HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 1 チョイノリ

  「越中一国観音霊場」紀行文   「チョイノリ」野宿現場、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
              越中一国観音霊場 地図
   巡礼日 2013.8.15     掲載日 2014.2.21

ミニバイク「チョイノリ」と野宿

「チョイノリ」

総距離

 新潟県から富山まで往復300km・・「越中一国観音霊場」巡りで200km・・総行程500km程度と思い、軽い気持ちでミニバイク「チョイノリ」で霊場巡りをやりました。

 ところが霊場巡りをして家へ戻るまでの実際の総走行距離は、920kmでもうすぐ1000km近く。

特徴

 「チョイノリ」の特徴は

1 ガソリンタンク容量

 2リットルと少なく、満タンにして約100kmほど走ります。

 なもんで、距離メータが100km手前の70〜80kmほど走る毎に給油しましたが、こおいう点が長距離走行には不向きなバイクですねぇ。

2 速度

 「チョイノリ」は最高にガンバッても時速45kmほどしか出ない。
 坂道ではσ(*_*)と同じコンジョナシなもんだから、除々に速度が落ちて20kmになっちまう。(坂の傾斜にもよるが)

 雨上がりの時に、何故か35kmほどしか速度が出なく、晴れた日は45km出たのにぃ。

 この10kmの速度差は大きかったなぁ・・精神的にもイライラするほど・・・。
 ネツトでも雨の時は速度が落ちた・・というような事が書いてあったように思う。

3 オイル交換

 「チョイノリ」は500km毎にオイル交換する事になっており、出発前にオイル交換して、走行距離500kmを越えても、そのまま走り続けてました。

 家へ帰ってからオイル交換すると、真っ黒なオイルが出たのは、わかりますが、出て来たオイル量が半分ほどで、大部少なくなったような気がする。

 たぶんこのまま走り続けていたら、エンジンの焼き付けを起こしていたかもしれず、こおいう点でも、長距離には向かないバイクだと思う。

荷台

 それはそれとして・・この霊場巡りは野宿するので、後部荷台に黒色プラホックスを取り付けました。
 透明だと中身が見えて、ガラパンが見えると恥ずかしいので・・(^O^)

 参考:σ(*_*)のブログ関係    「チョイノリ」購入    「チョイノリ」改造
               「チョイノリ」野宿装備、「越中一国観音霊場」紀行文

引退

 ちなみに「チョイノリ」は、「イザベラバードの道」を関東より青森まで(やっぱり野宿で)走ったのを最後に引退させました。

 その時点では走行距離1万kmを少し越えていたので、十分に元は取ったと思います。

 ガンバロウと思えば、まだ乗れたのですが、なんせ速度・馬力がねぇ・・

野宿

宮崎海岸

 8月15日はお盆ですが、翌日、高校の同級会が富山県氷見市で有るので、それに間に合うように午後3時頃出発し、一路富山方面へ「チョイノリ」を走らせました。

 遅い出発だったので、その日のうちに「親不知」の難所を越えれたら・・と思っており、なんとか無事に通り過ぎて、野宿候補地にしていた県境の「宮崎海岸」に到着。

北朝鮮による拉致疑惑現場

 ちなみに朝日町・宮崎海岸は、水島真一さんが北朝鮮に拉致されたと言われてる現場で、σ(*_*)と同じ年の人です。朝日町宮崎海岸、「越中一国観音霊場」紀行文

 失踪当時の状況
 1968年2月9日、高校3年の学期末試験最終日、自宅から歩いて5分の海岸にバットの素振りをしてくると出かけたまま失踪、高校卒業後の就職も決まっていた。
 夕方5時を過ぎても戻らないので、父と姉が海岸に行ってみると、波打ち際にバットが転がっていた。
 その日は海はベタ凪で、水島さんは遠泳の名手であり溺れた可能性はない。

候補地探し

 最初は駅で野宿しようかと思ったが、近くにキャンプ場も有り、どうも人の出入りが多い感じがします。朝日町、「越中一国観音霊場」紀行文

 宮崎海岸へ行くと、夏休みなので駐車場は料金を取るようなのでヤンピ。

 漁港等をグルッと周って野宿候補地を探すと、公民館施設の軒下が良さそう。

さざ波温泉のヒスイさざ波温泉、「越中一国観音霊場」紀行文

 よっしゃあぁ・・・野宿地の目処が付いたので、近くの「さざ波温泉」に行きました。

 この朝日海岸は別名「ヒスイ海岸」とも呼ばれており、「さざ波温泉」には売り物なのか飾ってあるのか、漬物石のような原石が置いて有ります。

 σ(*_*)も以前、この朝日海岸で、このような石を拾って庭に敷いた事が有りますが、よぉ〜似た石だなぁ・・あれも「ヒスイ」だったんじゃろか?。ひすい原石、「越中一国観音霊場」紀行文

野宿地

 「さざ波温泉」で一風呂浴び、近所の食堂で飯を食って野宿地へ戻った頃には真っ暗で、公民館の街灯が、サミシソウに点いております。

 軒下に網が掛かっていたので、風呂へ入って濡れたタオル等を干しておきました。

 野宿旅行する時は、濡れた物は可能な限り早く乾かす事が大原則ですからなぁ。「チョイノリ」野宿現場、「越中一国観音霊場」紀行文

 灯りの無い建物陰の所だったので、ここで野宿しているのは、その気になって見ないとわからず、ベンチ下のコンクリ床に銀マット敷いて寝ました。(一番上の写真)

 人が来なく静かですが、夏なのに浜風が有ってむしろ寒かった。

 寝ていると突然に、夜9時のチャイムと、オマケの放送が大音量で有り、な・・何が始まったんじゃと思いビックリこいたでぇ。

 付近に住んでる人達は、ヤカマシクないのじゃろおか。
 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  「越中一国観音霊場」紀行文、次へ              遍照の響きホームヘ
  「越中一国観音霊場」紀行文
当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無