HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 15 伝言板


「庄内33観音霊場」紀行文    残雪、六十里越え      遍照の響き
           庄内三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2013.7.2         掲載日  2014.9.23


「ブナの木伝言板」と遭難心理

湯殿山遙拝所

 脇道に遙拝所への山道が有り「300m 約8分 湯殿山の鳥居と御神体が遙かに拝める」と看板に書いてあります。六十里越え

 おそらく、もう来る事も無いだろおと思い、ここは一つ冥土の土産話にでも・・と「湯殿山遥拝所」へ上がってみました。

 行ってみると、けっこう上がり下りの有る山道で、これで御神体が見えなかったら悲劇だな・・と思いながら歩きました。

 幸い湯殿山の神様もカワイソーに思われたのか、遠く対面の山に赤い鳥居が小さく見えます。

       湯殿山遥拝所、六十里越え          湯殿山遥拝所・拡大、六十里越え

 が・・後で知ったのですが、湯殿山の御神体は鳥居よりも、ずっと左上の場所に有ったのですねぇ。

 そんな事も知らず鳥居を遙かに望みて、ただただアリガタヤ・・アリガタヤ・・・ナモナモ・・・と、越後屋と手を取り合い、ハラハラと感涙にむせび・・・というほどの信心は無かった。六十里越え

ブナの木伝言板

 六十里越えの道に戻り、少し行くと「ブナの木伝言板」の看板が有り、側の木肌に昭和7年5月に3人連れの名前を刻んだよおです。ブナの木伝言板、六十里越えブナの木伝言板、六十里越え

 少し先にも有り、これは昭和6年12月に「雪が積もり、馬の迎えを頼んだが馬が来ない」という主旨が刻んであるらしい・・よぉ〜読めんかったが・・。

 普通の落書きと違って、こういうのはメモというか、自分の死に際の遺言みたいもんだから許されるような気がする。

遭難の実体験心理

 以前、他の霊場関係ページにも掲載しましたがσ(*_*)も前職時に、こりゃあぁ〜アカンかも・・と完全に遭難死を覚悟した事がありました。

 死を直前にした場合の心境は、自分がここで、このように生きていたというメッセージを最後に残し、いつかだれかに見つけて欲しいという気持ちが出て来ると思います。

 σ(*_*)が遭難しかかったのは、二人で「1号機動艇」という小さいモータボートに乗って作業をしてた時で、前線通過の天候急変によりアッという間に周囲は5mを越える大きなウネリになりました。残雪、六十里越え

 基地まで帰ろうと必死になって操船してましたが・・

 途中でエンジンが止まるわ・・
 艇内に水が入ってくるわ・・

 やっとの事でウネリの頭までよじ上ったと思ったら、波の勢いでクルリと今来た方向へ流されるわ・・・

 少し大きい1隻の僚船が、ウネリ・波で揺れながらも近寄って伴走して見守ってくれてました。

 海が荒れているので僚船は、1号機動艇に近付けて直接助ける事は出来ず、波にもまれながら時々赤い船底を見せる僚船は、自船を保持するのも困難な状態なのに、それでも遭難しかかっている仲間の船を見捨てる事なく、側に居てくれる姿は、機動艇から見ていてもホントに心強かった。

 そんな僚船を見ながら、もし乗ってる機動艇が転覆して海に投げ出されて死んじゃっても、σ(*_*)の最後の様子は僚船の人達が家族に伝えてくれるだろなぁ・・と、つまらん事を思い浮かべ、なぜか妙に冷静に安心して死への覚悟が出来てたのです。

 もし僚船が近くに居なかったら、そこまで冷静でなく不安感が先先っていたと思う。

 おまけに指揮船からは、その時まで完全に自分達が乗ってる1号機動艇の存在が忘れられておりました・・なんせ指揮船も荒天状況や計画変更に陥っていたもんでして・・。

 よおやく基地近くになった頃に指揮船から
「1号機動艇は、どこだっ!!」と泣き叫んばかりの切羽詰まった声で安否を問う無線が入り、ようやく1号機動艇がだれにも気づかれずに行方不明状態になっているのがわかったよおです。六十里越え

 応答すると
「近くに船が付いてるか?」との問いに伴走している僚船が応え、既に所属基地に帰り初めていた全船に対し「各船、直ちに1号機動艇の救助に向かえ」との指示無線がありましたが、もおすぐ基地に着くので断りました。

 たぶん指揮船内のエライさん達も、機動艇の事を思い出してアワテタじゃろなぁ。

 あっ・・はい・・悪運強く、何度もエンジン停止しながらも基地へたどり着くと、必死に水を掻き出していたのですが、バッテリー端子近くまで海水が溜まっており、もう少し基地までの距離が長かったら完全にアウトでした。

 実際、死んだかもしれん・・と思われてたらしく、伴走していた僚船もウネリに隠れてしまった機動艇を2度ほど見失い、もうダメか・・・と思ったと聞きました。

 当時の関係者の人達は全て退職していると思い、今となっては懐かしい想い出の遭難逸話です。

 ちなみに同じ作業をしていた他の機動艇一隻も、なかなか所属母船に戻れなかったよおで、σ(*_*)らが基地に帰った頃に、ようやく収容完了の無線が聞こえました。

一杯清水

 歩いてると山道の日陰箇所には残雪が残っており、もお7月なのに、よぉ〜残ってますなぁ。いーぱい清水、六十里越え

 「い−っぱい清水」の看板が有る沢に、コップが置いてあります。

 ちょうど持ってきた水が切れる所だったので、飲んでみると冷たくて3杯ほど飲みました。

 そりゃあぁ〜・・残雪が有る所の沢だから冷たいですわなぁ。六十里越え

 改めて看板を読み直すと、どうも一杯だけしか飲んだらアカンかったらしい・・・げっ!!・・三杯も飲んじゃった。

 これだけの水量が有るんだから、一杯なんてケチらずに、ガバガバと好きなだけ溺れる位に飲んでも良さそうなもんだが・・。

 少し下がった所の砲台跡付近にも「一杯清水」の看板があり、ここの清水の量は少ないので一人一杯限り・・と書いてある。砲台跡、六十里越え

 ホンマに水量が少ないので、後の人のことを考えると一杯だけだろなぁ。

 で・・なんで「一杯清水」が2箇所も有ったのかと・・・・これを書いてる時に改めて写真を見直すと、最初の沢の箇所は平仮名の「い−っぱい清水」・・・。

 で・・水量の少ない箇所のは漢字の「一杯清水」・・・一杯清水、六十里越え

 ふむうぅ・・同じ意味のような気がするが、何で最初の沢も漢字で書かなかったのか・・と、老化し始めた頭で考えたら、やっとヒラメキました。

 最初の沢は、「いっぱい(たくさん飲んでも良い)清水」という意味だったのね。(^O^)

 すまん・・オッチャンは学校へ行っても勉強せずに遊んでたので、意味をよぉ〜取れんかった。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
       「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無