HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 11 塞ノ神峠


 「庄内33観音霊場」紀行文  田麦俣、六十里越え・「庄内33観音霊場」紀行文遍照の響き
            庄内三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2013.7.1    掲載日  2014.9.3


涅槃経・魔界(天魔)偈と塞ノ神峠

番所跡六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

木札

 車道をテクテク・・・テクテク・・・・・テクテク・・・・・・・
 「番所跡」の標識が有り、石がコロンと置いてあるだけでした。

 ふと近くの杉枝を見ると、木札が何枚も枝にぶら下げてあり、新らしそうな木札には、「口」偏に「急」という、今まで見た事もない漢字(仮に「急」とします)を使って「急々如律令」と書いてあります。番所跡、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 これ・・何ていう意味じゃろ?

 他の木札には「天魔外道皆仏性四魔三陣成道来 梵字がズラズラ・・ 魔界仏界同如理一相平等無差別」と書いてあります(上の「木札」写真)。涅槃経・魔界偈を記載した木札、六十里越え

 これは何となく
「悪いヤツも良いヤツも皆、仏さんでっせぇ。仲良く手を上げて横断歩道を渡りましょう。

 魔界とか仏界とか言うけれども同じ事ですがなぁ。全て平等で差別なんか有りまへんでぇ。」
という意味に取れる・・違うかな?

 マジナイ札の一種と思うが、山伏関係なのか、それともここら付近だけの風習なのじゃろか?

意味

 意味を知ってる人が居たら教えてね・・と書こうかな・・と思ったが、念のために「天魔外道皆仏性四魔三陣成道来」の長ったらしい単語で検索してみましたら、有りましたがなぁ。六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 さすがネットの情報量はスゴイでんなぁ・・!(^^)!。

 「涅槃経」の中の「魔界(天魔)偈」らしく、意味はだいたいσ(*_*)の書いたのと同じだと思う。

 ただ・・オカルト系統には「涅槃経・魔界(天魔)偈」を
「悪魔や外道が障碍をなす時に、唱えれば災いはなくなる。
 手順として、まず不動明王火界咒を唱え、その後に梵字(ラン)と一緒に唱える」
と書いてありましたけど、興味の有る人は調べてください。六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 木札は杉葉に隠れていて、ちと気がつきにくいと思う。

塞ノ神峠

 再び車道を、テクテク・・・テク・・・・テクテク・・・・・・・

 やがて人家が無くなって山へ入り、舗装道路も砂利道になった所で、道端に座り一休みしましたが、この舗装道路は長くてキツかったあぁ〜・・・。

 六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  塞ノ神峠へ、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  塞ノ神峠へ、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 砂利道は峠まで続いてるのかと思ったら、途中で右の山道へ入り、しばらく行くと「塞ノ神峠」で「湯殿山」碑があります。

塞ノ神峠へ、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   塞ノ神峠・石碑、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文  塞ノ神峠より、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 塞ノ神峠に着いた時にポツン・・と雨が降り始め、やがてポツ・ポツ・・となったが雨具を出さずにそのまま歩き続けました。六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
 だいぶ雨もキツクなったので車道の木陰で雨宿りしていると、雷まで鳴ったじゃねぇか・・おい・・どおするんじゃ・・・コワイヨ〜・・

 やがて雨が少し小降りになり、越後屋は水色の雨合羽を着て出発しましたが、σ(*_*)は雨衣を着ると蒸れるのでそのまま歩きました。

       六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文          六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

柳清水

 途中より杉木立の中を歩き、「柳清水」で雨宿りしようかと思ったが説明標識が有るだけで、雨宿りするような場所が無い。

 そもそも「柳清水」は、麓「田夢俣」集落の飲料水になっているようで、立ち入る事ができませんでした。

    柳清水、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文         柳清水より「田麦俣」を望む、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文

 説明標識を見ると「田麦俣」集落まで、もうすぐなので一休みするつもりでしたが、そのまま歩きました。

「田麦俣」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   「田麦俣」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文   「田麦俣」、六十里越え、「庄内33観音霊場」紀行文
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、御籤へ 「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無