HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 35 南光坊坂


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    南光坊坂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    遍照の響き
               庄内三十三観音霊場 地図
      巡礼日  2014.4.20    掲載日  2014.12.8


海禅寺と南光坊坂

遊佐町

 遊佐町に入り、ここも閑散としており、昼飯時なので食事処を探しながら町中を行くとラーメン屋が有りました。遊佐町、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 こおいう場合は、店の種類を問わずに見つけた時に入らないと、後から食事する店が無い場合が多い・・逆の場合もたまに有るが・・。

 店でラーメンをすすったが、あまり長く休息出来る雰囲気でないので遊佐駅まで行って休みました。遊佐駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 外のベンチでモクを吸ってると、オバハンがチッコイ犬を連れてベンチに綱を結び駅舎に入ります。

 動かなかったらヌイグルミの犬か?と思うような感じで、飼い主に置いていて行かれて「クウ〜ン・・クウ〜ン・・」とサミシそうに泣いており、その姿・形や鳴き声から、カワイソーにと思い見る人に涙を誘います。遊佐駅・子犬、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 ところが、あぁたぁ〜・・飼い主が戻ってくると、シオラシイ泣き声は、どこへ行ったやら・・急に通りすがりの人に次々と吠えやがった。

 こいつは弱いクセに、飼い主がいると強気になる犬のようで、同情して損した・・σ(*_*)の流した涙返せ・・。

月光川

 月光川と鳥海山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  水仙と鳥海山、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 遊佐町の近くに「月光川」という、なんとも言えん情緒の有る名前の川が流れており、映画「おくり人」の主人公が川の土手でチェロを弾いてる場面のロケ地になった所です。

 事前調査で庄内地方のロケ地を地図に書き込みをして、寄るようにコースを記載してましたが、少しコースを外れた遊佐駅まで来ちまったのでヤンピしました。

 しかし、この付近からは山頂に雪が残る鳥海山の姿が、ぞんぶんに見れて絵になりますねぇ。

16番「海禅寺」

旧道

     吹浦駅、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文          大物忌神社・遊佐町、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 札所「海禅寺」は国道沿いにあると思って近くまで行くと、高台に寺の屋根が見え、国道からは行けないと思い引き返して旧道を行きました。

 それが・・これまた旧道はハンパでない急坂で、この付近に住んでる人は冬になると車道が凍結して苦労するだろなぁ。

海禅寺

 海禅寺に入ると、境内の中に門らしいのが有ったので、その先は庭園になってるのかと思い行ってみました。海禅寺・入口、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 門付近から下へ通じる石階段の道があり、下の国道から上って来れたようです。

 帰りに国道を通った時に確認すると、引き返した所より50mほど先に上がり口が有りました。
       海禅寺・境内の門、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文          海禅寺・国道から上る道、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 海禅寺境内に戻ると、ちょうど車から下りたオバハンが居たので挨拶しました。

 寺の人かと思って観音堂の場所を尋ねると、寺の人とは違い用事が有って来た人のようで
「本堂は開かないので、玄関から入って上がれば良い」と言います。海禅寺、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 しかし、玄関から本堂へ入るのには下北霊場で、もんのすごくイヤな思いを経験したので、越後屋に
「外で参拝しよう」と小声で同意を求めました。

 越後屋も当然の如く「そりゃあぁ〜そうだ・・」とばかりに、ウンウンとうなずき、後で聞くとやっぱり下北霊場での一件が頭の中を過ぎったと言います。

 オバハンに
「ありがとうございます。
 でも・・なんせ信心が足りないモンですから、そこまでしなくても良いので外で参拝します。」


 
「なに言ってますのん・・そんなの玄関から声かけて入れば良いんだがねぇ。
 寺の人とは知り合いだから、かまいませんがねぇ・・あぁだ・こうだ・しのごの・・。」海禅寺・犬、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 
「いえ・・あの・その・・わざわざ寺の人に出て来てもらうのは気の毒ですし・・なんせ、先程も言いましたように、それほどの信心も無く・・どうのこうの・・うだうだ・・」

 と・・すったもんだと言い合ってると、寺の奥さんが玄関から出て来たので、さっそくオバハンが奥さんに言いつけると
「どうぞ」と本堂へ案内してくれました。

南光坊坂海禅寺付近、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 「海禅寺」での参拝が終わり、そのまま旧道の坂道を上がり、高台からは「湯ノ田」まで海沿いの坂道を下りました。

 途中に石碑と説明看板が有り、それによるとこの坂道は「南光坊坂」と言うらしく、天保年間に坊さんが一人でこの道を造ったらしく、事前調査したネットにもは紹介されてませんでした。南光坊坂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

 この「南光坊坂」が出来るまでは、海沿いの岩場を通ってたのかな?、そおなると松尾芭蕉も泣きながら岩場を通った事になります。

 今は海岸沿いに国道が出来たので、この「南光坊坂」は車があんまり通らないよおで快適に下れました。
南光坊坂より国道を望む、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文   南光坊坂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文  南光坊坂、自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文、次へ           遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無