HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 19 地蔵院


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      地蔵院と尺八、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     遍照の響き
            庄内三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.4.17   掲載日  2014.10.5


尺八の慣れと善宝寺

羽前大山駅

 秋が過ぎ・・寒い冬が過ぎ去り・・翌年4月の春、桜咲く頃に「庄内33観音霊場の札所巡りを再開し、今回は自転車で巡りました。羽前大山駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 羽前大山駅に昼少し前に着き、月山が良く見え、車に載せて来た自転車を組立ました。

 駅の待合室には造り酒屋の杉玉が飾ってあり、酒の蔵元が多いのかと思い、町内を走るとやっぱり蔵元らしいのが何軒か有った。

 知らなかったが、ここは酒が有名な所らしいですなぁ。

       羽前大山駅・杉玉、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文          羽前大山駅前よりの風景、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

8番「地蔵院」地蔵院、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

「地蔵院」の場所

 集落のような感じの道を走り、8番「地蔵院」はこの付近だろなぁ・・と思いながら神社前を通り、その奥に寺の屋根のようなのが見えたので、それかもしれんと思って行くと違っており、途中の道端に札所が有りました。地蔵院の祠、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 なんせネットでは「庄内33観音霊場」の詳しい所在地図を見つける事が出来ず、札所の位置は、付近に有る寺院の印が有る場所だろおと思い、しかも「地蔵院」は印を付けた地図の反対側の位置だった。

 「地蔵院」は、思ったよりも小さい堂で無人でした。

 境内の祠前には津軽霊場で見た、細長い枕のような物が、ブラ下がっており、東北地方は、こおいうのが多いのかな?

慣れた尺八

 堂の扉が開かなかったので、外で尺八参拝したが風が有って吹きにくい。地蔵院、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 しかも、今回の巡礼に使う尺八は、いつもの2尺7寸の長管と違って、それより短い1尺8寸管を使用しており、まだ吹き慣れてません。

 なんで、そんな吹きなれない8寸管を吹く気になったかと言うと、今年4月より地元の「柏崎三曲会」に入ったのです。

 今まで長管だけを、ほとんど10年以上吹き続け、その吹き方に慣れてしまってました。地蔵院、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 なもんで普通の1尺八寸管にも慣れておかないとアカンと思い、この「庄内33観音霊場」巡りの時に吹き続ければ、ちっとは良いかなぁ・・と思ったもんでして。

 いえね・・8寸管でも、即座に音が出て曲も吹けるのですが、どうしても自分が納得するような音が出ないのです。地蔵院、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 正直言いますと6寸管も持ってますが、こっちの方はそれこそほとんど吹く機会が無いので、これで曲を吹くと、かなりヒドイモンになり、とても他人様には聞かれたくない。

  それにしても民謡の人達は、歌い手により尺八をその場で替えて吹くそうだが、よぉ〜出来るなぁ。

善宝寺善宝寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 計画段階では善宝寺の存在は知ってましたが、あんまり見所は無いだろおと思い予定には入れてませんでした。

 が・・札所「地蔵堂」を出発して走ってると、途中に由緒が有りそうな五重の塔が見えたので寄ってみると、それが善宝寺でした。(右写真は逆光だったので補正してあります)

          善宝寺。総門の彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 総門の彫刻は思ったより詳細で、歴史を感じさせます。

 次の山門の彫刻も立派で、中に有るのは仁王さんかと思ったら毘沙門天のよおです。
 善宝寺・山門の彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    善宝寺・山門の毘沙門天、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     善宝寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 ホンマはそこで引き返すつもりでしたが、せっかくなので階段を上って「感應殿」へ行ってみました。

 善宝寺・五百羅漢、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   善宝寺・彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 そいで、ここまで来たのならばと、その裏にある「龍王殿」へも行くと、彫刻はなぜか白く塗られた天女さんで、狛犬には角が生えてます。

  善宝寺・龍王殿、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     善宝寺・龍王殿の彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 全般的に善宝寺の彫刻は素晴らしく、さすがに有名寺です。

 時間があれば一曲吹いたのですが、先が有るので省略しました。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無