HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 10 大日坊


 「庄内33観音霊場」紀行文    大日坊、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2013.7.1  掲載日  2014.8.31


大日坊の風神・雷神

注連寺から大日坊へ向かって

昆虫採集

 「注連寺」を出発すると、ジサマが昆虫網を振り回しており、学者さんか昆虫採集の趣味人かな?六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 前職時代に蝶の標本を作るのが趣味の人が居て、それこそ専用の桐のタンスまで作って集めてた人が居ました。

 ああいう趣味の人は、飛んでる蝶を見ただけで名前まで、わかるんですねぇ。

折れてた道標

 車道をテクテク歩き、地図には稲荷峠に「青面金剛童子」が奉ってある石段が途中に有るはずだったが、見落としたのか、わからんかった。
 六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文     六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文      白い幟・六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 「大網」集落の「庚申塔」付近の分かれ道にも白い「六十里越え」の幟と道標が有り、幟は分かり易いでんなぁ。「大網」集落、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 タンボ道のようなところへ行くと、越後屋が立ち止まって何かを見ています。

 どおした?・・蛇でも死んで横たわっていたのか?
 それなら、あわてて逃げるはずじゃが・・・六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 見ると「六十里越え」の道標が折れて転がっおり、材質が木杭なので永年使用で根本が腐って折れちゃってます。

 付近にその根本跡が有ったので、そこに立て直しておいたが、ホンマに気休めのダメ元で置くだけですので、そのうちまた転がり落ちると思う。

 だれか、転がっていたのを見つけたら、また直して置いといてね。
      折れてた道標、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文      直した道標、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

「かたくり」のマンホール

 再び車道に出て、テクテク・・
 六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文   六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文    朝日村マンホール・かたくりの模様、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 朝日村のマンホール模様は、「カタクリ」の花がデザインされていました。

9番「大日坊」

開山堂大日坊・開山堂、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 真っ直ぐな道を、疲れたなぁ・・と思いながら歩いてると、やがて寺の屋根が見えて来ました。

 「大日坊」境内に入った所に堂が有ったので、それが観音堂かと思ったら「開山堂」で、鶴の彫刻が良かった。

ベンチに座りながら

 本堂前のベンチに座って一休み。大日坊・ベンチ、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 久々に歩いたので、かなり疲れており明日はこの続きが出来るかなぁ。

 周りの景色を見てると、タンボの中に茅葺き屋根の建物が有り、おぉぉ・・この付近にはまだ茅葺きの物置小屋が残ってたんだ。

 しかし、よぉ〜く見ると、その茅葺き屋根からの道が真っ直ぐ「大日坊」に向かっており・・あら・・どおやら物置小屋じゃなくて山門だったのね。大日坊・山門、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 つうことは、σ(*_*)らは裏口入門しちゃったのね・・まぁ、いいや。

 休んでいると、巡礼白衣のチャンチャコを着た一人のトッツアンが来ました。

 ほほおぉぉ・・「庄内33観音霊場」を巡る人でも、ちゃんと白衣を着る人が居るんだ。大日坊・境内、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 どれ・・お手並み拝見・・・と参拝を見てると、ちゃんとお経も唱えてます。

 エライでんなぁ・・σ(*_*)なんか尺八しか吹かず、越後屋なんかは何もせずに口を開けて座ってるだけでっせぇ。

 その後、トッツアンは堂内に入り、ここにも有る即身仏を見に行ったのか、祈願をしに入ったのか、やがて堂内から太鼓の音が聞こえました。大日坊、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 あっ・・はいσ(*_*)らは不信心なモンでして、当然、即身仏を金を払ってまで見るような失礼な事はしません。(^O^)

 ちなみに本堂写真の所に立っている白衣の人が、経を唱えているトッツアンです。

 正面を外して参拝するという配慮が出来る人なので、たぶん巡礼のツウの人でしょう。

山門

仁王

 一休みをしてから尺八参拝し、来た方向の裏口からではなく、正式に山門に向かって階段を下りました。大日坊・山門の階段、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 せっかくだから山門は、どんなのかな・・と思って・・・

 仁王さんは金色の目をして居ます。

風神・雷神

 それよりも袋を担いだ木像が有り、何でこんな所に大黒さんが居るんじゃ?・・しかも袋がしぼんでますなぁ、宝物を袋から全部取り出しちまったのだろうか?

      大日坊山門・風神、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文             大日坊山門・雷神、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 隣の木像を見ると、後ろにデンデン太鼓のようなのが、くっついており・・あらっ、ひょっとするとこれは雷神かな?大日坊山門、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文

 するってぇと・・隣の袋担いで夜逃げでもしようかとしていたのは大黒さんではなく、風神だったのね・・と思い改めて見直すと、雲に乗ってる風神さんでした。

 これを書いてる時にネットで調べてみると、仁王さんは運慶作で、風神・雷神もかなり有名な物らしい・・・知らなかった。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
     「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無