HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 14 細越峠


 「庄内33観音霊場」紀行文      小堀抜、六十里越え      遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
        巡礼日  2013.7.2    掲載日  2014.9.11


月山遥拝所と轍跡

ブナ林

     「千手ブナ」周辺、六十里越え         ブナ林、六十里越え

 「千手ブナ」というのが有るらしく、そこへ行く「千手ブナ周辺路」というのもありましたが、遠回りになるようなので、そのまま進みました。

 この付近は広々としたブナ林で、秋の紅葉時期は絵に描いたようなロマンチックな場所でしょうなぁ。

 護摩壇石、六十里越え    六十里越え    六十里越え

月山遥拝所


 「月山遙拝所登口」の看板が有りました。月山遥拝所、六十里越え

 あれっ?地図では「遙拝所」は、まだ先なのだがなぁ・・地図が間違ってるのかな?

 どちらにしても「徒歩2分30m」と書いてあり、近くだったので、せっかくだから行ってみました。座等まくり、六十里越え

 周囲の木が切ってあり、遠くに山々が望め、看板には山の絵を描いて山の名前が書いてあります。

 それによると、一番遠くに見える山が「月山」らしい。

 「月山」は高い山だから、周囲に有る山よりも飛び抜けて高く見えるのかと思ってたが、そうでもない。

長坂の轍跡

 轍跡「長坂」付近、六十里越え    六十里越え    大堀抜、六十里越え

 「大掘抜」を通り、地図には書いてないですが「長坂」という箇所は、下の土が見えて雨が降ったら沢になると思う。長坂・轍跡、六十里越え

 ところで・・先程の悪評・車道を越えた付近から二輪車タイヤの轍跡が、ずうっ〜・・と続いてました。

 タイヤの太さから、自転車では無く、たぶんバイクだと思う。長坂・三の坂、六十里越え

 上から来たのか、下から上がって来たのかわかりまへんが、そんなに古い跡ではなく、つい最近通ったようです。

 今までの道だったら、何とか走れたかもしれんが、この「長坂」の地肌が出ている所は滑り易いじゃろなぁ。

 ちなみに「長坂」は、「一の坂」から「三の坂」まで有り、けっこう距離も長く地肌が出ており、それなりにキツかった。六十里越え

細越峠

 細越峠で大休憩・・ここでもシャツを脱いで汗を引かせました。

 こおいう場合は男は、ええですなぁ。!(^^)!・・何度もいうけれど・・細越峠、六十里越え

 いや・・別に女の人も、マネしてもカマワンですがσ(*_*)が喜ぶだけなので・・・

 でも・・・正直に言えば、ぜひマネしてほしいと越後屋に言ってみたら叱られた。(^O^)
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
   「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無