HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 9 注連寺


 「庄内33観音霊場」紀行文    注連寺・手すり、「庄内33観音霊場」紀行文   遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2013.7.1     掲載日  2014.8.29


注連寺の天井絵

イタヤ清水

 山道を行くと先に行ってた越後屋が山際の所で何かしており、近寄ってみると「イタヤ清水」と書いた説明看板が有ります。イタヤ清水、六十里越え

 それによると「イタヤ清水」の云われは、近くに「イタヤ」の木が有るからとか、冷たい水なので飲むと歯にしみて痛いからだとかの説が有るそうな。

 清水の前に有る石地蔵に、水を6回ぶっかけてから飲むのが作法だと書いてあったので、一生懸命に数を間違わんように数えながら水をぶっかけて飲んでみると、おぉぉぉ!!・・もんのすごく冷たい清水です。イタヤ清水、六十里越え

 こりゃあぁ〜・・確かに虫歯が有る人は、歯にしみて痛くなるかもしれんなぁ。

 水源を見ると近くの土の中から出てますが、そもそも「イタヤ」という木が、どんなのかわからん。

 どこかに「この木がイタだ・・」と表札でも付けておいてくれれば良いのだが・・

新山神社

 六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文    六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文    六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 山道は、やがてタンボの有る所へ出て、草の刈ってある道を行くと神社の境内に出ました。

 「新山神社」と書いてあるが、破れた緑のネットが掛けてあり、何かあんまり優遇されてなく寂れた感じの神社です。新山神社・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 道を下りて注連寺が見える所で、先程の「新山神社」へ上がる階段が有った。

 なあぁ〜んだ・・それならそうと書いておいてくれれば、神社境内へ行った時に、そのまま階段を下りて来たのにぃ・・・おっちゃん遠回りしちゃったでぇ。

31番「注連寺」

注連寺にて

 「六十里越え」の途中には「庄内33観音霊場」の31番札所「注連寺」が有ります。

 注連寺・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   注連寺・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   注連寺・手すり彫刻、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 思ったよりも大きい寺で、堂へ上がる階段手摺りにまで、大きな彫刻がしてあります。

 あんまりこおいう所まで彫刻してあるのは見た事が無く、扉にも彫刻がしてあり、かなりの勢力を持ってたのでしょう。

 堂内で昼飯にしようと思って入口受付のオバハンに
「堂内で昼食を食べて良いですか?」と聞くと、即座に「ダメです。入場料は500円です。」と言われちゃった。注連寺・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 寺の仏さんなんか、金を払ってまで見たいとは思わんのだがなぁ・・。

 ただ腹が減ったから日陰の所で飯を食べたく、できれば屋根の下で・・と思っただけなんだけど・・・。

 オバハンの「どうするの?・・」というような顔されて待ってるので、仕方なく行きがかり上、入場料を払って入りました。

即身仏

 係のオバハンが説明するには、本尊や即身仏の撮影はダメだが、天井の絵は撮っても良いらしい。注連寺・天井絵「龍」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 おぉぉ・・そお言えば、この「注連寺」は即身仏が有るとかいう寺だったなぁ、でも柵神仏の説明や本尊さんの説明なんか、どおでも良かった。

 即身仏さんだって、まさか死後、こんな風に人目に曝されて見世物にされるとは思ってなかっただろおしぃ、きっとイヤじゃなぁ・・と思いながら座ってるのだと思う。

天井絵

 天井絵の説明が始まり、合掌した大きい絵が飾ってありました。注連寺・天井絵「合掌」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 その時は気が付きませんでしたが、これを書いてる時に写真を見ると鉛筆画の書き方に、もんのすごく似てると思いました。(掲載の写真は、小さくしてあるので、わからないかもしれません)

 実はσ(*_*)はこんな顔してますが、チビッと鉛筆画を描いてた事が有り、前職時代に絵葉書きを作ってイベントの時にタダで配った事が有るんです。注連寺・天井絵「飛天の図」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 で・・ネットで調べてみると「木下晋」という人の作品で、やっぱり鉛筆画が専門のようで、経歴を見るとσ(*_*)と同じ富山県出身、しかも同じような年代の人のよおですが、小さい頃から、かなり苦労されて来た人のよおです。

 天女さんの絵は、片方から見ると天女の飾りが光って見えるが、他の場所から見ると光らないと説明が有り、場所を変えて見るとホンマだった・・・芸がコマカイでんなぁ。(^O^)注連寺・天井絵「白馬交換の図」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 二頭の白馬の絵は、玄関方向から見ると荒々しく、奥から見ると優しい感じがするとの説明で、これもホンマかと疑いながら場所を変えて見ると、そお思えば・・そう思える。注連寺・「鷲」と書いてある掛け軸、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 ネットで調べると注連寺は即身仏さんと、この天井絵がウリのよおで、σ(*_*)にすれば即身仏さんは、どおでも良かったが、天井絵は一見の価値があるかもしれない。

 ここの天井絵はけっこう有名なよおで、これを見るだけの目的で来る人も多いらしく、そんな事も知らずに来たのはσ(*_*)ぐらいの者でしょう。

 床の間に飾ってある書は、読めなかったが「鷲」と書いてあるそうだ。

尺八参拝

 説明が終わり「庄内33観音霊場」の観音さんは何処かと聞くと、即身仏さんの横に有り、そんなに古くないと思われる仏像です。注連寺・納札、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 尺八参拝の了解をもらい、観音さんの前で「手向」、せっかく来たのだから本尊さんの前で「阿字観」を吹きました。

 σ(*_*)らと一緒に説明を聞いていたオバハンと娘の二人連れが、後ろに座って聞いており、終わるとオバハンが会釈しました。注連寺・奉納額、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 越後屋が言うには、尺八を吹き始めたら、住職が何事が始まったのかと庫裡からドタドタッと走り出てきて、しばらく見ていたそうな。

 たぶん、何が始まったんじゃろぉ・・と思って、あわてて来たのでしょうなぁ。

昼食注連寺よりの眺め・六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 堂内で食べたらアカンと言われてるので、堂の外に出て回廊の日陰で昼飯にしました。

 食べ終わって、そのまま座っていると疲れているので眠くなって来た。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無