HOMEへ > 「越中一国観音霊場」 目次  > 5 越中万葉


  「越中一国観音霊場」紀行文   気多神社、「越中一国観音霊場」紀行文   遍照の響き
             越中一国観音霊場 地図
        巡礼日 2013.8.17    掲載日 2014.2.25


高岡「越中万葉」と札所

義経伝説と万葉集

雨晴海岸

 氷見での同級会が終わった翌朝、「こんなチッコイバイクで、よぉ〜来たなぁ〜・・」と皆に笑われ見送られながら出発しました。

 海岸沿いを走るつもりが、「島尾」付近で集落内に入り込んで道を間違えちゃったが、ヤマカンで海方向へ行き、よおやく雨晴海岸に出ました。雨晴海岸、「越中一国観音霊場」紀行文

 「雨晴」という地名は、義経主従が奥州へ落ちて行く時に、雨が降って来たので、この海岸の岩屋で雨が晴れるのを待ったという伝説があり、写真手前の松が生えてる岩場に、その証拠のチッコイ岩穴が有ります。

 σ(*_*)が鼻水垂らしてた小汚いガキの頃、この雨晴海岸まで汽車に乗って海水浴に来ました。

 当時は広い砂浜でしたが、今は見る影もなく浸食されて、ほとんど砂浜が有りまへん。

大友家持

 ちなみにこの高岡・伏木付近は、万葉集編纂の大友家持が国守として赴任した所で、詠んだ歌も多いらしい。

 平成になった頃、σ(*_*)も当時この付近に勤務しており、大友家持の縁で「越中万葉夢幻譚」という高岡市主催のイベントが発足し、、飲み屋のネーチャンが
「私も出るんだ」と言ってました。

 ネーチャンは万葉集の一首を詠むらしかったが、単に詠むのではアカンらしく、変わった節とか何とかを付けて詠まねばアカンらしい。

 ただσ(*_*)は学が無いので、万葉集にあんまり・・いや、全く興味が無かったので見に行きもしなかったが・・・

6番「国分寺」跡

 伏木の「国分寺」跡に着くと、敷地周囲には垣根と石仏が囲んでおり、建物を見ればチッコイ堂が有りますが、近寄ってみれば、どお見ても廃堂にしか見えない。

 高岡・国分寺跡、「越中一国観音霊場」紀行文  高岡・国分寺跡・石仏、「越中一国観音霊場」紀行文  高岡・国分寺跡・石仏、「越中一国観音霊場」紀行文

 説明看板に「堂内には平安時代の等身大の神将像が残されている」と書いてあり、ほほおぉぉ・・さすが歴史が有りますなぁ。高岡・国分寺跡・神将像、「越中一国観音霊場」紀行文

 で・・当然、そおいう歴史的な貴重な物は、堂内に厳重に鍵を掛けて隠してあるもんだと思ってました。

 が・・堂の右脇に金網に入った、ほとんど形が残ってない木像が置いてあり、ひょっとして、これが平安時代作の神将像?

 うむうぅぅ・・・平安時代から現在まで残されている物ならば、この程度に朽ち果てるかもしれんが・・・

 こんな無防備に置いてたら、仏像を盗んだのがバレても返さない隣国の人が、また味を占めて盗んで行きまっせぇ、気を付けなくっちゃぁ。
 高岡・国分寺跡、「越中一国観音霊場」紀行文    高岡・国分寺跡、「越中一国観音霊場」紀行文    高岡・国分寺跡、「越中一国観音霊場」紀行文

6番「慶高寺」気多神社・社務所

越の下草

 「国分寺」跡近くに気多神社が有り、「越の下草」によると、その社務所が札所だったらしい。高岡・慶高寺・気多神社社務所、「越中一国観音霊場」紀行文

 建物の造りを見ると、丸窓の雰囲気から、元は寺だったかもしれん・・という気もします。

気多神社

 ついでに気多神社にも寄り、参拝しました。

 実は「伏木」に5年間住んでいた事があるのですが、当時は今のように神社仏閣には全然興味が無く、あんまりそこらをウロつかなかったのです。高岡・気多神社・清水、「越中一国観音霊場」紀行文

 気多神社の存在は知ってましたが、神社境内まで入った事がありません。

 神社入口に清水が出ており・・・こんなの有ったかなあ・・そおいうば、一度この水を汲みに来たかもしれん。

 暑い日なので、脱水症状予防対策のためにガブガフ飲みました。

 気多神社境内は、落ち着いた古い感じがします。
      高岡・気多神社・参道、「越中一国観音霊場」紀行文           高岡・気多神社、「越中一国観音霊場」紀行文

8番「総持寺」

 伏木から高岡市内へ行く途中、どうもバイクの馬力が出ず、気のせいか横滑りもするようなので、見ると後輪タイヤの空気が少ない。

 途中のガソリンスタンドで、空気を入れさせてもらったら馬力が出た。 おぉぉぉ・・!(^^)!。
高岡・総持寺入口、「越中一国観音霊場」紀行文  高岡・総持寺山門、「越中一国観音霊場」紀行文   高岡・総持寺・六十六部の石仏、「越中一国観音霊場」紀行文
 高岡市内に有る札所「総持寺」もわかりにくい場所で、大きい道路を2回ほど往復して、やっと入口の小路を見つけました。

 山門周囲の塀沿いに「六十六部の石仏」が並んでます。

 「総持寺」境内の水が出る所でオババが花の手入れしており、挨拶してから柄杓で水をガブガフ飲んだら「生ぬるいでしょう」と同情してくれ、うん・・確かに生温かった。(^O^)

 観音堂内に入って参拝し、風が通った時は涼しかった。

 高岡・総持寺境内、「越中一国観音霊場」紀行文  高岡・総持寺観音堂、「越中一国観音霊場」紀行文  高岡・総持寺観音堂と尺八、「越中一国観音霊場」紀行文
 「越中一国観音霊場」紀行文、前へ 「越中一国観音霊場」紀行文、目次へ  「越中一国観音霊場」紀行文、次へ          遍照の響きホームヘ
    「越中一国観音霊場」紀行文

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  

無