HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 33 勘違い

  自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
           庄内三十三観音霊場 地図
    巡礼日  2014.4.20    掲載日  2014.12.5

早春の庄内平野と鳥海山

残雪残る鳥海山

自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     庄内平野、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 庄内平野の山沿い旧道を、ノンビリと自転車で漕いでます。

 遠くの鳥海山と思われる山には残雪が残り、早春の絵風景ですが、桜は満開・・ではなく少し早い感じでまさに「早春」という単語にピッタシ。

 この付近は、実に鳥海山の残雪と桜が似合う風景地だと思う。
残雪の鳥海山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  鳥海山と桜、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   荒瀬川、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

11番「円通寺」

 11番札所「円通寺」は墓が有る所で、堂内に入って参拝してると奥さんが出て来て、何か話すかな・・と思ったが会話は、はずまなかった。
円通寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  円通寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   円通寺・本堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
   円通寺・亀の彫刻、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 境内で庭を見ながら休み。

 本堂入口の鴨居というのか何というのか・・横木には波間で遊んでる亀が彫ってあり、プロレスをしてるのでしょうか、下に亀を押さえこんでるヤンチャな亀も居ます。

円通寺・境内、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     円通寺・境内より山門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    円通寺・飾り、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 屋根の軒下には、大きい団扇のような物が飾ってあり?、これにも波間と亀の絵が描いてあります。

 この寺には、何かカワイソーな亀の云われが有るのでしょうか?、だれか知っていたら教えてね。

思い込み

 「円通寺」を出発して最初の交差点に来た時、地図の印をつけた時には右側の道へ行くように赤鉛筆で記載してたので深く考えもせずに右へ曲がりました。

 越後屋には、
「σ(*_*)は写真を撮りながら行くので遅れるから、この先に橋が有るので、そこで待ってろ。」と言っておきました。

 しばらく、ノンビリコンと早春の庄内平野を眺めながら自転車を漕いで行くと、まだ橋でもないのに途中で越後屋が待ってます。残雪の鳥海山を望む、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 
「おばはん、ヒマそうですのぅ。 何してますのん?」
 「向こうに橋が見える。」
と左側を指します。

 えっ・・そりゃあぁ〜・・この先には川が有るんだから橋くらいは有るじゃろが・・・と思いながら、地図を確認すると、一つ手前の交差点を曲がっていたのに気が付きました・・あちゃあぁ〜・・

 ちょうど地図が交差点付近になっており、次ぎの地図に切り替える所だったので、この交差点だろお・・との思い込みで曲がっちまったのです。

 トシですなぁ・・・思い込みが激しくなり・・・きっと将来は「ガンコジジイ」と言われて子供・孫からも白い目で見られながら尊敬され、相手にもしてくれず近寄ってもくれんじゃろなぁ。

 付近の状況より現在地は「福山」付近とわかり、「雪車田」まで戻ってグイッと曲がり予定の道へ出ました。桜と鳥海山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 早く気付いて良かったなぁ、このまま行ってたら「新田」付近まで行ってしまい、現在地不明で泣いてたかもしれん。

 それにしても、越後屋は遠くから良く橋を見つけたもんだ。

 これが自転車だから良かったけれど、歩いてたらこの距離ロスは、もんのすごく痛かったと思う。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無