HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 26 見てござる


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     永鷲寺内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2014.4.18    掲載日  2014.10.26


庄内霊場での接待

4番「長現寺」

安産地蔵

      庄内平野から月山を見る、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文           長現寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 「狩谷野目」集落内をウロつき、地図では札所「長現寺」は集落のハズレ付近に有るので探すと有りました。

 境内に真っ赤な堂が有り、それが札所かと思ったが「安産」の額が掛かった地蔵堂のようです。長現寺・安産地蔵、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 本堂の戸が開かなく、よっぽど「安産」の堂前で尺八を吹こうかと思ったが玄関先で吹きました。

 玄関先に納札と賽銭を置くのもアレだと思い「安産地蔵」の賽銭箱に入れ、「安産」に絡めて「産安」の曲を吹こうかな・・と思ったが時間がないので止めといた。

観音堂

 越後屋が「入り口近くの土蔵のような建物に、千社札が貼ってあるから、そこが札所でねぇのか?」と言います。長現寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 まさかなぁ・・・、だれがどう見ても、単なる物置倉庫のようなタグイにしか見えないが・・。

 それでも確かめに行くと、入口の天井付近に「庄内札所・・」と消えかかった字の板が貼ってあります。長現寺・観音堂の看板、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 えっ・・これが観音堂だったの?

 そおするってぇ・・と、今までの寺でも、こんな感じの建物が有って、それが観音堂だったのかもしれない。

 あちゃあぁ〜・・せめてチッコイ看板の一つでも、立てておいてくれたらなぁ。長現寺・観音堂内部、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 おおいぃぃぃ〜・・・何の予備知識も無い、初めて庄内三十三観音霊場を巡る善男善女?の人は、気をつけなされやぁ〜・・物置のような建物が観音堂かもしれまへんでぇ〜・・・。

 観音堂の戸は開かず、中を覗くと土蔵の白い扉が見え、その奥は、わかりまへんでした。

 細長い枕のようなのも飾ってあるので、やっぱりこれが札所なのでしょう。

5番「永鷲寺」

正面に月山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文 庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

参道の地蔵

 札所「永鷲寺」へ来るのも距離が長く、ケツとヒザが痛かった。永鷲寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 道端に有る「永鷲寺」前の門柱で自転車を止め、案内看板が有ったので読もうとしたら自動車が停まり、オバハンが
「自転車も境内まで入れる」と教えてくれます。

 
「自転車を押して行くのもキツイので・・」と断ったが、何とかどおしても自転車で行かせたかったようで、さらに勧めます。永鷲寺・地蔵、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 
「参道の写真も撮りながら行きますので・・」と言うと、オバハンは寺の奥さんで「それじゃぁ、先に行って待ってる」と言います。

 あっ・・いえ・・そんな・・待ってもらうほどの信心は持って無いのだがなぁ・・永鷲寺・参道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 参道を上がると、庄内霊場名物?の地蔵さんを布でグルグル巻きにしたのが有り、見た目には「コケシ」かと思うでぇ。(^O^)

 やっぱり、このグルグル巻きは庄内霊場独特だと思う。

 もっと北の津軽下北霊場では、ここまでグルグル巻きにしてなかったように思うが・・・

本堂内の納札

 「永鷲寺」境内へ入ると、先に行ってた越後屋と寺の奥さんが話をしており、σ(*_*)を見ると直ぐに本堂の戸を開けて電気を点け、観音さんの場所を教えたり・・まさに、いたりつくせり・・・。永鷲寺・本堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 すんまへんねぇ・・物見遊山でホッツキながら巡ってるだけなのにぃ・・

 参拝後に壁際の納札を見ると、糊で1枚づつ貼ってあるようです。永鷲寺・納札、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 どこかの寺でも、こんな感じの納札が有ったので、庄内霊場の風習では、納札を後から貼ってくれるのだろおか?、それならばそれで、大いにアリガタイことです。

 四国霊場で見た、目の前で焼却炉へ納札を放り込んで、ゴミ同然のように燃やされるよりも、よっぽど良いと思う。

 奥さんに、ここら付近の風習なのかと聞こうと思ったが居なかった。

 親切にしてもらったので礼を言いたかったが、境内にも居なかったので庫裡に向かって大きな声で礼を言い、次の札所へ向かいました。

接待

 自転車を漕いでると見覚えのある寺の奥さんの車が、σ(*_*)らを追い抜いて止まりました。永鷲寺・接待品、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 あらっ?・・何か忘れ物をしたのかな?と思ったら、車から降りて
「持っておられるかもしれませんが庄内33観音のパンフレットと、寺の行事で配った記念品です。」と言って渡してくれます。

 あらあぁぁ・・・これを渡すために、わざわざ追い掛けて来たのですねぇ・・すんまへん。永鷲寺・接待品タオル、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 先程居なかったのは、記念品を探していたためだと言い、このように接待品を渡すために追いかけてくれた寺は初めてです、ありがたいことです・・ナモナモナモ・・・。

 帰って記念品を見ると手拭かと思ってましたが、ハンカチのような物でした。

 これをどう使えば良いのかわからんが、この記念品で汚い手なんか拭いたらバチが当たるんでねぇか・・と思うようなモッタイナイ図柄でした。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無