HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 31 徒歩巡礼


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     相沢川、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2014.4.19    掲載日  2014.11.9


「出羽百観音」徒歩巡礼の奉納額

15番「滝澤寺」庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

境内

 集落に入り、見たところ普通の民家風の入口が札所「滝澤寺」でした。

 正面の建物が札所かと思ったら、境内横に長い階段が有り、「観音霊場」の杭看板が立っており親切ですねぇ。
 滝澤寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    滝澤寺・観音堂への階段、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    滝澤寺・階段、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 境内の陽が当たる所で一休みし、どうにも足膝が痛く、音も出ないので、次の札所でヤンピしようか・・と越後屋に持ちかけると、アッサリ賛同しました。

 越後屋もやっぱりキツかったようで、イテテテッ・・と言いながら苦痛で巡っても面白くありまへんからなぁ。

観音堂

 階段を上がって観音堂は戸が開き、堂内には飾り物が吊り下げて、一番下の所にはそれぞれ名前が書いてあります。
 滝澤寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    滝澤寺・観音堂内の奉納品、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    滝澤寺・観音堂内より、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 あんまり、こおいうのは見た事が無いですが、ここら付近の風習なのでしょうか?

17番「東光寺」

 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  東光寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  東光寺・山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
      東光寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文        東光寺・本堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

観音堂

 砂越町内の旧道沿いに有り、正面に大きい寺がありましたが、それは本堂で境内敷地の横に観音堂がありました。東光寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 戸を開けて入ると、デッカイ観音さんが立っており、目の所だけ白いのでキョッ!!・・。

 あの白目がなぁ・・・失礼ながら、あんまり慈愛に満ちてるとは思えんが・・

徒歩巡礼

 参拝し終わると、室内をウロついてた越後屋が「出羽百観音を歩いた人がいる」と言います。東光寺・観音堂内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 ウソこけぇ・・四国遍路ならば珍しくもないが、本州の霊場を今時、歩いて巡る人なんて居ないじゃろ。

 老眼だから「車巡礼」と見間違えたのでは・・と思いながら、場所を教えてもらうと、ここの観音さんの写真と共に認定書が入った額が奉納されてました。

 聞いた時には信じてなかったけれど、しっかり「徒歩巡礼結願記念」と書いてあります。東光寺・「出羽百観音」徒歩巡礼奉納額、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 へえぇぇ・・どこのどなた様か知らないが、今時珍しい・・何日かかったのだろう。

 これを書いてる時に調べてみると「出羽百観音 最上・庄内・置賜三十三観音 やまがた巡礼ガイドブック」の本を出版して徒歩巡礼記も併記されてるようです。

出羽百観音霊場

 「出羽百観音」というのは、山形県内に有るこの「庄内」と「最上」「置賜」の三観音霊場を合わせたものだそうで、σ(*_*)も実はこの出羽百観音を狙ってます・・いつになるかわからんが・・。

 庄内霊場だけでも歩いて巡るのは、けっこうな日数がかかると思うが、他の二霊場も歩いて巡るとなると、1ケ月以上かかるのではないかなぁ。東光寺観音洞納札、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 時間が許せば、やってみたいのだが・・なんせもうトシなので足腰が無事で立っておれるのは、後どれだけの年数が残されてるのかわからん。

 そんなわけで、ホンマは可能な限り歩いて全国の霊場巡りをしたいのだけれど残された年月を考えれば、なるべく多くの霊場を巡りたいので距離が長いのは自転車やミニバイク「チョイノリ」でズルしてます。

 あっ・・いえ・・別に徒歩巡礼だけが立派でエライッ!!・・と言うつもりは、さらさら有りまへん。砂越駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 それぞれ事情が有るので、車・バイク・自転車で巡るのも「有り」だと思います。

 ただ・・なるべく速度の遅い巡り方をした方が、その霊場での印象が強く残り、出会いの縁も多く、お金では買えない何かを得る事が多いと思います。

 今日は砂越駅で終了しました。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無