HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 6 六十里越え


 「庄内33観音霊場」紀行文     あさひ月山湖展望広場「月の女神」、「庄内33観音霊場」紀行文   遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
         巡礼日  2013.7.1  掲載日  2014.8.20


「六十里越え」準備と山伏

下調べ

情報収集

 「庄内三十三観音霊場」巡りを計画するまで、「六十里越え」と言う旧街道が有るなんて知りませんでした。

 ネットで調べてみると、いくつかヒットしたので読んでみると、あんまり詳細は、よぉ〜わかりませんでしたが・・「六十里越え」地図、「庄内33観音霊場」紀行文

 1 道標は、しっかりしているらしい
 2 早い時期、5月頃だと残雪が有るらしい
 3 詳細な地図が見当たらない

地図

 そこで、「あさひ村観光協会」にメールで資料送付をお願いすると、詳細な「六十里越街道」地図(写真の地図)とパンフレットが送られて来ました。どうも、ありがとさんでした。

 実際に歩いてみた結果、街道の道標とこの地図を見ながら迷う事が無く行けました。

出発準備

田麦俣

 道の駅「月山」で車中泊しましたが、明け方近くにトラックが止まりウルサかった。道の駅「月山」、「庄内33観音霊場」紀行文

 今日の「六十里越え」到着予定地である「田麦俣」集落へ行き、「田麦俣分校」跡の写真を撮りました。

 木造校舎を趣味で巡ってる人達には、何故かあんまりこの分校は有名で無く、その存在は世間に知られてないようです。

 なんせ木造校舎のサイトも併設しているσ(*_*)でさえも「六十里越え」を調べて、初めてこの分校の存在を知ったほどでしたから・・。

 「田麦俣」集落、「庄内33観音霊場」紀行文  「田麦俣」集落・茅葺家屋、「庄内33観音霊場」紀行文  「田麦俣」集落・茅葺家屋、「庄内33観音霊場」紀行文

 この「田麦俣」は、茅葺きの家が保存されており、それを見に来る人も多いよおですが、分校の木造校舎もキレイに残ってるので、もおチット宣伝したら、その趣味の有る人達も訪れると思うのだが・・・

バスにて

 「田麦俣」バス停にはトイレも有り、時間通りにバスが来ましたが、だれも乗ってません。

 運転手のオッチャンに
「これから六十里越えをするつもりですが、出発地の「松根」付近に止まるバス停はどこでっか?」

 
「松根付近には、止まらんなぁ・・「板井川」のバス停が近いかなぁ・・・。」

 「田麦俣」バス停からは、だれも乗らないのかな?と思ったら、女子高校生が一人乗り、それだけかな・・・と思ったら、山麓付近から少しづつ乗ってきました。

 バスに乗ってる時に地図を眺めていると、昨日「東橋」を通った時に、その付近に食料品店が有ったのと、教えられたバス停からの距離が、あんまり変わらないので「東橋」付近で降りることにしました。

食料品店

オニギリ

 「興屋」でバスを降りて赤川に架かる「東橋」を渡ったT字路の所に店が有ります。

     赤川「東橋」、「庄内33観音霊場」紀行文      赤川、「庄内33観音霊場」紀行文

 食料品店に、あんまり大した物は無いじゃろお・・と失礼な事を思いながら店に入りましたが、この店で作った出来たてホヤホヤのまだ温かいオニギリが1個130円で売ってたので昼食用に買いました。スーパー「みやざき」、「庄内33観音霊場」紀行文

 このオニギリはけっこう人気の品らしく、出勤途中の人達が列を作って次々と買い求めており、店の中では一生懸命にオニギリを作ってます。

 そおだわなあ・・コンビニのオニギリよりも、中身がしっかり詰まっておりサイズも大きく、そりゃあぁ〜σ(*_*)でも買いに寄ると思う。

山伏

 まだ店内で買い物をしている越後屋を待つため、外でモクを吸ってると、持ってる笠と杖を見てジサマが話しかけて来て、ジサマは「山伏だ」と言って名刺をくれました。山伏の名刺、「庄内33観音霊場」紀行文

 名刺には「出羽三山神社 羽黒派古修験道 山伏先立」と書いてあり、おぉぉ・・羽黒山だから「羽黒派」となっているのかな?。

 名刺の柄模様が、羽黒山で見た山伏が着ていた物と同じ色の「市松模様」だったので、
「この柄模様は羽黒山の山伏独特のものなのでっか?」と聞くと「そおだ。羽黒山系は、この模様を使う。」と言います。

 ふうむぅ・・知らんかった・・一つオリコウになった。山伏の獅子模様「庄内33観音霊場」紀行文

 白衣を着て背中に獅子が描いてあったので、話しかけられる前は、そのスジのヤーさんかと思ってましたが、山伏とわかったので写真を撮らせてもらい、この獅子柄も羽黒山独特の物だそうな。

 羽黒山系の山伏について、こおいう事をアンサン知ってましたか?。
 あっ・・知ってましたか・・すみません。
 σ(*_*)だけ知らなかったのね・・シクシク(T_T)・・・。

 ジサマと別れ、テクテク・・と「松根」に向かって歩いてると、ジサマの車が追い越し際に軽く警笛を鳴らして行きました。

 六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え「稲荷神社」、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
  「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無