HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 27 夕暮れ


自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     善光寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
            庄内三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2014.4.18    掲載日  2014.10.28


千社札と夕暮れ

3番「善光寺」

霊輝院

 「三ケ沢」集落に入った所に「霊輝院の乳いちょう」の看板があり、側の坂上に寺らしいのが霊輝院の乳いちょう、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文有ったので札所「善光寺」だと思い、参拝準備するのに自転車を止めました。

 が・・・どうも札所の寺名と違うような気がするので地図を見ると、この集落には三つの寺が有るよようです。

善光寺

 もう少し先にも寺があるので行ってみると、少し高台になって階段を上がる所が札所「善光寺」で無人の寺のよおです。

 階段を上がった境内の正面横に観音堂がありました。
 善光寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  善光寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  善光寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

6番「光星寺」光星寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

境内

 同じ集落内なので「光星寺」にはすぐに着き、最初は新興宗教の施設かと思うような建物だったので地図を見直しちまった。光星寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 境内に入ると越後屋がキツネを奉ってるので稲荷神社でねぇかと言うが、やっぱり札所「光星寺」でした。

 しかし・・初めて来る人は間違って新興宗教の施設か稲荷神社へ来ちまったと思い、絶対に地図を再確認すると思う。光星寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

千社札

 尺八を吹いて参拝するのも、どの場所で吹こうかと迷ったくらいで、先に偵察していた越後屋が「正面の建物に千社札が貼ってあり、古そうな建物だからそれが札所だろう」と言うのでそこで参拝しました。

     光星寺・賽銭箱、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文          光星寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 よっぽど赤い柱や欄干の有る、新しいコンクリ造り建物の玄関先で吹こうかと思ったくらいです。

 そおいう迷う時は、やっぱり千社札が目印になりまんなぁ。

24番「冷岩寺」


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  冷岩寺・山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  冷岩寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 札所「冷岩寺」近くを探しながら自転車を漕いでる時に、路地の奥に寺らしい建物が見えたので行ってみると寺名が違っていました。冷岩寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 隣に大きい寺があり、道が続いてたので平行移動し行くと、そこが札所「冷岩寺」で、戸が開かないので、納札の上に五円玉を重石代わりにして戸の前に置きました。冷岩寺・参道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文


 時刻は夕暮れの6時半・・そりゃあぁ〜・・寺も店仕舞いするわなぁ。

 参拝が終わって寺から車道へ出ると寺の石柱があり、「日本一の立大黒尊天」の看板が掛かっており、へえぇぇ・・そんなのが有ったんだ。

余目駅へ

 ぼちぼちと暗くなり始めてたので、近くの「狩川駅」で止めても良かったのですが、翌日の行程を考えると、無理して「余目駅」まで戻りました。

 寒いしぃ・・ケツも膝も痛いしぃ・・・
 暗くなり始めるしぃ・・越後屋は先に行っちまって、置いて行かれるしぃ・・
 鼻水すすりながら「余目駅」に着いた時は、真っ暗・・・・
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無