HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 13 花ノ木坂


 「庄内33観音霊場」紀行文      花ノ木坂・六十里越え       遍照の響き
              庄内三十三観音霊場 地図
       巡礼日  2013.7.2    掲載日  2014.9.9


六十里越えの悪評・車道横断

山道

  六十里越え      六十里越え     六十里越え

 山道を歩いてると「塚なら」付近で「迂回路」の案内看板があり、どうしても迂回路を通らなければアカンと言うわけでもなく、時間も余計にかかるようなので、そのまま歩きました。

      「塚なら」付近、六十里越え         六十里越え

車道横断箇所評判の悪い車道横断箇所、六十里越え

 やがて車道に出て、横断する所は工事中らしく鉄パイプ歩道が作ってあります。

 ネットで事前調査した時には、遠回りしなければアカンという評判の悪い箇所らしい。評判の悪い車道横断箇所、六十里越え

 ちょうど鉄バイブ歩道が途切れる付近に、対面の山側へ鉄パイプ梯子が架かってるのが見えました。

 先を歩いていた越後屋がその鉄パイプ梯子を上がるのだと思って、サッサッと車道の鉄パイプをまたいで車道に出ます。評判の悪い車道横断箇所、六十里越え

 この鉄パイプ梯子を上るのかな・・と思って周囲を良く見ると、山道を登って来た時に車道にぶつかった箇所の対面側に山道が有り、それを行くようでした。

 ふむうぅぅ・・やっぱり遠回りしちまったなぁ。
 こんな事なら、まっすぐそのまま車道を横切ればよかった。

花ノ木坂

 「花ノ木坂」付近は、別にお花畑が有るわけでなく広大なブナ林で、静かな落ち着いた雰囲気でした。(一番上の写真)

 六十里越え    六十里越え    花ノ木坂、六十里越え

 それにしても、何で「花の付く名前の坂」にしたんじゃろ?
 花が咲きそうな木なんか、無かったでぇ。

ラブラブナラブラブナ、六十里越え

 少し行くと「ラブラブナ」の標識が有り、道端に立っているブナの木の枝が、仲良く手を繋いでいるように見えるからのよおです。

 ここでアベックが、手を繋いで永遠の愛をブナの木に誓えば、シアワセになれる・・という伝説は・・・聞いた事がないなぁ。ラブラブナ、六十里越え

 念押しして言っておくけれどσ(*_*)の勝手な想像伝説だから、ホンキにしないでね。

 「シアワセになれず、ケンカ別れしちまったじゃねぇかぁ〜ゴル゛ラァ〜・・」と苦情を言って来ないでね。六十里越え

独鈷茶屋跡

 独鈷茶屋跡で大休止。

 シャッを脱いで上半身裸になると、涼しい風が体を通りますなぁ。独鈷茶屋後、六十里越え

 女には出来なく、男ならではの醍醐味ですのおぅ・・なぁ、トッツアン(^O^)。

 バイオ式の簡易トイレが設置されており、キレイにしてあって「協力金を、お願いします」と書いてあります。独鈷茶屋跡・ねじれ杉、六十里越え

 毎年、何に使われるのかわからん赤やら緑のクダラン羽根や、天下り機関である交通安全協会の寄付金と違って、こおいう協力金ならば当然必要な物だと思い感謝しながら喜んで協力します。

 しかし、ここまでトイレ用品一式を運んで来るのは、タイヘンだったと思う。

 近くに独鈷清水が有るらしいが、下へ降りるようなので見に行きませんでした。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
    「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無