HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 23 鶴 岡


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      「高坂」、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   遍照の響き
              庄内三十三観音霊場 地図
        巡礼日  2014.4.18    掲載日  2014.10.17


鶴岡の長南年恵と藤沢周平

余目駅

      余目駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文           余目駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 余目駅に車を置いて、駅ホームへ出てみると高校生がワンサといて、どこから湧いて来たんじゃ。!!

 少子化がささやかれているこの御時世、失礼ながら片田舎の町なのに、この現象はどこの別世界?という感じ。

 ホームには、200人位は居たように思い、過疎地の学校ならば3学年分を、この人数で十分にまかなえるなぁ・・と思った。
鶴岡駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

28番「龍覚寺」

 鶴岡駅より、電波の押し売り「犬・エッチ・ケイ」アンテナ塔を目指して自転車を走らせ、その付近にあると思われる札所「龍覚寺」へ向かって、適当に細い路地へ入りました。

 入った路地にチッコイ店が有ったので、そこで聞こうと思って自転車を止めると、寺の屋根と大木らしいのが近所に見えたので行ってみると正解で、「龍覚寺」境内の横から入りました。

 正門は別道に有ったのですが、この札所「龍覚寺」の場所もわかりにくいだろなぁ。
 龍覚寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  龍覚寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  龍覚寺・堂内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 堂の戸が開いたので内に入って参拝し、終わったら寺の奥さんが
「ご苦労さんです」と言いに来ました。

 たぶん尺八の音が聞こえたので来られたのしょうが、こっちも予想していなかったので
「おじゃましてます」と、何となく場違いの返答をしちまった。

 境内のツツジのビンク色が、もんのすごくアクセントになって映えていました。

 龍覚寺・堂内の飾り、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      龍覚寺・納札、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      龍覚寺・境内のツツジ、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

29番「南岳寺」

場所間違え

 鶴岡市内を走り、目印にしていた四つ角で、ここら付近に札所が有るはず・・と思って探したが無い。

 通りかかったゴミを持ったオババに聞いたが
「わからん」と言い、地元のオババでさえも、わからんとは、まいったなぁ。

 礼を言って少し行った所で、家の前で花の手入れをしているオバハンに聞いたら、今度はアッサリとわかった。

 結論的には、σ(*_*)が地図の位置場所を勘違いしており、四つ角を反対側へ行かなければアカンかった。南岳寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 トシですなぁ・・思い込みが強くなり、再確認とか何とかがメンドウになって来ている。

長南年恵

 教えられた所へ行くと墓が有り、この辺かと思った所にコンクリ造りの札所「南岳寺」が有りました。

 境内に朱色の堂が有り、それが札所の観音堂かと思ったら「淡島大明神」の説明看板が有ります。南岳寺・淡島大明神・長南年恵、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 そおだわなぁ・・古い観音霊場ならば、こんな派手な色の堂にはしないだろう。

 看板の説明書きを読んでみると「長南年恵」なる霊能者を奉ってるらしく、丹波哲郎の「霊人の証明」もオマケに記載されてます。

 ふうぅ〜ん・・霊能者のタグイかぁ・・インチキとかホンマモンだとか、信じる、信じないは人それぞれだからなぁ・・とその時は軽く思ってました。

 ところがこれを書いてる時にネットで調べてみると、インチキだと訴えられた時に、裁判官の前で「長南年恵」が瓶に霊水を出して見せたので無罪になり、霊界関係スジの人達ではかなり有名な人らしかった。

 へえぇぇ・・こおいう人も居たんだ・・知らなかったなぁ。南岳寺・堂内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

本堂

 どこかに観音堂が有るのか?・・と思ったが無さそう。

 本堂と思われるコンクリ造りの階段を上がり戸が開いたので、そこで参拝し、狭いコンクリ内で尺八を吹いたためか、久々に、もんのすごく良く響いた。

藤沢周平

 次ぎの札所へ行くのに、高速自動車道沿いに道が有れば近道になって良いのだがなぁ・・と思いながら行ったら砂利道が有ったので通りました。高速道路沿いの道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 「赤坂」集落付近で「藤沢周平」の生誕地の看板が有ったので、ついでに寄ってみました。

 家は既に無く石碑が建ってるだけの広場になっており、子孫・関係者は、どっかへ行ったのでしょう。「赤坂」藤沢周平、南岳寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 今まで庄内霊場を巡っていて「藤沢周平がどうたら・・」という看板があちこちに立ってました。

 文学者らしいのはわかりましたが、学が無い人間なので正直言ってどんな人なのか知りません。「赤坂」藤沢周平生誕の碑、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 で・・・これを書いてる時に、またまた頼りのネットで調べてみると「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」「武士の一分」等を書いた人でした。

 σ(*_*)もこの映画なんぞは好きでしたが、それでロケ地が庄内地方だったんですねぇ。

 少し行った公園には、元は学校だったらしく鉄棒・ブランコ・国旗掲揚台が残っており桜が満開です。(一番上の写真)

 トイレも有ったので、少し休憩しました。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ  自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文次へ        遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無