HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 8 十王峠


 「庄内33観音霊場」紀行文    十王峠・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2013.7.1     掲載日  2014.8.26


十王峠の「白い幟」

「田の頭林道」の標識

 山道をテクテクテ・・・

 六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  「田の頭林道」・六十里越え「庄内33観音霊場」紀行文

 やがて沢沿いの道になったと思ったら「田の頭林道」に出て、橋を渡った日陰で一休み。「田の頭林道」一休み・六十里越え「庄内33観音霊場」紀行文

 休んでると越後屋が
「そこの道(沢沿いに有る細い道)を行くんだね。」

 
「えっ?・・何で?・・この林道を、そのまま行くんじゃないの?」
 
「だってそこに標識が有るもん。」「田の頭林道」・六十里越え「庄内33観音霊場」紀行文

 言われて見ると、おぉぉ・・すぐ目の前に標識が有り、これを見落とすとエライ事になる所だった。

 標識の色が茶色で、周囲の風景に溶け込んでるのと、橋を渡った少し奥まった横に設置されてたので見つけれなかった。

 せめて橋を渡った正面位置付近に設置されてたら見落さなかったかもしれん。六十里越え「庄内33観音霊場」紀行文

 まぁ・・こおいう感想を言うのは、トシを取って最近ボォッ〜・・としながら歩いてるからじゃろなぁ。

 良かったなぁ・・・越後屋が居て・・・ありがとね。

十王峠

木杭階段

 六十里越え「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 山道をしばらく行くと、木杭の階段が有り、それを上がった所に「十王峠」の案内図があり、木杭階段の所で一休み(一番上の写真)。十王峠への上り階段・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 出発して車道に出た所の正面にも、木杭の階段が有ります。

地蔵

 つい先程まで木杭の階段を上がって来たので、続いてそれを上がるのかな?と思ったら標識も無く、キョロキョロ見渡すと、車道に大きな地蔵さんが見えたので、そっちの方じゃろなぁ。

 地蔵さんに赤い大きな布が巻いてあり、なんとなく笑える。

      十王峠・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文          十王峠の地蔵・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
 地図を見ると地蔵さんの近くに有る「木階段」を行くようになっており、地蔵さんが立ってる付近に階段が有るのかと思って探したが無い。

「六十里越え」の白い幟

 車道を見ると、ガードレールに白い幟が立ってます。

 ん?・・何で自販機の幟がこんな所に有るんかな?・・と思ったら、そこが「木階段」の下り口を示す「六十里越え」の幟でした。十王峠の下り口と幟・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 落ち着いて、どの木杭の階段かを、よぉ〜見ないと間違えるかもしれまへんでぇ。(^O^)

 車道をショートカットし、再び車道に出ると、すぐ近くにやっぱり幟が立っており、そこが下り口です。

 白い幟は新しく、よぉ〜目立つのでスグレモンだと思い、この先「六十里越え」要所にも立っていました。

 「六十里越え」地図や案内等には、この白い幟の事が記載されていないので、掲載した方が初めて歩く人には分かり易いと思う。

 十王峠より・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文      十王峠・車道をショートカット・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文      六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
   「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無