HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 1 いでは


 「庄内33観音霊場」紀行文    羽黒山、「庄内33観音霊場」紀行文      遍照の響き
              庄内三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2013.6.30   掲載日  2014.8.2


羽黒山と「いでは文化記念館」

いでは文化記念館

 庄内霊場巡りの最初は、半日程度の行程である羽黒山から始めました。羽黒山・大鳥居、「庄内33観音霊場」紀行文

 羽黒山へ向かう途中に、大きな鳥居が有り・・おぉぉ・・さすが羽黒山!!。

 先ずは羽黒山入口にある「いでは文化記念館」に入りました。羽黒山・いでは文化記念館、「庄内33観音霊場」紀行文

 ここは羽黒山に関しての事前知識を入れておくのに良いと、ネットに書いてあったもんでして・・。

 入口には山伏の木像が立って印を結んでおり、おぉぉ・・さすが羽黒山!!羽黒山・いでは文化記念館・山伏、「庄内33観音霊場」紀行文

 ちなみに「いでは」と言うのは「出羽」の事らしいです。

法螺貝

 施設内へ入ると、法螺貝が置いてあります。

 吹き方の説明を読めば金管楽器のラッパと同じ吹き方ですが、ただマウスピース部分?を、口の正面ではなく横に当てると書いてあります。

 なんでラッパのように、正面にマウスピース部分を当てたらアカンのじゃろうか?・・だれか知ってたら教えてね。羽黒山・いでは文化記念館・法螺貝、「庄内33観音霊場」紀行文

 しからば、美少年の頃にブラバンでトロンボーンを吹いてたので、さっそく試してみると、すぐに音が出せて、低音・高音も自由に出せました。

 「雀百まで踊りを忘れず」と言うが、40数年経過しても音出しのコツは忘れまへんなぁ。

 こんだけ吹けるのだから、臨時日雇いで山伏に雇ってくれんかなぁ。(^O^)羽黒山・いでは文化記念館・法螺貝を吹く、「庄内33観音霊場」紀行文

 ブラバン等で金管楽器をやってた人ならば、吹き方が同じなので、すぐに音が出せると思います。

 「室内撮影禁止」となっていたので、受付のオバハンに
「法螺貝を吹いてる写真を撮りたいが良いか?」とわざわざ聞きに行くと、それはカマワンかった。

 
「上手に音が出てましたねぇ。」とお褒めの言葉を頂いた後、「施設内を案内する無料ガイドが居るが、どうしますか?」と言うので、お願いしました。

施設案内

 ワラ縄で作った大きな芋虫のようなのが有り、「ツツガムシ」を象っているそうで、「松例祭」という年末の祭りでは、この芋虫・・あっ・・いや違う「ツツガムシ」を、やっつけるのだそうな。羽黒山・八坂神社・「松例祭」の引き綱、「庄内33観音霊場」紀行文

 で・・その「ツツガムシ」を引っ張る綱を、参加した家の入口に飾り、魔除けとか招福になってるらしく、そお言えば来る時に綱が飾ってある家が有りました。

 山伏の衣装も飾ってあり、山伏の袈裟(と言うか数珠のような物)にも神式と仏式の両方があるらしく初めて知った。

 写真が撮れれば良いのだが、残念だなぁ。

 でも初めて羽黒山へ来る人は、この施設見学はお勧めの場所だと思います。羽黒山・八坂神社、「庄内33観音霊場」紀行文

 羽黒山へ行く途中に茅葺きの「八坂神社」が有り、そこに「松例祭」の引き綱が飾ってありました。

 それにしても綱と共に飾ってある黒い物は何じゃろ?
 芋虫・・あっ・・違った・・「ツツガムシ」の髪の毛じゃろか?

羽黒山へ

隋神門

 羽黒山へ行く鳥居を潜り「随神門」の前には、「天拝石」が置いてありますが、どおいう役割をした石なのか、わからん。

 羽黒山・隋神門、「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山・天拝石、「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山・隋神門の賽銭箱、「庄内33観音霊場」紀行文

 「随神門」入口の真ん中に、箱が置いてあります。羽黒山・綱子坂、「庄内33観音霊場」紀行文

 何でこんな所にゴミ箱が有るんじゃ?・・・と思ったら、人の形に切った小さい紙に、何か書いてあり小銭も入ってました。

 おぉぉ・・さすが羽黒山!!・・賽銭箱も他の所と違いまんなぁ・・珍しいから写真撮っとこ・・。

継子坂

 「随神門」からは階段を下ります。羽黒山・綱子坂、「庄内33観音霊場」紀行文

 普通は階段を上がる所が多いと思うが、さすが羽黒山・・他と違って、ここでは下ります。

 この坂を「継子坂」と言うらしく、けっこう長い距離で、ジジ・ババは息切れするじゃろなぁ。

 祓川の神橋を渡ると「須賀の滝」が有ったが、水不足のためか水は落ちてなかった。

 羽黒山、「庄内33観音霊場」紀行文    羽黒山・祓川神橋、「庄内33観音霊場」紀行文    羽黒山・須賀の滝、「庄内33観音霊場」紀行文

  「庄内33観音霊場」紀行文、目次   「庄内33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
   「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無