HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 12 蟻腰坂


 「庄内33観音霊場」紀行文      蟻腰坂・入山届箱、六十里越え      遍照の響き
             庄内三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2013.7.2     掲載日  2014.9.7


「田麦俣」集落より蟻腰坂

田麦俣

 田麦俣分校(「廃校シリーズに掲載)に車を置き、「田麦俣」集落の時計台(番所跡)まで戻りました。
 が・・さてこの先は、どお行けば良かんべか?「田麦俣」・時計台・番所跡、六十里越え

 ネットで事前調査した時には、「田麦俣」のこの付近で間違えたと書いてあるのが有りました。

 確かに、この付近は道があちこち分かれており迷いやすい。

 最初は分校近くに有った細い道が「蟻腰峠」の入口か?と思ったのですが、地図を見直すと、時計台の方から行くようになっていたのです。「田麦俣」より蟻腰坂へ、六十里越え

 時計台前の車道を行き、「田麦俣」集落外れに「七つ滝」の標識が有ったので、たぶん間違いないだろおなぁ・・・と思いながら、そのまま車道を進みました。

 できる事ならば時計台付近に、どの道方向へ行くのか簡易地図か標識が欲しいところです。

 車道をテクテク進みましたが、今まで有った「六十里越」の標識が無く、ホンマにこの道で正しいのか不安でした。蟻腰坂より「田麦俣」集落を望む、六十里越え

 時計台付近に標識等が設置不可能であるならば、せめて車道の途中に標識を築けてくれれば安心するのだが・・・

 あっ・・はい・・正解は時計台の横小道を真っ直ぐ山方向へ行けば車道に出ますし、わからなくても、そのまま車道を行けば「蟻腰坂」入口へ行けるのでダイジョウブです。

蟻腰坂

登山ノート

 車道をテクテク歩いてると、山際の「蟻腰坂」入り口看板が有り・・良かったなぁ。
 蟻腰坂・入口、六十里越え    蟻腰坂・入口、六十里越え    蟻腰坂・入山届箱とノート、六十里越え

 入り口には入山届け箱が設置されており(一番上の写真)、越後屋が
「ゲゲゲの鬼太郎の家みたい。」と言って笑ったが当たってますなぁ。(^O^)

 下の箱を開くとスライド式の引き出しになっており、丁寧な造りなのでちょっと驚いた。蟻腰坂、六十里越え

 引き出しの中には、目玉のオヤジがフトン敷いて寝ており
「だれじゃ?鬼太郎は留守じゃよ。」と言うかと思ったが、入山届けのファイルノートが入ってます。

 ノートを見ると10日ほど前の6月27日に、一組の団体が上ったらしく、σ(*_*)らは2番目でした。

弘法茶屋跡

 蟻腰坂、六十里越え      蟻腰坂、六十里越え      蟻腰坂、六十里越え

 評判通り確かに蟻腰坂はキツく、やっと弘法茶屋跡に着き、そこの丸太ベンチで一休み。

 木が生えていて、あんまり展望は良くなかった。

 蟻腰坂・弘法茶屋跡、六十里越え    蟻腰坂、六十里越え    「馬立」、六十里越え

おわび

 す・・すみません・・写真は「蟻坂」になってますが、ホンマは「蟻坂」が正しいです。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
     「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無