HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 5 手 向


 「庄内33観音霊場」紀行文    正善院(黄金堂)、「庄内33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             庄内三十三観音霊場 地図
        巡礼日  2013.6.30   掲載日  2014.8.18


羽黒山麓「手向」集落の札所

「手向」集落

 羽黒山麓の街並みは門前町になっており、所々の家に「引き綱」が飾ってあります。

 この門前町は「手向」と書いて「とうげ」と読むらしいが、どうしても「たむけ」と読んじゃいそう。「手向」集落・引き綱、「庄内33観音霊場」紀行文

 はい、「庄内33観音霊場」所では当然いつものように尺八「手向」を吹いて参拝しました。

 この「手向」集落に2箇所有るので、これを片付けておけば、後日の札所巡りに省略できるので車で行きました。

1番「正善院(黄金堂)」

 1番札所「聖善院」を探すと、羽黒山へ来る途中に道端に茅葺きの建物が見えたので、時間が有ったら見に来よう・・と思っていた「黄金堂」が札所でした。

 正善院(黄金堂)、「庄内33観音霊場」紀行文  正善院(黄金堂)・山門、「庄内33観音霊場」紀行文  正善院(黄金堂)・仁王、「庄内33観音霊場」紀行文

 山門には、ちゃんと仁王さんがガンバッており、小さい堂だったので、まさか仁王さんが居るとは思わんかった。

お竹大日堂

 境内に小さい堂が有り、これが観音堂かと思ったら「お竹大日堂」で、云われが書いてあります。正善院(黄金堂)・お竹大日堂、「庄内33観音霊場」紀行文

 
それによると、江戸時代に羽黒山麓出身「お竹」という人が江戸で一生懸命に働いてたそうな。

 その働きぶりや、人格が立派やら何やらかんやらで、江戸中の評判になってたそうな。

 その頃、ある山伏に夢のお告げが有り
 「あんさんの信心に応えて、生身の大日如来を拝ませてやろう。正善院(黄金堂)・石仏、「庄内33観音霊場」紀行文

 江戸の何とかという家へ行き、そこの「お竹」を拝め、大日如来の御化身である。

 あっ・・・ちなみに言っとくが、オマエのとこの、ゴーツクババアを拝んでもアカンぞ。
 あれは、どうしょうも無いヤツだから、そこんとこを間違えんようにね。」
と言われて拝みに行ったそうな。

 山伏が「お竹さん」に会えたか、どうだったか忘れちゃった。正善院(黄金堂)・境内、「庄内33観音霊場」紀行文

 「お竹」さんが亡くなったので大日如来を彫ってもらい、これを黄金堂境内に移して「お竹大日堂」を作ったそうな。

 だいぶ話を、はし折ったが、こんな感じらしい。

本堂

 本堂は鍵が閉まっており、近くの関係者宅へ声を掛ければ開けてくれるらしいが、そこまでの信心も無く、もう夕暮れ時でその家の人も忙しいだろうと思い、その場で参拝しました。

 本堂の奉納額に女性の絵が飾ってあったが、これが「お竹さん」じゃろか?

       正善院(黄金堂)・本堂、「庄内33観音霊場」紀行文          正善院(黄金堂)・奉納額、「庄内33観音霊場」紀行文

2番「金剛樹院」

札所探し

 2番札所「金剛樹院」もこの近くだろおと思って地図で場所を探しておいたが、郵便局まで行ったがわからん。「手向」集落・民家、「庄内33観音霊場」紀行文

 その途中、入口に注連縄を張り、庭に白い御幣のようなのが飾ってある家が有り、山伏の家だろか?・・と、よそ見しちまった。

 車でゆっくり走りながら探した時に、チラッと小道の向こうに堂の屋根らしいのが見えたので、酒屋の駐車場に勝手に止め(すんまへん)、歩いて確認に行きました。

    金剛樹院・入口、「庄内33観音霊場」紀行文         金剛樹院への細い道、「庄内33観音霊場」紀行文

 狭い小路入口の電柱に「金剛樹院」と矢印が書いてあったが、よぉ〜注意しないと見落とすじゃろなぁ。

金剛樹院

 狭い道を歩いて寺へ着くと、家の中から夕食準備をしている音が聞こえます。金剛樹院、「庄内33観音霊場」紀行文

 奥の駐車場に先ほどチラッと見えた堂があり、それが観音堂かな?と思ったが堂の看板が無いのでわからん。

 新しく造った堂のようで何となく大師堂のような気がするが、看板か説明看板くらい有った方が良いと思う、初めて来た者には、わかりまへんでぇ。金剛樹院・堂、「庄内33観音霊場」紀行文

 寺の人に聞けば良いのでしょうが、どうしても観音さんの前で参拝しなくちゃアカンと言うほどの信心は有りません。

 夕食準備で寺の人も忙しいと思い、ここは黙って本堂と思われる所で参拝する事にしました。

 なんせ・・ほれ・・・σ(*_*)は気弱な性格で、いつも他人に対しては必要以上に気遣いする小心者でして・・

       金剛樹院、「庄内33観音霊場」紀行文          金剛樹院・尺八、「庄内33観音霊場」紀行文

 堂の戸が開くかな?と思ったら簡単に開いたので、遠慮して少し戸を開けて外から参拝しました。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ  「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無