満席になっちまった。

夜神楽

 時間になり「神楽」なのだから、やはり神主の祝詞とお祓いが先に有ります。

 始めに「手力雄命」が、天照大神が隠れている「天の岩戸」を探す「手力雄の舞」が有り、高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記次に「ウズメ命」の舞。

 次いで手力雄命が再び表れましたが、最初の面と違って天狗のような赤い顔をしてます。

 「天の岩戸」を閉ざす岩を持ち上げた時には拍手が湧き、岩が1枚だけかと思ったましたが、2枚の岩を持ち上げたので、「天の岩戸」は2枚有ったの?。

御神躰の舞

 最後に「御神躰の舞(国産みの舞)」が有り、イザナギイザナミの2神が酒を作って仲良くする」・・とチラシに書いてある。

 
「イザナギ「イザナミ」の2神が桶やら何かを持って表れて作業風の舞をしたが、これが酒作りを表しているらしい。

 高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記  高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 そのうち
「イザナギ「イザナミ」の肩を揉んであげ・・・その手が・・やがて胸に・・

 その瞬間、
「イザナミ」が「なに、すんねん!!」とばかりに、その手を払い退けて、張り倒し・・観客はドッと笑います。

 神楽と言うよりは、コッケイバージョンの笑いで盛り上がり、
「イザナギ」が舞台上から投げキッスしたり、手を振ったりして大衆演芸(行った事が無いけど・・・)のような感じです。高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 そのうち
「イザナギ」が酒に酔っぱらった感じで客席に下りて来て、オバハンと握手してましたが、そのうちオバハンを抱擁し始めたりしたので・・・

 おっ・・・!!、それから会場内で、くんづ・ほぐれつの大乱交パーティが始まるんか?!・・ワクワク・ドキドキ・・!!。

 なんつうても「国産みの舞」「夫婦円満を象徴している」とチラシに書いて有るもんだから、すっかりその「夫婦円満」の単語に期待しちまい、ワクワクしていたが・・さすがに押し倒して、ヤヤコシイ事まではしなかった。

 残念じゃったのおぅ・・・・(^O^)ワハハハハハ・・・高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 しかし、ええなぁ・・σ(*_*)も、その役をやらせてくれんかなぁ。
 普通の時に、そんな事したらドツカレて新聞に出るじゃろなぁ。

 
「イザナミ」も客席へ下りて、オジンと握手したり抱きついたりして、さすがに男神・女神は、それぞれ相手する人を使い分けてます。

 隣のオバハン達4〜5人が、声をそろえて
「イッザナギち〜ゃあぁ〜ん〜・・」と呼びかけました。
 おっ!!・・・オヌシ達、場慣れしとるのぅ。(^O^)高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 呼びかけられると、
イザナギちゃんが近寄って来ると、オバハン達が「キャアァ〜・・」と歓声を上げて群がって握手を求めます。

 どちらかと言うとオバハン達の方が雰囲気に載って喜んでおり、オジサン達の方はオトナシかった。

 オジサン達にしてみれば、永年つちかった知性と教養、メンツ・威厳などがジャマしちまい、恥ずかしくてオバハン達のように、素直に本能のおもむくままの行動出来んのか、それとも相手がストリップ劇場のように若い娘でないためか・・・(^O^)。高千穂神社・夜神楽、自転車で巡った九州西国33観音霊場記

 会場は笑いの渦で一体となり、けっこう面白く、久々に笑える物を見ました。

 この「夜神楽」は絶対に一見の価値が有り、お勧めします。(^O^)

 後で越後屋が言うには、抱き付いたりした人には、その場で、そぉ〜っとアメ玉?1個を渡していたらしい。
 自転車で巡った九州西国33観音霊場記、前へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記目次へ 自転車で巡った九州西国33観音霊場記次へ     遍照の響きホームヘ
     九州西国33観音霊場記

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無