HOMEへ > 「庄内三十三観音霊場」目次 > 37 十六羅漢


 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文    十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文     遍照の響き
             庄内三十三観音霊場 地図
     巡礼日  2014.4.21   掲載日  2014.12.13


十六羅漢と托鉢

十六羅漢

 吹浦駅に置いた自転車を車に積み込みに行き、ついでに昨日国道から見た「十六羅漢」も、どんなのか岩場へ行きました。

 遠くから見た時は単なる岩場だったけれど、なんせ「名所」の印が地図にも記載してあるので、念のためにどんなものか・・冥土の土産話しにでも・・と思いましてなぁ。

      十六羅漢・案内図、「庄内33観音霊場」紀行文
 岩場へ下りても羅漢さんは居ません・・・あれっ?・・留守かな?・・・十六羅漢の岩場、「庄内33観音霊場」紀行文

 最初は岩が自然に羅漢さん風に立ち並んでいるのかと思い、岩場へ下りると、すぐに見つかるだろおと思ってたんです。

 岩場をウロつき探していると・・・おぉぉぉ!!・・・・有ったでぇ。!(^^)!十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文

 岩場が凸凹してるなぁ・・と思う付近に行くと、人の顔が彫ってあり、その付近に座禅を組んだり、手を合わせてたり、寝転がってたり(違うかな?)・・

 海辺だから自然に波・風に削られて羅漢さんの姿になったのかと思ったが、そうではなく人が彫った物でした。
   十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文    十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文
  十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文      十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文     十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文
 その付近をアチコチ探して数えたが、16体は無い・・・やっぱり羅漢さんは留守か?
 十六羅漢・離れた岩場へ、「庄内33観音霊場」紀行文 十六羅漢離れた岩場の道、「庄内33観音霊場」紀行文 十六羅漢・離れた岩場、「庄内33観音霊場」紀行文
 羅漢さんの勘定が合わないので、まさかねぇ・・と思いながら国道下のコンクリ道を通って少し離れた岩場へ行ってみると、そこにも3体ほど羅漢さんが居ました。十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文

 こんな所に隠れおって・・・オヌシも、やるのぅ・・フッフッフッ・・・。

 それでも16体の羅漢さん全部は見つけれなかったが・・・

托鉢

 説明書きを読むと、江戸時代末期頃に16番札所・海禅寺住職が酒田まで行って托鉢をして浄財を求め、1両溜まった時に一体を彫ったらしい。

 それに引き替え、最近の仏教会ときたら・・・年末に「500円以上お願いします」と書いた袋を各家庭に配り、後日、袋を回収するのを托鉢だとしている。十六羅漢、「庄内33観音霊場」紀行文

 こんなの、何が托鉢じゃ!!・・金額を勝手に決めた単なる寄付金集めと同じじゃねぇか。

 こんな楽チンな事をするから、世間の人は仏教から離れて行くんじゃ。

 あんまりにも、やり方が汚いので、取りに来る頃の時間帯に、わざと出かけて留守にしといた。

 江戸時代の頃の仏教者は托鉢とは、どおいうものか、よぉ〜知っていなさる、同じ「托鉢」と称していても、現在のやり方とエライ違いまっせぇ。
 「庄内33観音霊場」紀行文、前へ 「庄内33観音霊場」紀行文、目次へ 「庄内33観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
 自転車で巡った「庄内33観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無