HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 3 鶴の巣籠


  「越中一国観音霊場」紀行文   国泰寺・入口、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
             越中一国観音霊場 地図
     巡礼日 2013.8.16   掲載日 2014.2.23


虚無僧関係寺「国泰寺」と「鶴の巣籠」

虚無僧関係寺

 虚無僧関係の寺で、そのスジの人で知ってる人は知ってる、チョ〜有名な国泰寺です。

 その事に関しては、以前に「虚無僧寺関係 国泰寺」で紹介しましたので併せて御笑読ください。
 国泰寺・参道、「越中一国観音霊場」紀行文   国泰寺・三門、「越中一国観音霊場」紀行文 国泰寺・境内、「越中一国観音霊場」紀行文
 この国泰寺も「越中一国観音霊場」に含まれていたのは、この霊場巡りで初めて知りました。

鶴の巣籠

 前回、国泰寺へ来た時は総門を修理してましたが、今は完全に修復されています。

 「三門」横に「木の根」が置いてあります。

 一番最初(約30年前)にこの国泰寺を訪れた時には、その横に「鶴の巣籠」の説明看板が設置されてたのですが、何故か今は説明看板が有りません・・・壊れちゃったのかな?。国泰寺・鶴の巣籠、「越中一国観音霊場」紀行文

 尺八曲に「鶴の巣籠」という有名な曲が有り、曲名だけは知ってますが吹いた事がありまへん。

 
「鶴の巣籠」の物語は、

 仲良しの鶴の夫婦に、子鶴が生まれました。

 親鶴は大事に子鶴を育て、テレビゲームも買ってやりましたが、冬の寒い時にはエサを見つける事ができません。国泰寺・仁王、「越中一国観音霊場」紀行文

 しかし、子鶴は「腹減ったぁ〜・・エサくれぇ・・」と鳴くので、親鶴は自分の体の肉を千切り取って子鶴に与えました。

 子鶴はスクスクと育ち、やがて子鶴は大空に飛び去り、そのまま親鶴の所へは帰って来ませんでした。

 そのうち親鶴は、子鶴を思いながら寂しく死んじゃいました。

 カワイソーな親鶴・・・・(T_T)国泰寺・龍渕池、「越中一国観音霊場」紀行文


 という内容だったと思うが、違ったかな?。

 その鶴が住んでいた「木の根」だと書いてあったような記憶が有り、おぉぉ・・さすが虚無僧寺関係、尺八に関する物が有るなぁと思ったもんです。

蓬莱

 ちなみに国泰寺の伝来曲は「蓬莱」で、当時その曲を聞いた事が有るのですが、今となっては、どのような曲だったのか忘れちゃいました。

 その時に虚無僧さんから貰った、都山譜のコピー楽譜は持ってるのですが・・

尺八参拝

 国泰寺・回廊、「越中一国観音霊場」紀行文  国泰寺・庭、「越中一国観音霊場」紀行文  国泰寺庭と善堂、「越中一国観音霊場」紀行文
 石庭の見える、いかにも禅宗らしい「大方丈(本堂)」に入り、ここで毎年6月に開かれる「開山忌」には、坊さんの読経と共に虚無僧が尺八を吹きます。国泰寺・「大方丈」内、「越中一国観音霊場」紀行文

 同じ場所で尺八を吹奏するのは、ニセモンの立場としては畏れ多く、引け目を感じるのですが、笑ってやってください・・と思って畳敷きの賽銭箱の前で一曲吹いて参拝しました。国泰寺・庭を眺める、「越中一国観音霊場」紀行文

 この「大方丈」の濡れ縁に座って、庭を眺めながら尺八を吹くと絵になるでしょうなぁ。

 よっぽど庭を眺めながら少し尺八を吹こうか・・と思ったのですが、真夏で暑く、日陰が無かったのでヤンピしました。

裏庭

 裏の「三重の塔」へ行く途中に「中門」が有り、国泰寺の「開山忌」には、この付近を虚無僧が尺八を吹きながら練り歩きます。
 国泰寺・中門、「越中一国観音霊場」紀行文  国泰寺・茶室、「越中一国観音霊場」紀行文  国泰寺・積翠垣、「越中一国観音霊場」紀行文
 これを書いてる時に、改めて国泰寺の全景案内図の写真を見ると、鐘楼付近に観音堂が有ったのですねぇ。

 あちゃあぁ〜・・・そこで参拝するのがホンマだったんだ。

 なんせ久しぶりの国泰寺なので懐かしく、「大方丈」へ行く事ばっかり考えていたので、オッチャンすっかり見逃しちまった。
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  「越中一国観音霊場」紀行文、次へ        遍照の響きホームヘ
   「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無