HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 29 どんどん焼き


自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  どんどん焼き、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文 遍照の響き
              庄内三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2014.4.19     掲載日  2014.11.2


乗慶寺の足跡と「どんどん焼き」

22番「洞泉寺」

 「青山」集落まで来た道を戻り、「猪子」集落内に入ると川沿いに札所「洞泉寺」がありました。

 地図では川の側に記載されてたので川沿いが入口かと思ってましたが、実際の入口は集落内からです。
 洞泉寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  洞泉寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  洞泉寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 境内正面の横に観音堂が有り、戸が開くかな・・と思って動かすと開き、堂内の入口には薄青色の着物を着た坊さんが微笑んでおり、えらいリアル感が有るので・・ギョッ!!・・。洞泉寺・観音堂・鉄門海上人、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 体の悪い所を撫でたら治ると言われてる「びんずるさん」かと思ったが、「仏像に触らないでください」の貼り紙が有ります。

 そおするって〜ぇと・・この人は何のために、ここに座ってるの?洞泉寺・観音堂・大正時代の巡礼写真、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 受付の坊さん?・・そいとも電波の押し売り「犬エッチケー」を追っ払うための魔除け?

 立て札に「鉄門海上人」と書いてあるが・・知らんなぁ・・少なくともσ(*_*)の親戚とか近所には、そんな人が居ない。洞泉寺・観音堂納札、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 後で調べると「注連寺」でミイラになった人でした。

 堂内には大正時代の巡礼記念写真があり、当時はこんなカッコウで歩き巡ってたのでしょう。前田川橋、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 参拝後、自転車に乗って出発しようとしたら、ちょうど住職が外出から帰って来たのと出会い、盛んに留守にしてたのを詫びてました。

 いいんですよ、気にしなくて・・納経帳も作ってないんだしぃ・・きっとマジメな人なのでしょう。

14番「乗慶寺」

 庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  川土手の桜、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 自転車を漕いでると、早春ですねぇ・・道端の桜並木が満開です。

 余目町内に入り、国道のすぐ近くに寺の大きな屋根が見えたので、札所「乗慶寺」はすぐにわかりました。乗慶寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 入口からは成金趣味のように、いかにも高価そうな庭石が両脇にやたらと置いてあります。

 言っちゃあぁ悪いが、やたらと高価な庭石をたくさん置いてあっても、失礼ながらあんまり感動しない。

 わけても禅宗ならば人工的な細工を見せないように、侘び寂びの心で自然の山林風の庭にすると聞いてるが、両脇の石配置を見ても失礼ながらとても自然風には見えない。
        乗慶寺・山門彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 しかし山門は立派で、龍の彫刻も大したモンで、境内は一応キレイにしてあります。乗慶寺・鐘楼、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 参道の正面になってる建物が札所と思って戸を開けようとしたが閉まってます。

 しかも上がり板にはホコリの中に足跡がシッカリ残っており、どうも最近、掃除してないらしいが、そこで参拝しました。

 参拝後に尺八の手入れをしていると、境内をウロついてた越後屋が
「別の向こう側の所が札所らしい」と言います。乗慶寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 
「えっ・・ここじゃないの?」
 
「戸は開かなかったけれど、戸の隙間から中を覗くと千社札が貼ってあった。」

 まぁ・・いいや、どこで参拝しても気は心だから・・しかし、それならばそうと案内看板の一つ位は、有っても良いのだがなぁ、初めての者は、わかりまへんでぇ。乗慶寺・足跡、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 念のために越後屋の言う本堂の戸の隙間から中を覗くと、確かに千社札が見えました。

 そこの扉前に納札と賽銭を置こうかと思ったが、いかにも出入り口に置くのも・・と思い、最初に参拝した足跡の付いてる所に戻り、扉の所に納札と五円玉を置いときました。。

どんどん焼き

 時刻は1時半頃、昼食は近くのスーパーへ入ると食堂入口で「どんどん焼き」を並べて売ってます。(一番上の写真)

 割り箸が突き刺さっているのが珍しいので、ラーメンと共に注文しました。

 店前に置いてある商品よりも、今作ってるのを出してくれると言うので少し待ちました。

 越後屋が言うには、この「どんどん焼き」は「お好み焼き」に割り箸を突き刺さしてるのが、山形県の特有だそうな。

 そか・・でも味は、普通の「お好み焼き」と変わらん気がしたが・・。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ         遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無