HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 4 荒澤寺


 「庄内33観音霊場」紀行文    羽黒山・荒澤寺、「庄内33観音霊場」紀行文     遍照の響き
            庄内三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2013.6.30   掲載日  2014.8.15


月山の登山口「荒澤寺」

「荒澤寺」

       羽黒山・「奥の細道」歩道、「庄内33観音霊場」紀行文            羽黒山・「奥の細道」歩道、「庄内33観音霊場」紀行文

 吹越神社より、道の真ん中に石が置いてある「奥の細道」歩道を行き、車道に出たと思ったその正面が「庄内33観音霊場・首番」荒澤寺でした。

 羽黒山「三神合祭殿」から荒澤寺まで30分ほどかかりました。

 車道を横切り、小さい石橋を渡って古風な山門を潜ってみると「荒澤寺」は
小さい堂でした。

 羽黒山・荒澤寺・入口、「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山・荒澤寺・山門、「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山・荒澤寺・山門の看板、「庄内33観音霊場」紀行文

首番羽黒山・荒澤寺、「庄内33観音霊場」紀行文

 「庄内三十三観音霊場」の「首番」となっており、特別の番号だったので、さぞかし大きい寺かと思ってたのだが・・・

 それにしても「首番」という呼称は、今まで聞いた事が無く、「庄内33観音霊場」の1番は別に有ります。羽黒山・荒澤寺・彫刻、「庄内33観音霊場」紀行文

 堂の彫刻は鳳凰を白く塗って飾ってあり、朱色に塗った堂の色に彫刻は良く目立ちます。

 そお言えば「三神合祭殿」の建物も朱色で龍等の彫刻も白く塗ってありましたが、これは「羽黒山」独特なのじゃろか?羽黒山・荒澤寺・境内、「庄内33観音霊場」紀行文

月山

 境内には「是より女人きんせい」の大きな石碑が立っており、この付近から月山に上る登山道が有るらしい。

 ホンマは越後屋が
「死ぬまでに月山へ、どうしても・こおしても行ってみたい」と、ワガママ言ってダダをこねたので「庄内三十三観音霊場」巡りを計画したのです。羽黒山・荒澤寺・女人禁制碑、「庄内33観音霊場」紀行文

 でもって、ついでに月山も・・と思ったのですが、ネットで調べてみると、月山は6月でも残雪が有り登山不可能とわかりました。

 月山の登山可能な時期は7・8月でないと無理らしく、越後屋を説得して月山登山はヤンピ。

 その代わり、翌日より「六十里越え」で「湯殿山」を目指す事にしています。羽黒山・荒澤寺・尺八、「庄内33観音霊場」紀行文

帰り道

 「荒澤寺」を参拝し終わり、車道を下りて行くと「祓川」に架かる「向前橋」は朱色に塗ってあり、おぉぉ・・さすが羽黒山!!。

 橋を渡った分かれ道から、車を置いてある「いでは文化記念館」までの道程は、疲れのためか長く感じた。

 羽黒山・祓川・向前橋、「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山・「庄内33観音霊場」紀行文  羽黒山、「庄内33観音霊場」紀行文
  「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無