HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 7 松 根


 「庄内33観音霊場」紀行文     六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   遍照の響き
             庄内三十三観音霊場 地図
         巡礼日  2013.7.1   掲載日  2014.8.23


縁結びの眺望

八幡神社

 テクテク・・と1kmほど歩いて「八幡神社」に着いたので、日陰の所で一休み。

 八幡神社・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  八幡神社付近の「六十里越え」標識と案内図、「庄内33観音霊場」紀行文  八幡神社付近、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
 この神社は「六十里越え」出発地として良くネットに出ており、鳥居脇の農道のような所に「六十里越え」の付近概要案内地図と道標標識が有ります。

 以後、歩く道筋の主要箇所や分かれ道には、その都度設置されており、こおいう配慮はなかなか親切で、特に案内地図は現在地がわかり助かります。

越中堰と庚申塔

 小さい用水路が有り「越中堰」と言うらしく、堰を渡って庚申塔までは、すんなり行けました。越中堰・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 庚申塔の土手を上がった所が休耕田になっており、その周囲の畦道は草が刈ってあり、それは良いんですが・・休耕田を囲んだ畦道をどの方向へ行けばわからんのです。

 頼りの道標が有れば良いのですが探しても無く、この「六十里越え」で唯一迷った箇所です。庚申塔より、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 地図をジックリ見直して畦道をウロウロし、どちらの畦道も山の方へ行くようですが、越後屋に左の畦道を斥候偵察させ、σ(*_*)は右の畦道を偵察しました。

 越後屋から「こっちの道のようだ。」との報告を受けたので、休耕田を突破して真っ直ぐな砂利道へ出ると、舗装道路になった付近に案内地図と幟が有りました。

 六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

愛のささやき

 幅広の道をテクテク・・・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 途中に「縁結びの眺望」看板が有り、横道へ外れるようになってます。

 よっしゃあぁ・・若いネーチャンと新しい出会いの縁が有るかもしれん。

 何がなんでも是非とも縁を結びたい・・ただし越後屋にバレんように・・とワクワク・ドキドキしながら喜んで坂道を上がりました。「縁結びの眺望」へ・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 頂上付近に入口看板と同じ「縁結びの眺望」看板が立っており、そこからは確かに庄内平野が展望出来ます。

 しっかしなぁ・・展望が出来るだけで、題名のような「愛をささやく」ような場所・雰囲気では無いなぁ。

 越後屋なんか、愛のササヤキどころか
「坂道がキツイ・・・暑い・・」と言ってモンク垂れてます。

 ここで庄内平野を眺めながら、見え透いたシラジラしいウソの愛をささやき・・、薄暗い雰囲気をネタに、イケナイ事やらヤヤコシイ事をして「縁」を結ぼうと思っても、なんせ周りが明るく開かれ過ぎてるので雰囲気的に無理のような気がする。「縁結びの眺望」・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 もおチット隠れるような場所とか、他人から見つからないような場所も作っておかなくっちゃぁ。

 どちらかと言うと「男女交際は、清く正しく・明るく健全に・・」的な場所かもしれん。

 電線の点検路を利用したらしく、元の道に戻ると一人のトッツアンが上って来たので挨拶すると「田麦俣」まで行くと言い、足が早いよおなので先に行ってもらいました。

 一休み・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文    六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文    追分石・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
  「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無