HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 34 龍頭寺


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   龍頭寺の花、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
                庄内三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2014.4.20     掲載日  2014.12.6


尺八「腹の底から」という意味

19番「龍頭寺」

日向川沿い

      日向川の桜並木と鳥海山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文         自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 日向川の土手に咲いてる桜と、鳥海山の白い残雪も絵になりますねぇ。

 日向川の橋を渡り、川の土手から行けば近道できるのでは・・と思い、土手を走って「四ツ興屋」集落から札所「龍頭寺」方向へ自転車を漕ぎました。龍頭寺・参道入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

参道

 札所「龍頭寺」は高い山の中腹に有り、一直線で麓の集落から上るのを地図で確認していたので、キツイのは覚悟してました。

 実際に行ってみると鳥居の先からは、急階段がずうっ〜・・・と続いており、ゲッ!!・・・・。
  龍頭寺・参道階段、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      龍頭寺・参道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文     龍頭寺・車道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 痛い足を持ち上げでモクモク・・と上がり、途中で枯れ枝を見つけて杖代わりにして・・まさに戦に敗れた落人状態ですなぁ。
       龍頭寺・車道脇の大木、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文        龍頭寺・大木の注連縄、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 やがて車道に出ると、大きな木に注連縄が引っ掛けてあり、鳥居の注連縄のような感じで、その正面にも道が続いてます。大泉長屋門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 白壁の石垣を過ぎた所に「大泉長屋門」の説明看板があり、天保年間の格式有る門で釘を使ってないそうな。

 その先に行くと鳥居があり、神仏混合でここが札所かな?と思いましたが、やっぱり単独の神社で「大物忌神社」と言うらしい。

龍頭寺

       龍頭寺付近、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文        龍頭寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 神社見物は後にして、先に隣の赤い幟が立ってる札所へ行きましたが、この赤幟が無かったら札所だとわからんからず探し回ったと思う。龍頭寺・仁王、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 本堂の入口には仁王さんが立っており、古そうでなかなか良いんだけどね・・・ただ・・その・・言っちゃあぁ〜悪いけど、腹巻きが何とも子供じみており笑える。

 もおチット、何か違うモンを巻き付けたらどおかなぁ、攻めてくる悪霊も笑っちゃうんじゃないの?

観音堂

 境内入口付近に観音堂が有り、寺名を表すように龍の彫刻が彫ってあります。
 龍頭寺・観音堂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      龍頭寺・観音堂入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文      龍頭寺・観音堂・巡礼奉納額、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 堂内には明治時代の巡礼奉納額が飾ってあり、やっぱりコウモリ傘を持ってるオバハンが一人いました。(^O^)
        
 奉納者の名前等を見ると、当時の観音巡礼は50才代のオバハンが多かったよおです、たぶん、今もそうだと思うが・・・

腹の底から

 観音堂で尺八参拝している時に、「腹の底から音を出す」という事は、腹の付近から気道を通り口先までを、一本の管としてイメージすれば良いのだと気づきました。龍頭寺・観音堂奉納額、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 本にも、そのような事が書いてあったが、ふう〜ん・・と思って、あまり意識してなかったのですが、やっと実体験でき、これは今回巡礼時における貴重な成果だと思う。

 今まで疲れのせいで、あんまり良くないなぁ・・と思っていたが、これが出来てなかったのようです。

 境内には、白い椿の花が綺麗に咲いてました。(一番上の写真)

大物忌神社

 大物忌神社・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  大物忌神社・境内の建物、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  大物忌神社・階段、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 先程の「大物忌神社」へ行くと、境内に木造の建物が有るので、ひょっとしたら昔の木造校舎かな?・・と思い見に行きました。大物忌神社・本殿、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 なんせ姿・形といい・・雰囲気といい・・校舎その物ですがなぁ。

 しかし、内部を見ると教室らしい雰囲気はなく学校では無いよおです。大物忌神社・ポスター、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 たぶん昔の社務所か、何かだったようですので、だれか知ってたら教えてね。

 本殿まで行くと大きい神社で、祭りのポスターも貼ってあり、せっかく来たので、「心月」を吹いて参拝しました。

 帰るときに鳥居の所で、階段をヒーコラ言いながら上がって来た時に追いついて来た若いアンチャンが、鳥居に向かって深々と一礼をしており、若いのに信心のある人だ。
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ            遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無