HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 25 蝉しぐれ


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     雷電神社参道・蝉しぐれ、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     遍照の響き
              庄内三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2014.4.18    掲載日  2014.10.23


「蝉しぐれ」ロケ地・雷電神社

法光院と春日神社

鳥居

      赤川、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文            春日神社、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
  「赤川」の橋を渡り、「黒川」集落の札所「法光院」付近に来ると春日神社の赤い鳥居が有ります。

 ふうぅ〜ん・・神社か・・この付近だろなぁ・・と思いながら坂道を少し上った所で、あれっ?!!・・待てよ、ヒョットしたら神社と同一境内に札所が有るのかもしれん。

法光院

 地図を確認すると、どうも春日神社と同一境内に有りそうなので鳥居を潜り、長い階段を上がる途中、横方向に「法光院」の山門が有りました。法光院・山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 冬の雪囲いのムシロが堂を覆っており、戸が開いたので中に入ると湿気のある部屋です。

 しっかり囲ってあり、おまけに風の通りが無いため湿気るのでしょう。
      法光院、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文           法光院・堂内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

春日神社

 「法光院」で参拝後、湿気の有る寒い部屋より、さらに階段を上がった春日神社の日当たりの良い所まで行き、持ってきたオデンを食べて昼飯にしました。春日神社、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 ここの神社は狛犬の代わりに鹿が置いてあります。

 少し休んだ後、礼に「心月」を吹いたが失敗しちまった。春日神社・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 板壁に白紙が貼ってあり、細長いキュウリかナメクジのようなのが描いてあります。

 ん?・・ここはナメクジと何か関係が有るんか?春日神社・奉納絵、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 反対側の壁にも白紙が貼ってあり、それには蛇らしくウネウネした感じで描いてあるので、やっと蛇だとわかり、そおするってぇと・・先程のも蛇を描いたのですなぁ。

 す・・すんまへん・・失礼な勘違いをしちまって・・・

雷電神社

参道

      庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文         庄内平野の桜、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 次の札所「照光寺」は、この辺だろなぁ・・と県道を走ってると、集落の山裾付近にチッコイ堂が見えました。雷電神社・参道入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 なんせ今までの霊場巡りをした経験から、札所がチッコイ堂の事も有ったので、ひょっとしたらアレかもしれんと思い旧道と言うか・・農道と言って良いのか・・・へ入りました。

 近寄ってみると石段が続いており、チッコイ堂は札所ではなく参道入口に有る堂のようです。雷電神社・参道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 敷石も有り、やがて杉並木の道を行くと横に寺が有りますが、チラッと見た限りでは寺名が書いてありません。

 並木の正面にも山門が見えたので、越後屋に寺が札所なのか確かめさせ、σ(*_*)は正面の山門が札所の寺なのか探索しに行きました。

「蝉しぐれ」ロケ地

 山門を潜ると広々とした境内に雷電神社が有り、オバハンが一人で黙々と草取りをしてます。雷電神社・山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 声を掛けて挨拶すると、だれも来ないと思ってたのでビックリしたと言い、札所「照光寺」はやはり先程の寺だと教えてくれました。

 普通の神社ならば注連縄は柱間に短く張ってあるのですが、ここの神社の注連縄はタラ〜ンと長く垂れ下がってます。

 津軽霊場で見た珍しい注連縄の流れを汲んでるのかなと思って、オバハンに
「このような注連縄は、この付近の風習か?」と聞くと、「村の人達が作ってる」と言う。雷電神社・蝉しぐれ、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 オバハンと意味の取り方が違っていたようだが・・まぁ、いいや・・と思い、それ以上は聞かなかった。

 話しをしていると
「ここの祭りが、もうすぐ有り、無形文化財になっている。」と言い、へぇぇ・・どんな祭りじゃろと思って聞いたが、やっぱりよぉ〜わからん。

 そのうちに越後屋が呼びに来たので、礼を言って帰りました。

 これを書いてる時にネットで調べてみると、この雷電神社は「蝉しぐれ」のロケ地になった所だったのですねえ。

 わかっていれば、もおちっと雷電神社の写真を撮っておいたのにぃ。

30番「照光寺」

 昭光寺・山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    昭光寺・仁王、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    昭光寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 昭光寺へ行くと山門に山号額は掛かっているが、やっぱりどこにも寺名が書いてなく、寺名の表札が掛かっていない寺も珍しいなぁ。

 堂の戸が開かなかったので、そのまま外で尺八を吹いて参拝しました。昭光寺・カッパの置物、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 トイレが設置されていたので拝借すると、窓際にカッパが寝転びながら本を読んでいるチッコイ置物が置いてあります。

 なかなか微笑ましい作品で、σ(*_*)も一つこんなの欲しいなぁ。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
  自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無